山本クリニック院長 ドクトル山本ブログ

美容形成手術に関すること、美容情報、日常のことなどを配信していきます。
2014年2月より、西永福より新宿三丁目へ移転致しました。
ご予約・ご相談は、03-5315-4391もしくはsoudan@dr-yamamoto.comまで。



テーマ:

Key Words : 整形失敗、眼瞼下垂 他院修正、眼瞼下垂失敗、二重失敗、プックリ二重、切開二重修正、他院修正、二重修正、眠そうな目

 

まず、今回御協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深く感謝いたします。

 

当院は、他院全切開修正の方を数多く治療する日本でも有数の施設だと思います。連日修正希望の方の手術を行っている為、前医の名前を聞くと、中の状態が想像できることも少なくありません。初診時に前医のお名前お聞きするのは、この意味で非常に大事ですので、うそをつかれないようにお願いしたいと思います。

 

また、修正手術を言葉巧みに安請け合いする医師もいるようですが、経験値が高い医師程、修正手術の難しさを知っていますので、“簡単に治せますよ!今日やりましょう!”と軽い感じで修正手術をしてしまう医師には、要注意です。

 

修正手術は、受けてしまうと、修正不能となってしまうことも稀ではありませんので、よく考えてから手術を受けられることをお勧めします。

 

さて、今回は、『他院で切開法二重(全切開)を受けたら、はっきりしない目元になった』というのが、ご本人の悩みでした。ご本人のご希望としては、二重の幅は変えずに感じだけを治して欲しいとの事でした。

 

まず、術前と修正術後3か月の状態を比較していただきたいと思います。二重がはっきりとした感じに改善したのがお分かりいただけると思います。

術前

術後3か月

 

このような方は、

1.    挙筋腱膜が離断していることにより、目が開け難く眠そうな感じが出ている。

2.    瞼板前組織が切除されているために循環が悪く(鬱血している)、プックリ感が出ている。

3.    上眼窩脂肪の位置が悪いために、以上に二重の上の部分が凹んでいる。

というのが、症状の原因です。

 

したがって、この修正手術は、

1.    離断した挙筋腱膜を修復する 。

2.    瞼板前組織の代わりを他の組織で充填しながら循環を良くする。

3.    上眼窩脂肪の位置を修正する

4.    新しい二重を作る。

という順番で治療を行います。言葉にすると簡単ですが、非常に高度な技術と経験値が要求されます。

 

ブログでは、中の状態をお見せできませんので、私のコラム『美容外科』で後日、中の状態もお見せしたいと思います。皮膚の切除デザインをお見せしますが、この方は、私のクリニックにいらっしゃる前にすでに2つの医療機関で手術を受けられています。

二重手術の修正で、傷を2本に増やしてしまう担当医のセンスは、私の理解の範疇を超えていますが、この2本の傷を1本化するように皮膚切除を中心としたデザインを行います。しかし、この部分の皮膚や瘢痕組織のみを切除しても、症状が改善されることは、ほとんどありませんので、担当医から『皮膚を切り取って修正する』と言われた場合は、同じ手法で改善した他の方の写真を見せていただくことは必須だと思います。

 

前述したように、修正手術を行いますが、組織を剥離したり、本来の位置に戻すというのが非常に重要す。

この際に組織を壊さずに綺麗に処置ができるかというのが、医者の能力によって全然違ってしまいます。また、術中に二重を作る際は、目を開け閉めして頂き、開眼程度を微調整するという作業も非常に大事ですので、意識がもうろうとしてしまう静脈麻酔は、個人的には、使用するべきではないと考えています。

 

このように複雑な処置をすると、術後に大きく腫れなくても、状態が安定するのに時間を要します。術後5日目、抜糸時、術後1か月の状態をご紹介したいと思いますので、ご参考になれば幸いです。

術後5日

術後1か月

 

