高野山真言宗の総本山・金剛峯寺(和歌山県高野町)の第511世「寺務検校執行(じむけんぎょうしぎょう)法印」に高野山上池院住職の田島聖章大僧正(76)の就任が決まり22日、昇進式が行われた。3月14日に就任披露の「転衣(てんね)式」がある。

 法印は宗祖・空海(弘法大師)の名代として高野山内で営まれる重要法会の導師を務める最高の位。任期は1年。

【関連記事】
高野山で釈迦をしのぶ常楽会
高野山で浄財求め托鉢
高野山で平和祈る修正会 60人の住職が堂内を周回 和歌山
高野山にハイブリッドバス 低床構造で車いすの乗客にも配慮 和歌山
高野山初の大伽藍「中門」再建へ斧入式 開創1200年

厚労省元局長公判、検察苦戦=「虚構」「冤罪」証言相次ぐ-郵便不正・大阪地裁(時事通信)
国会議員、倍増が必要=事業仕分け第2弾で-野田財務副大臣(時事通信)
窃盗容疑で来週再逮捕へ=ブラジル人の男4人-名古屋ひき逃げ・愛知県警(時事通信)
<無国籍難民訴訟>退去強制処分は違法 東京地裁判決(毎日新聞)
脚本家の宮内婦貴子さん死去(時事通信)
AD