邯鄲の夢

徒然日記


テーマ:

 

 

ローズマダーレコ発  代々木Labo

 

アンミュレ

久しぶりに拝見しました。

彼らはDIpThaFlagやニューウェーブの

継承者でアンニュイな美しいバンド..と

思っていたら、もちろんその魅力も

あるけれど

ヘヴィさプログレさ重みも加わり

より進化をとげていました。

 

ヴォーカルの 想さん

以前からすごいとは思っていたけれど!

本当にがっちり掴まれる声ですね。

声量や音域もさることながら

表現力が素晴らしい。

 

パイディア

まだ数回目というのに

Akiさんのギターがもう

ものすごく合う、絶妙!

抜き加減も、狂った感じも、

どっぷりアングラでないところも

リズム体のかっこよさと一体になってる。

 

sister gayがよかった!!

作人の8月、takさんゲストで

sexAndroid名義のセッションがあり、

その時演奏した曲。

 

(2016年8月のレポートはこちら)

(http://ameblo.jp/dracin-noir/entry-12194931725.html)

わかりやすくて

ポップな部分もあり、しかし

そこかしこアラビア調入ってる曲!!

(そういうの大好きです)

ヴォーカルラインも美しい逸品

(ハイトーンとビブラート

どのパートも一音の中の変化が聞き所)

 

アップダウンのある選曲も

パフォーマンスも見応えあり、

新世紀パイディアになってきた感が強いです!!

 

 

MADAME EDWARDA

 

MADAMEも常に進化し続け

千変万化する集団・・

 

ワルプルギスでは、常に新曲を持ってきたり、

選曲も多様

一曲の中に一つのドラマが存在するような音作り。

今回はメランコリアで魂持ってかれた後、

オルフェウスで地に落とされ

G.O.D.S-Garden of Delightsで夢から呼び覚まされる・・

という感じでした!

いつも揺さぶられるセットリストだと思います。

 

揺さぶられるといえば・・Garden of Delightsで

You!!

って呼びかけられる歌詞は震えますね・・

MADAMEの曲はどれも、

別世界の美しい夢を見せられているような感が

強いのですが、一瞬、こちらの世界に

窓を開いてくれてるような・・そんな嬉しさと戸惑いが

入り混じった不思議な気持ちになります。

BAUHAUSの「Spirit」

We love our audience って感じでしょうか・・?(汗

(個人的感想です)  

 

 

ZINさんは、常に会場や観客の

雰囲気を瞬時に掴み、ふさわしいステージングと

パフォーマンスを繰り広げる方だと

思っているのですが!!

もうその演出と

球体関節人形が舞踏してる様な

一つ一つのモチーフの表現が・・

他の追従を許さない感あります・・

 

 

 

ローズマダー

 

リズムパターンの多様さと

多国籍なメロディが強み!

意表を突く展開がやみつきになりそうです。

ヴォーカルさんの

バンシーが少し可愛くなったような

妖精ぽい雰囲気も欠かせない。

リズム体のキレと、

何と言ってもTakさんの作り出すメロディが美しい。

 

妖精が闊歩する

ゴシックファンタジーの世界が

繰り広げられます。

アルバムを購入しましたが、

歌詞世界もデカダンで良かったです。

 

 

セッションは、想さんZINさんGillyさんミミさんで

ジギースターダスト、豪華なメンバーで盛り上がりました!

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

エミ.エレオノーラ 

ギャラリーソコソコ村崎百郎とUMA展

 

いつも1人何役もこなし、

即興で私たちを楽しませてくれるエミさん。

今回は村崎さんが被っていたのと

同じ色の頭巾というか・・

魔女のケープを被って登場。

所狭しと置かれたUMA群の前に

キーボードを置き、新曲や

名曲の「山」。

ドSの男が、

山の中に女を置き去りにする唄なのですが・・

この曲がまた自由にアドリブ入って楽しい。

シャンソンやジャズベースにしつつも

エミさんに長年染み込んだ個性的フレーズを

組み合わせて作り出される世界。

 

村崎さんに呼びかけつつ、

エミさんライブではおなじみの

お客さんにみっつお題を出してもらって

一曲作るという創作コーナー

鬼畜 

ゴミ

満員電車(?)

村崎さんにはなくてはならなかった

鬼畜とゴミキーワードを使って

黒猫のタンゴならぬ

鬼畜電波タンゴを作ってくれました。

「えーー次の駅は~ー鬼畜ー鬼畜ー

鬼畜の次の駅は鬼畜!」

 

村崎さんにものすごくウケたに違いない!

 

UMA展の展示も素晴らしく

村崎さんの世界の継承者はたくさんいる、と感じました。

 

「村崎百郎とUMA展」

https://www.facebook.com/events/1729925587298719/

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

Solitude25,26(MORRIE) 横浜O-site

 

ここに来て、ギターメインの曲と、

ヴォーカルメインの曲に

わかれて来たような気がする・・

ギター少年ぽい男性客が

増えた気がするのもそのせいかしら・・

アレンジが大幅に変わった曲もあり、

様々な彩りで楽しめました。

 

一部はrising~heavenが濃密でした。

弾き語りは、メロディに耳を傾けて、酔う、

という感が強いです。

risingnightの

クライマックスが、

すごくテンション上がりました、良かった。

そして

ガスタンクのdeadsongを演奏されたのが

めっちゃ衝撃的でした!

これは6月の鹿鳴館、BAKIさんとの対バンの

予告編ですよね!!

 

 

二部はパニックの芽が、

PV撮影の話も含め盛り上がりました。

good night~killing me

の流れが美しい。

双方の部とも「光る曠野」が最後で

今後この曲はまだ変化しそうです・・

サビが二回ある感じがするんですよね・・

交響詩っぽい。

 

ちょっとラフな感じで

お話しされてるのも魅力的でした。

古典への探求は、琵琶に続いては

古今和歌集だそうで(笑)

やはり創作するには

温故知新なのかな!と納得。

 

よく、ベーシストの方は、

シタールに興味持たれますが、

ギタリストは・・

マンドリンとかリュートじゃなくて・・

琵琶か・・!!と改めて感動(?)

 

今回も、哲学や文学に関する

キーワードがいっぱいあって

覚えきれません・・

それと

「在るが在る」という驚愕を

私らが実感し覚醒するまで、

存在漫談は続くらしいので(笑)

ジル・ドゥルーズとラカンと

(調べてみたら、ラカンて

バタイユの奥さんぶんどった

人だったんだ・・)

埴谷雄高「死霊」粕谷栄市「うた」

をみんな読みましょう。(笑)

 

ということで・・

なんとアルバム作成される

という発言もあったので、

Solitudeアルバムも

出るのではないかと、期待は高まります。

 

 

 

 

 

 

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。