山本クリニック院長 ドクトル山本ブログ

美容形成手術に関すること、美容情報、日常のことなどを配信していきます。
2014年2月より、西永福より新宿三丁目へ移転致しました。
ご予約・ご相談は、03-5315-4391もしくはsoudan@dr-yamamoto.comまで。



テーマ:

Key Words : 鼻整形、団子鼻手術、鼻先を細くする、小鼻縮小、小鼻を小さく、鼻美容整形、鼻を小さく、鼻をすっきり

 

まず、このお話に、ご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

 

今回ご紹介するのは、『鼻を全体的に自然にすっきりさせたい』という方です。

依然として、他院のカウンセリングの後に、当院にいらっしゃる方にお会いすると、『鼻シリコン(プロテーゼ)の手術を勧められました』という方にお会いすることも珍しくありません。

確かに、鼻筋を通すという目的や、鼻根部が低い方を高くするという目的の方には、適した手術だと思いますが、この方のように鼻筋自体に問題が無い患者さんには、適さない手術だと考えられます。

 

では、この方にシリコン(プロテーゼ)を入れない、どのような手術を行ったのかを想像しながら、術前後の状態を比較していただきたいと思います。

 

術前

術後1か月

 

術前

術後1か月

 

術前

術後1か月

 

何をしたのか、お分かりになりましたでしょうか?

この方は、鼻根部の高さもありますので、『鼻先の部分の存在感をなくす』ということを目的に治療計画を考える必要があります。

そこで、鼻先を細くして、小鼻を小さくし、全体的にすっきりとした感じにしました。

一言でいうと、『鼻が小さくなったように見える』のが、お分かりいただけますでしょうか?

 

 

小鼻は、大きい方だと思いますので、切除範囲は、不自然にならない範囲で最大限に切除するように計画しました。実際のデザインをお見せします。このデザインがきちんとできないと、『小鼻の丸みが無くなった不自然なつまんだような鼻』になってしまいますので、担当医の『デザイン力』が非常に大事だと思ます。

 

 

さて、この手術は、『腫れ難い』とご説明することが多いのですが、この方は、腫れましたので、術後の経過として、この程度まで腫れることがあるということも、手術前にご理解していただければ幸いです。

 

治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。

http://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=2

 

ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。

http://www.dr-yamamoto.com/contact/

 

また、スタッフブログもぜひご覧下さい。

http://ameblo.jp/yamaclistaff

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

Key Words : 整形失敗、二重失敗、プックリ二重、切開二重修正、他院修正、二重修正、眠そうな目、二重傷跡修正、二重傷凹み

 

まず、御協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深く感謝いたします。

 

当院は、他院の全切開二重手術や眼瞼下垂手術修正の方を数多く治療する日本でも有数の施設だと思います。

一般の方の認識は、『二重手術は、簡単な手術』というイメージがあるためか、簡単に医療機関を決めて、手術を受けられているような印象を受けます。1回手術を受けてしまうと、なかなか修正も難しいことが多いので、後悔しないように担当医選びを慎重にしていただきたいと思います。

 

さて、今回は、『他院で全切開二重手術を受けたが、うまくいかずに、同院にて再手術を受け、さらに不自然な目になった』という方をご紹介します。

 

まず、術前の状態をご紹介します。二重のラインが2つ出来上がってしまっているのがお分かりいただけると思います。

 

閉じ目の時に見ると黄色い矢印の部分と黄緑色の部分で、おり込まれていることが分かります。

 

よく、他院で『二重の手術を修正するために、もう一本二重の線が増えますよ』と言われたという方にお会いすることがあるのですが、『二重が2本あるというのは、非常に不自然なので、最大限に回避しなくてはいけない』というのが、私の考え方です。修正手術の際は、なるべく1本の線にまとまるようにデザインを考えます。

 

このデザインを見て頂くと気が付かれるかもしれませんが、目頭側の横に伸びたラインを切除するのは、難しいために、目頭側のラインは1本にまとめることが出来ませんでした。

 

術後3か月の状態をお見せします。目頭側の二重のラインを1本にはできませんでしたが、全体的な目の感じはすっきりと修正できたと思います。

 

 

このような手術をみると、前医の基礎的な手術技能に疑問を持たざるを得なくなります。どのようなトレーニングを積み、どのように手術を行っているのかを、患者さんが判断するのは難しいのかもしれませんが、その先生が担当した手術をきちんと見て判断するようにしていただきたいと思います。

 

 

また、修正手術は、非常に高度な技術が要求されます。

修正する場合には、さらに担当医選びを慎重に行っていただきたいと思います。

 

 

さらに、修正手術では、治癒経過に時間がかかることも特徴です。相変わらず、『全然治っていない!!』と患者さんに怒られてしまうことも多いのですが、状況を見ながら、ご本人の回復力を頼ったり、器械を使ったりしてフォローアップして行きますので、私が『待って下さい』と申し上げている間は、待って頂きたいと思います。

 

 

最近、『これは、修正可能ですか?』という写真を添付したメールを頂くことも多いのですが、実物を診させていただかないと傷の状態も全く分かりません。また、術後経過に時間がかかるために、術後の診察が非常に大事ですので、来院が全く出来ない方は、他院を選んでいただきたいと思います。

 

このため、遠方の方には、なるべく近い先生の診察を受けることをお勧めしています。ご参考までに私が信頼できると思う先生方をご紹介しておきます。

 

名古屋:SSクリニック

柴田院長が皮膚科医でありながら、上眼瞼手術を多く経験されているエキスパートの先生です。

http://www.hifu-ss.com/

 

北海道:聖心美容クリニック 

前多院長が、技術面、人柄、経験値、全てにおいて信頼が出来ると思います。

https://www.sapporoin.com/

 

 

最後に、今回の方の術後5日目抜糸時の腫れ方をご紹介しますので、ご参考になれば幸いです。

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

Key Words : 鼻整形、団子鼻手術、鼻先を細くする、小鼻縮小、小鼻を小さく、鼻美容整形、鼻を小さく、鼻をすっきり

 

まず、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

今回ご紹介するのは、『鼻を全体的に自然にすっきりさせたい』という方です。

以前は、鼻の手術と言えば、シリコンを入れる手術だった気がしますが、最近は、『異物は使わずに』と希望される方が増えているような印象を受けます。

 

 

早速、ご紹介して行きたいと思います。どのような手術をしたのかがお分かりいただけますでしょうか?

術前

術後1か月

 

術前

術後1か月

 

術前

術後1か月

 

この方は、もともと鼻の高さ自体はありますので、シリコン(プロテーゼ)を入れる手術をすると、鼻が目立ってしまいます。そこで、鼻先を細くして、小鼻を小さくし、全体的にすっきりとした感じにしました。

一言でいうと、『何となくすっきりした』のが、お分かりいただけますでしょうか?

 

 

小鼻の切除範囲は、大きくせずに不自然にならないように気を遣いました。実際のデザインをお見せします。

 

さて、この手術は、『腫れ難い』とご説明することが多いのですが、この方は、非常に腫れましたので、この程度まで腫れることがあるということも、手術前にご理解していただければ幸いです。(術後5日目、抜糸時の状態です)

 

治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。

http://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=2

 

ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。

http://www.dr-yamamoto.com/contact/

 

また、スタッフブログもぜひご覧下さい。

http://ameblo.jp/yamaclistaff

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)