学校法人東北文化学園大(仙台市)の補助金不正受給事件で、大学設置認可申請の際に旧センチュリー監査法人(現新日本有限責任監査法人)が財務書類の虚偽を見抜けず、不正受給を招いたとして、仙台市民オンブズマンが仙台市長を相手に、補助金の未返還分7億円余の支払いを監査法人側に請求するよう求めた訴訟の控訴審判決が12日、仙台高裁であった。小野貞夫裁判長は監査法人側の過失を認め、全額返還請求するよう同市に命じた一審仙台地裁判決を支持、同市長側の控訴を棄却した。
 小野裁判長は、監査法人側が金融機関に直接、同大の預金や借入金残高を確認しなかった点について、「単純かつ基本的な過失。以前にも同様の行為をしたと認められ、大学の長期にわたる負債の隠ぺい工作を容易にしてきた経緯は否めない」と述べた。
 奥山恵美子仙台市長の話 判決を詳細に検討し、適切に対応したい。 

【関連ニュース】
山内衆院議員の元秘書再逮捕へ=融資名目で4000万詐取容疑
「世界一のトイレ」=高級料亭も
「訴訟への影響ない」=密約文書開示訴訟の原告側
着物コンテスト、けん玉体験も=南京でジャパンウィーク
県独自課税、二審は「適法」=条例訴訟、いすゞが敗訴

首相動静(3月12日)(時事通信)
<絶縁体>電気信号伝達 夢の「8割省エネ」(毎日新聞)
長妻厚労相 年金事務所を視察 注文を連発(毎日新聞)
新型インフル 来季は季節性と同時に接種(産経新聞)
民主が議員政策研、「政調復活」沈静化狙う(読売新聞)
AD