1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
September 19, 2016

★幻の梨、香梨(かおり)♪

テーマ:Foods


1

 一個で1キロ以上、超大玉!甘く華やかな香りを放ち、シャキシャキして瑞々しい歯触りの”かおり”

 おおきなナッシー、美味しいナッシー
^0^/

グーグリーアイズな千葉産、3姉妹でーす♪


いいね!した人  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>
September 17, 2016

★パリジェンヌより綺麗になる! 秘密のスキンケア

テーマ:Beauty Report

 
1
 今回、イラストご協力、パリ在住のデザイナー&イラストレーターの
Meiko Paris さんの作品です。


 いろんなことをやっているように思われるかもしれませんが、わたくしのポジションは“美しさの探究”であることから変わっていないつもりです。

その、美しさを現象論的に深化する技術である「美容」についての新刊が、ちょっぴり久しぶりにリリースされることになりました。

『パリジェンヌより綺麗になる!  秘密のスキンケア』 (西村書店刊:1300円税別)です。


3
Meiko Paris 

 世界的にはなお、パリジェンヌやパリマダムの美しさには定評があります。でも、お肌の美しさだけをフォーカスすると、日本女性の方が圧倒的にキレイで、皮膚の若さを保っているというのは動かすことのない事実です。お肌の構造的な特長や、湿潤な気候にスキンケアの習慣の違いなどの賜ですね。

 

しかし、美肌だけでは本物のキレイとはなりません。美肌は手段に過ぎないのです。

 では、われわれに足りないエッセンスは一体何なのか?


2
Meiko Paris

 和は日本的であるとともに、やわらぎのこころでもあり、あわあわと浮かんでくる美しさともなります。世界に誇っていい日本女性の美しさは、和の美徳からもたらされたものなのでしょう。

 女性がより美しく、美しさによって幸せになってほしい! いくつかのご提案をこめた一冊となりました。


 太陽が女性である国ニッポン、女性が明るく太陽のようになることを目指して書き上げました。よろしくお願いいたします。

 

予約受付中→❤︎  

September 17, 2016

★ Beauty Marche Fall at TENOHA daikanyama・その2

テーマ:Beauty Report

1

 前回ご案内した、25日に催される
TENOHAのビューティマルシェ、豊穣の秋を前に盛り上がってきております!

 

アットコスメ→

代官山ホットソース→★



 昼下がりのわたくしのささやかなトークショーも満員御礼となりました!心より感謝いたします。


  イベント目白押しシーズンに備え、センシュアリティ強化月間として、全身美容施術各種お試し中なんです。追ってご報告させていただきますね。
いいね!した人  |  リブログ(0)
September 14, 2016

★ Beauty Marche Fall at TENOHA daikanyama

テーマ:Foods


1
 9月25日、代官山
TENOHAにて、【五感】特に視覚〜目で見て美味しい、楽しいイベントが開催されます。流行りのスーパーフード、スーパードリンクをその場で実体験(気にいれば購入も)できるようですので、健康美容コンシャスな貴女にピッタリ。

 何だか興味深いイベントが目白押し。

 

 わたくし、13時から14時まで、トークショーをさせていただくことになりました。(予約制→

 50代の思春期“カンカド” から、パリマダの ヰタ・ セクスアリス から、オーガニック美容からセンシュアル・エイジンングまで、何でもござれ。

 

ハーベストな秋の休日の昼下がり。ご一緒にいかがでしょうか?

詳細→

 
September 11, 2016

★50代の思春期に萌えるパリジャン♪

テーマ:Culture
 
1


 フランスではカンカドが流行り始めてます。これ「50代の思春期Quincados」ってことなんです。東洋経済 の今回のコラムでフィーチャーしています。


記事はこちら→  


パリマダ・スタンダートなBCBG的なエレガンス&シック、あるいはセンシュアルとはちょっと違う感じかもしれません。でも、フランス人もズッコケたのか、それともカッ飛んだのか。ともかく、おもしろいんです。

 

 カンカドが現れてきた理由は3つ。まず、言うまでもなく現代人が長生きになったこと。『サザエさん』のお父さん波平は54歳で、お母さんのフネは50歳ちょっとだったってご存知でした? まさに隔世の感がありますね。長生きはフランス人だって同じです。哺乳類の寿命は子育て終了までとされてきましたから、人生50年は当然でした。でも、今では50歳はまだまだコドモ、リセットして新しく出発する時となっています。

 次は、フランスらしく「自由人気質」。1960年代生まれ以降、フランスは経済的安定がもたらされ、生きることをエンジョイできる社会になったといわれます。自由人が安心して自由を堪能できる世の中なのですね。

 3つめは「実際に若々しい」。健康意識の向上と最新抗老化医学の発達の賜(たまもの)ですね。


2
 

 日本とフランス、大人らしい成熟さではフランス人かもしれませんが、コドモ&若さならば日本人がカンカド先進国に躍りでるチャンスです。これがわたくしのイチオシ・フィーチャー! もっとも幼稚と未熟のフューチャーとなると目も当てられませんけどね。