修正手術は、非常に高度な技術が要求されますので、担当医が担当した『症例写真を見る』などして、担当医は慎重に選んでいただきたいと思います。

 

治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。

http://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=1

 

 

ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。

http://www.dr-yamamoto.com/contact/

 

最近、関西地方の患者さんも多数いらしていただきますが、距離的な問題がネックになってしまうことも少なくありません。名古屋SSクリニックの柴田院長は、もともと皮膚外科手術で高名な先生ですが、上眼瞼に関しては修正手術も含め、腕も確かですので、関西の方は、一度行かれてみてはいかがでしょうか?

http://www.hifu-ss.com/

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

Key Words : 二重全切開、眠そうな目、二重お直し、美容整形失敗、美容整形修正、二重失敗、全切開失敗、二重修正、全切開修正、全切開傷

資生堂ナビジョン (NAVISION) 最安値、資生堂ナビジョン (NAVISION) 安い、資生堂ナビジョンDR (NAVISION DR) 最安値、資生堂ナビジョンDR (NAVISION DR) 安い

 

 

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

今回ご紹介するのは、全切開の二重手術を受けられた方です。

最近、『手術後に、いかにもって感じになりませんか?』という質問をよくいただきます。他院にて全切開手術を受けられた方の画像がネットの上でよく目に入るようです。

この『いかにも』ということについてご説明したいと思います。一般的には、二重が異常にぱっちりとしている、二重が浮腫んだようになっているという状態が、そのように表現されているようです。

 

まず、術前と術後3か月の状態を御覧に入れたいと思います。

 

術前

 術後3か月

 

いかがでしょうか?いかにもという感じには仕上がっていないのではないでしょうか。

 

このようなご質問は非常に多く、個人的には術式に問題があると思っています。美容外科の手術書を見ると、『瞼板前組織を切除し、瞼板に固定して二重を作成する』と書いてある本が多いと思います。二重の作成方法には、大きく分けて、挙筋腱膜を利用する方法と瞼板を利用する方法がありますが、これは、埋没法が瞼板法と挙筋法に分かれているのと同じ原理です。

二重自体を作る操作としては、両者ともに問題ないのですが、瞼板固定の際に『瞼板前組織を切除』すると、二重のラインの浮腫みや、二重が非常に深くなる原因になります。ここで、誤解をされると困るのが、瞼板を利用した二重の作成でも、瞼板前組織を切除しないと、このような現象が起きにくいということなのです。

 

私は、瞼板前組織を切除せずに、以前は瞼板に固定していましたが、現在は、解剖学的構造に最も近い手術方法と考えられる挙筋腱膜を使用して、二重作成を行っています。

 

このように、同じ手術でも術者の考え方によって方法が異なりますし、結果も異なります。

また、皮膚の切り方にも差があり、中には皮膚切除を全くしないという先生もいらっしゃいますので、担当医を選ぶ際は、自分と同じ感性の方を探すことが何より大事だと思います。私の皮膚切除のデザインをお見せします。

 

さて、術式によって腫れ方も異なります。私の術式の術後5日目、抜糸時の状態をご覧に入れますので、ご参考にしていただければ、幸いです。

 

また、術後しばらくの間、腫れのために二重が広く、また浮腫んだ感じになります。これは、術後経過ですので、術式によるものではないことも付け加えておきます。

このかたの術後1か月の状態をお見せします。まだ二重に不自然さが残っていると思います。

 

いつも、同じようなことを書きますが、美容の手術では、必ず手術の打ち合わせを手術をされる先生としていただきたいと思います。他の医師が書いたカルテを見ながら手術をするというのは、打ち合わせと仕上がりが大きく異なるというリスクがあるということを書き加えておきます。

 

当院の治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。

http://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=1

 

 

ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。

http://www.dr-yamamoto.com/contact/

 

また、私が主宰しているJAASアカデミー(医師向けの講習会開催団体)のFBにも『いいね』を頂けると至上の喜びです。

https://www.facebook.com/jaas.academy

 

