千葉県警千葉東署は1日、県警運転免許本部執行課の女性職員(37)の乗用車が車上荒らしに遭い、交通違反の反則切符約560枚などが入ったバッグを盗まれたと発表した。

 発表によると、女性職員は5月31日午後7時前、千葉市若葉区桜木の保育所に子どもを迎えに行った際、近くの路上に駐車。10分後に車に戻ると、助手席側の窓ガラスが割れた状態で、助手席に置いてあったバッグがなくなっているのに気づいた。

 執行課によると、この職員は各署が交通違反を取り締まった切符の審査を担当しており、盗まれた切符には氏名、住所、生年月日などの個人情報が記載されていた。反則切符は、内規で課外への持ち出しを禁止しているが、女性職員は「自宅で仕事をするため、持ち帰るつもりだった」と話しているという。

<民主代表選>菅氏の決意に大きな拍手 勝利ムードも(毎日新聞)
<取材ノート>イモビライザー(毎日新聞)
近畿農政局職員、切手360万円分着服で懲戒免(産経新聞)
<大阪HIV訴訟>原告の体調悪化 国が請求金の一部仮払い(毎日新聞)
<パン>米粉100%で焼く方法開発 小麦アレルギーも安心(毎日新聞)
AD