副腎疲労の原因をたどると、ほとんどのケースで腸に行きつきます。

腸は食べ物の栄養を吸収する重要な臓器であり、同時に身体に有害なもの、不要なものを排泄する臓器でもあります。

 

身体に有害な物質(化学物質や有害な重金属など)は身体の様々なところで炎症を起こし、身体的なストレスとなり、さらに疲れている副腎にダメージを与えてしまいます。

 

 

腸は皮膚と同じ、外の世界と一番接する器官でもあります。身体の中にありますが、実は身体にとっては門のように外の世界と内の世界をつなぐ役割をします。

ですから、門にはたくさんの門番が常に敵がいないか見張っています。それが免疫細胞です。

敵を見つければ撃ち落としますし、味方なら門を開けて中に入れてくれます。

 

 

 

 

ストレスや食習慣により悪玉菌やカンジダ菌が優勢になると、この門に炎症が起こり、ところどころ隙間が空いてしまいます。その状態をリーキーガットと言います。リーキーは漏れる、ガットは腸です。つまり有害なもの、不要なものが体内に漏れやすくなるのです。そうすると門番たちは必死になって攻撃します。敵(異物)を見つけるとまず目印となるIgAやIgGという抗体という旗を作ります。その旗を異物にくっつけます。旗の付いた異物は全身に運ばれ、蓄積した場所で免疫細胞に攻撃されます。その結果炎症が起こります。それが皮膚で起こればアトピー性皮膚炎や蕁麻疹、脳神経で起こればうつ病や認知症など様々な病気の一因となるのです。

 

 

このリーキーガットが起こっているかどうか調べることは副腎疲労を治療するうえで非常に重要です。炎症が起これば副腎はたくさんの抗炎症ホルモンを作らなければならないからです。さらに、リーキーガットの原因にカンジダというカビ(真菌)が増殖している場合は、そのカンジダが産生する毒素によりさらに腸や副腎がダメージを受けます。

 

このように、腸内環境と副腎疲労は切っても切れない関係にあるのです。

 

リーキーガットがあるかどうかを間接的に調べる検査がIgG遅延型フードアレルギー検査と呼ばれるものです。名前にフードアレルギーとあるので食べ物に対するアレルギーを調べる検査と間違われるのですが、アレルギーの有無を見ているのではなく、リーキーガットによってIgGが異常に産生されていないかどうかを見る検査です。リーキーガットがあると、正しく消化されず、分解しきれずに腸まで届いた食べ物は異物としてみなされ、IgGが産生されさらにリーキーガット、副腎疲労を助長させます。そのような場合はその食材の摂取を控えたり、摂り方に工夫をする必要があります。

 

 

私の検査結果はこちらです。

 

 

{8D6F688D-C220-4793-A765-4BCC5D700DBB}

 

{95C478B9-1132-4612-95DE-5E9789B842DF}

 

 

 

 

 

 

 

 

 

私の場合、普段あまり量を食べない食材にも反応があり、自覚症状でも下痢や便秘、腹部膨満感があるので軽度のリーキーガットがあると判断し、腸内環境を整える治療を開始しました。

 

検査結果と症状は必ずしも一致しませんので、そういう場合は症状を優先させます。例えば小麦製品を食べると明らかに皮膚症状や腹部症状がでるなら、やはり食べるのを控えた方が治りは早いです。

 

大豆に関しては明らかに食べ過ぎていたのと食べると腹部膨満がひどくなると自覚しているので、治療の間は豆乳や豆腐など発酵させていない大豆は減らすようにしました。大好きな味噌に関しては症状がないのと、ひよこ豆やヒエやアワの味噌など組み合わせています。醤油もそうです。乳製品に関しては同様に腹部膨満が出るので控えています。

 

摂取してるサプリメントはL-グルタミンとプロバイオティクスです。

L-グルタミンは小腸粘膜のエネルギー源として使われ、腸壁の修復に必要な栄養素です。

プロバイオティクスは色々試して、私はすかい21さんの乳酸菌PFが合っているようです。

 

まずリーキーガットの傷んだ腸壁を修復し、その後は原因となるカンジダがいる場合はその除菌をします。

 

次回はそのカンジダの検査結果と治療をお話します。

 

 

 

 

 

 

 

