山本クリニック院長 ドクトル山本ブログ

美容形成手術に関すること、美容情報、日常のことなどを配信していきます。
2014年2月より、西永福より新宿三丁目へ移転致しました。
ご予約・ご相談は、03-5315-4391もしくはsoudan@dr-yamamoto.comまで。



テーマ:

Key Words : 眼瞼下垂失敗、眼瞼下垂お直し、二重失敗、二重修正、美容整形失敗、目整形失敗、他院修正美容外科

 

まず、このお話に御協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深謝いたします。

今回ご紹介するのは、『他院の二重手術、眼瞼下垂手術を受けられた方の修正手術』です。

この方のご相談は、『目が開きにくい事、二重の幅が広い事』でした。

 

実際の状態をお見せするので、どこが変わったのか、比べて頂けますでしょうか?

術前

術後3か月

 

お分かりになりましたでしょうか?

右目の中に線で示したように、二重の内側が上がってしまい、まつげの生え際が下がってしまっているというのが問題です。

 

このような場合、目の開け方をよくするために、眼瞼下垂の修正処置を行う必要がありますが、前回の手術にて眼瞼下垂の処置が行われてしまっているために、この癒着を剥がすという作業に非常に高度な技術が要求されます。また、目の形状に左右差もありますので、皮膚切除から左右差をつけてデザインする必要があります。この『デザイン能力』が修正手術では、必須です。デザインをお見せします。

 

 

手術についての詳細に関しては、『美容外科話』にてご紹介しますが、今回は術後の経過をご紹介したいと思います。

 

術後5日目、抜糸時の状態です。腫れているために、左目の開きが非常に悪く、左右差が出てしまっています。また、二重の幅も広くなっています。

 

術後1か月の状態です。腫れもまだありますが、形状的な改善も認められると思います。

 

修正手術は、難易度も高くなる上に、術後経過も長くなります。

術後の傷だけを見ている患者さんからすると、術後経過が長くなることは覚悟の上でも、この左右差が出ている時期は非常に不安になります。

そのため、修正手術で何よりも大事なのは、『きちんとした腕の担当医を見つけ、信じる』事だと思います。

後のない手術ですので、よく検討されて手術を受けられることを強くお勧めします。また、くれぐれも『口のうまい医者』に悪化させられないようにご注意されることをお願いしたいと思います。

 

 

治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。

http://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=1

 

 

ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。

http://www.dr-yamamoto.com/contact/

 

また、スタッフブログもぜひご覧下さい。

http://ameblo.jp/yamaclistaff

 

 

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

Key Words : 鼻筋、団子鼻、鼻先を縛る、鼻先形成、鼻先を高く、鼻先を細く、鼻を小さく

 

はじめに、このお話にご協力いただいたモニターの方に、この場をお借りして深く感謝いたします。

 

私の鼻尖軟骨縫縮術(団子鼻手術)は、何回かご紹介をしていますので、手術の方法等に関しては、省略させていただき、今回は、術後の経過や形状に関してのイメージをつかんでいただきたいと思います。

この手術は、元の鼻の形によって、仕上がりに影響が出ますので、色々な方をお見せすることに意味があると思います。

 

さて、この方は、鼻先のボリュームが気になるので、すっきりとした感じにしたいというご要望でした。団子鼻という形状ではありませんので、こういう方にも適応があるという事を認識していただければ幸いです。

 

 

 

まず、術前と術後3ヶ月の変化を比べていただきたいと思います。鼻筋が何となく通り鼻先が何となくすっきりしたように感じられると思います。また、鼻の穴の見え方も変わり、若干すっきりとした感じに見えるのではないでしょうか?

術前

術後3か月

 

術前

術後3か月

 

術前

術後3か月

 

術後は腫れますが、マスクで十分隠せる範囲だと思います。マスクをしている時期なら不自然さが無いのかもしれません。術後5日の抜糸時の状態をお見せしますので、御参考にして下さい。

 

 

よく、『他院では、鼻先の手術は・・・・』と言われましたとおっしゃる方にお会いすることも有りますが、担当医によって同じ名前の手術でも全く別物であるという事をよく認識してから手術を受けられることをお勧めします。また、術後経過も担当医の手術の仕方によって大きく変わるという事も認識していただきたいと思います。

 

治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。

http://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=2

 

ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。

http://www.dr-yamamoto.com/contact/

 

また、スタッフブログもぜひご覧下さい。

http://ameblo.jp/yamaclistaff

 

いいね!した人  |  リブログ(0)

テーマ:

Key Words : 整形失敗、二重切開修正、二重失敗、他院修正、プックリ二重、広すぎる二重

 

はじめに、このお話にご協力いただいたモニターの方に深く感謝いたします。

 

私の外来では、『他院での手術後に、思っていたよりも二重の幅が広すぎてしまった』という相談も相変わらず多く受けます。

 

当院は、こうした修正手術を積極的に行っています。ただ、明らかに修正困難な場合や、現状よりも悪化する可能性が非常に高い場合は、手術をお断りすることも有ります。

医者としては、手術によりストレスを抱えてしまった方々のお役に立てれば、本望だという気持ちはあるのですが、お役に立てないときは、非常に悔しい気持ちになります。

修正手術は、その特性上、高い技術が要求されますので、私も更なる修行を重ねたいと思っております。

 

さて、二重の幅を狭くするという事に関しては、何回かご紹介していますが、今回は、少しの変化を目標にした修正手術をご紹介したいと思います。

 

まず、術前の状態と術後6か月後の状態をお見せいたします。医者からすると、広すぎるという程広くないような重瞼幅なのですが、『ご本人が、どう感じるか』ということは、非常に大事です。こういう点でも、医者選びは『自分の感性に合う人』を探していただきたいと思います。

ご本人としては、『理想に近い幅になった』と喜ばれていましたので、医者としては、至上の喜びです。

術前

 

術後6か月

 

修正時の皮膚切除デザインをお見せします。実は、この方を修正するには、『皮膚切除よりも目の開き方を微調整する』という作業が非常に大事になります。御覧になってお分かりいただけると思いますが、二重の幅に大きく影響を出すような幅の皮膚は切除していません。

 

このような場合は、『挙筋腱膜』という部分の位置を少しずらすことによって調整します。言葉で書くと非常に簡単になってしまうのですが、一度癒着した組織で、このような微調整をすることには、丁寧さと根気が要求されます。

また、術後は、非常に腫れてしまいます。術後経過をお見せしますので、ご参考になれば幸いです。

術後5日目、抜糸時

 

術後1か月

 

術後3か月

 

このように、修正手術の際は、“落ち着くのに時間がかかる”という事が特徴です。

いつも同じような事を繰り返し書いておりますが、術前カウンセリングでは、このようなことで悩まないように手術される先生が担当された症例写真を見せていただくことを強くお勧めいたします。

 

治療費、施術費に関しては、こちらを御覧下さい。

http://www.dr-yamamoto.com/cost/?ca=1

 

 

ご質問がある方は、こちらまでメールを頂きたいと思います。私が責任をもって拝読させていただいておりますが、時間の関係上、スタッフが返信を書かせて頂いております。

http://www.dr-yamamoto.com/contact/

 

また、スタッフブログもぜひご覧下さい。

http://ameblo.jp/yamaclistaff

 

いいね!した人  |  リブログ(1)