スタッフブログもぜひご覧下さい。

http://ameblo.jp/yamaclistaff

 

当院では、アンチエイジングにも力を注いでいます。アンチエイジングのためには、日々のお手入れも大事ですので、当院では当院オリジナルコスメの他、資生堂ナビジョン (NAVISION) http://navision.shiseido.co.jp/brand/index.htm  を20%オフにてお取り扱いし、資生堂ナビジョンDR (NAVISION DR) (医療機関限定販売)http://navision.shiseido.co.jp/dr/brand/index.html  を15%オフにてお取り扱いしています。

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

Key Words : 鼻整形、団子鼻施術(鼻尖形成術)、鼻を高く、シリコン(プロテーゼ)隆鼻術、鼻筋を通す、 資生堂ナビジョン (NAVISION) 最安値、資生堂ナビジョン (NAVISION) 安い、資生堂ナビジョンDR (NAVISION DR) 最安値、資生堂ナビジョンDR (NAVISION DR) 安い

 

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

今回ご紹介するのは、鼻尖軟骨縫縮術(団子鼻手術)、シリコン(プロテーゼ)隆鼻術を受けられた方です。

 

美容外科というものが、他の診療科と大きく違うのは、『医者の美的感覚やセンスが結果に出てしまう』という部分だと思います。他科の外科手術では、判断の正確さや手術手技の速さが非常に問題になりますので違いは明らかですね。

このような訳で、その担当医がどのようなデザインで、どのような感性の手術をするかということは、患者さんにとって非常に重要だと思います。担当医のセンスを見るには、その先生が行った手術症例を見ることが一番だと思います。

 

今回の術式自体の細かい説明は、他のブログや美容外科話等にも書いていますので、私の手術のデザインやセンスを見て頂きたいと思います。

 

では、早速お見せしたいと思います。

 

術前

術後1か月

 

術前

術後1か月

 

術前

術後1か月

 

御覧になって頂くとお分かりになると思いますが、私の手術はよく言うと『自然な仕上がり』、悪く言うと『変わり映えしない』という出来だと思います。人に気が付かれずにそっと手術したいような方には向くと思いますが、大きな変化を希望される方には、不向きですので、ご自分に合った担当医を見つけられることをお勧めします。

 

さて、このような少しの変化でも、それなりの大きさのシリコン(プロテーゼ)を使っていますので、ご覧に入れたいと思います。

 

また、シリコン(プロテーゼ)の手術は、結構腫れます。術後5日目抜糸時の状態をお見せしますので、ご参考にしていただければ幸いです。

 

 

美容外科の手術を『他院のカウンセリングで乗せられて』受けさせられたとおっしゃる方にお会いすることも多いのですが、手術は失敗してしまうと非常に修正が難しいので、熟慮の上、担当医を決めることをお勧めします。

 

治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。

http://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=2

 

ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。

http://www.dr-yamamoto.com/contact/

 

私が主宰しているJAASアカデミー(医師向けの講習会開催団体)のFBにも『いいね』を頂けると至上の喜びです。

https://www.facebook.com/jaas.academy

 

また、スタッフブログもぜひご覧下さい。

http://ameblo.jp/yamaclistaff

 

当院では、アンチエイジングにも力を注いでいます。アンチエイジングのためには、日々のお手入れも大事ですので、当院では当院オリジナルコスメの他、資生堂ナビジョン (NAVISION) http://navision.shiseido.co.jp/brand/index.htm  を20%オフにてお取り扱いし、資生堂ナビジョンDR (NAVISION DR) (医療機関限定販売)http://navision.shiseido.co.jp/dr/brand/index.html  を15%オフにてお取り扱いしています。

当院調べでは、最安値だと思いますので、是非御来院下さい(通信販売には応じられません)。

 

いいね!した人  |  リブログ(0)