副腎疲労(アドレナルファティーグ)はいわゆる病気ではなく、副腎の機能が低下することによるさまざまな症状のことを指します。ですので、治療は薬ではなく、なぜ副腎の機能が低下したのかを探りそこにフォーカスしていく必要があります。つまり、人それぞれ副腎が疲労する原因は異なりますし、だいたいは複合的なものです。副腎機能は精神的ストレスや自律神経の影響を大きく受けますのでストレスのマネージメントも非常に重要です。ここが栄養療法だけでは不十分な大きな理由です。

 

過去のブログで副腎疲労やその原因の検索のために必要な検査などお話したので、その流れに沿って私の検査や治療内容をお話します。

 

※まず、前提条件としてそもそも副腎や甲状腺など臓器に腫瘍や器質的な異常がないことを調べるのは重要です。

 

ホメオパシーやキネシオロジーなどいろいろ試しておりますが、まずは西洋医学的な観点の治療法からお話したいと思います。

全ての人が同じ方法で良くなるわけではありませんが、何かのヒントやきっかけになれれば嬉しいです。

 

まず私の唾液中コルチゾール検査では副腎疲労の程度は軽度~中等度(実際症状が出ているので第2段階の抵抗期)でした。

 

 

{0F0DA0F4-27E9-4882-8507-4112A96B7604}

 

 

朝のコルチゾールの分泌は十分保たれていますが、正午から夜にかけてコルチゾールの分泌量が低下しています。そのため私は典型的な副腎疲労の症状である、朝が起きれない、寝ても疲れがとれないなどの症状がなく、むしろ昔からショートスリーパーで朝早く起きるのは得意だったので気が付きにくかったのです。

 

 

 

副腎の機能が著しく低下している場合は一時的にDHEAなど補充しますが、私の場合、自覚症状があまりないのと日内変動や分泌量はある程度保たれているので副腎をサポートするアドレナルリビルダーというサプリメントを摂っています。

  

副腎のサポートはあくまでも対症療法です。

では次回はその直接的な原因のひとつとなる腸内環境とその対策法について書きます。

 

 

 

 

 

 

 

 

私自身、現在副腎疲労の治療をしています。治療といっても、副腎疲労には薬は使いません。主に食事療法とサプリメント、あとはストレスのマネージメント、生活習慣の見直しです。

 

まずなぜ私が副腎疲労に気がついたかというと、きっかけは自分の勤務しているカラダクリニックでバイオロジカル検査を受けたことです。

 

私は研修医のころから、潜在性甲状腺機能低下と月経不順がありましたが、いわゆる副腎疲労の典型的な症状(疲労感、眠れない、ひどい気分の落ち込み、イライラなど)は当てはまらなかったのでまさか自分の副腎の機能が低下しているために甲状腺機能低下や月経不順が起こっているとは気づきませんでした。

 

ただ、今振り返ると、無理をし過ぎると休みの日は動けなくなるほど疲れていたり、学生や研修医のころはストレスが多く、今よりイライラしたり、落ち込みやすかったかもしれません。でも普通にあることだし、その程度でストレスに負けるなんて悔しいし、自分自身に何故自分は上手く適応できないんだろうなど無意識に責めていました。

 

 

その後、栄養療法を学び、甲状腺機能低下や生理不順には鉄不足や亜鉛、たんぱくの不足が関わるのでそれらを一生懸命補充しましたが、良くなることはありませんでした。(私の場合そこだけが原因ではなかったということで意味がないというわけではありません。)

 

リーキーガットに関しては、こちらは大学生のころから下痢や便秘を繰り返していて、過敏性腸症候群と言われており、とくに試験前や実習などストレスがかかると腹部膨満感がひどく悩んでいました。さらに悪いことに、勉強中、集中力を保つために毎日シュガーレスの飴やガムを大量に毎日摂取していました。研修医になってからもその症状は続いていました。食事は大学生のころから気をつけていました。なるべく野菜中心の生活で自炊をしていました。ただ、その頃は腸内環境がこんなにも大切だなんて思いもしませんでした。

 

NYへ留学し、グルテンフリーやリーキーガットについて初めて知り、腸内環境の大切さ、人間は食べたものだけではなく、それを吸収・代謝したもので出来ているということを学びました。

 

その後帰国し、ご縁でカラダクリニックで勤務させていただくことになり、今まで自分が悩んでいた腹部膨満感や甲状腺機能低下、月経不順などのホルモン異常など、すべてがつながっていることを知ったのです。

 

これから私の検査結果やそれに対する対処法など書いていきます。