September 05, 2016

★パリ山下農園収穫祭前夜祭♬センシュアルなひととき

テーマ:Restaurant

 日本語で美食学とも訳されるガストロノミー(gastoronomie)は、感覚と食物の関係を考察する科学です。とびっきりおいしい料理には、感覚のありったけを動員して、ぶつからなくてはなりません。

 

 ミシュラン一つ星のガストロノミーレストラン、Sylvain SendraシェフのItinérairesで開催された“山下農園収穫祭前夜祭”。


 サーブされた一期一会のスペシャルアートの数々をご堪能あれ。

 
1

2

3

4

5

6

7

9

10


 種から作物、そして料理へ――(from Seed to Crop and Cuisine)。大地と自然と人々の知恵の賜物です。山下さん 、シェフ、同じ空間でコミュニケーションしたみなさん、、、繋がる全てに感謝します。


悦楽する官能の極み、美食楽の宵でした。

Itinéraires
5 Rue de Pontoise, 75005 Paris

01 46 33 60 11

 

いいね!した人  |  リブログ(0)
August 28, 2016

★9月28日、男と女のコミュニケーション 講演会開催♪

テーマ:Love

1

 9月28日は、センシュアルde委員会主催で、美しすぎるプロフェッショナル心理カウンセラーである鹿屋由佳 さんを講師としてお招きし、“男と女のコミュニケーション”について 、ご登壇いただきます。


3

 男性と女性の会話の特徴、すれ違いの原因と対策、気になる婚活のストラテジィにタクティクスなども。

 “マナティ、女なのに嘘がすぐにバレてしまうのですが、どうしたら上手に嘘をつけますか?”など、その場ではばかられる質問がもしございましたらMCのわたくしが先に承ります。


2
 

 ゲストにはイケメンすぎる美容形成外科医の室孝明 さんにご登場願います。“男の本音”について、MC特権で斬り込んでいきたいと思います。“忘れられない女性の特徴は?”とか、“結婚を意識する女性と恋人止まりの女性の違い”とか、ウッシッシ。


1
 

 サファリ帰りで、ますます野生児と化した肉食&官能主義のわたくしからは、“フランス式コミュニケーション術”についてのプチトークです。“男と女の”はあえて抜いてあります。恋愛哲学の国の会話術、知っていてもきっとソンはございませんことよ。

 

FBページはこちら→♥

 

日 時:928日、18:30-21:00(*18:30 ~19:00まで軽食&飲物のご提供)

会 場:築地明石町オープンアカデミー
 
東京都中央区明石町11-15 ミキジ明石町ビル3F(建物角にある望星薬局が目印)

参加費:¥6,000-(軽食・飲物付き) 

連絡先:センシュアル de 委員会 事務局

    TEL:03-5354-5959
E-mail: kumiko@mums-co.jp

いいね!した人  |  リブログ(0)
August 28, 2016

★わたくしたちはどこから来て、どこへ行くのか?

テーマ:Culture

1

 東洋経済連載第6回目 が掲載されました。題して、「センスある官能性が日本経済の未来を拓く」 。前回ブログ「サファリ紀行・野生の思考」と連動しております。

 官能(五感)が満足する、エレガントな経済の循環「官能経済」については、ことば先行!これから深化させていきたいと思います。

 

東洋経済連載第6回記事→

いいね!した人  |  リブログ(0)
August 27, 2016

★サバンナ紀行・その3・野生の思考

テーマ:Culture

9

 
 わたくしはナイロビに降り立った。

 ナイロビは赤道から150キロしか離れていない赤道直下の東アフリカの中心都市。1600メートルの高地であり乾季であって赤道直下の面影はない。

 アフリカ会議が開催され、安倍首相や政府要人が訪問する都市。今回、初めてのアフリカ開催となり中国に傾注するアフリカの意思を、どうやってもう一度日本に向けられるかがカギとなる。

 
11


 ナイロビからサバンナに向かう幹線道路は渋滞と砂埃。左側にケニア最大のスラム街「キベラ」の密集したブリキ小屋とトタン屋根が見えてくる。サファリガイドのインテリ、誇り高きマサイ族のヤージが流暢な日本語とネイティブイングリッシュで教えてくれる。


「中に緑色の屋根がポツポツみえるだろう、あれがトイレさ。50人で一つの共同トイレなんだ」

「でも、ちょっと前までは、昼間はビニール袋に用足しして、夜中に家からブーメランのようにしてなるだけ遠くに放り投げるのさ。それから思えばきれいになった」


4
 

 東アフリカ中心都市となったナイロビには今、都市化の波が押し寄せる。高層ビルの前に不安げにたたずむキリンの写真を目にした人も多いと思う。

 ナイロビは映画「ナイロビの蜂」の舞台であり、そこにもキベラが登場する。わたくしが住むパリとも縁深く、パリの住民は何度となくナイロビを、サバンナを訪れる。パリの住民は野生好きであるからだ。

 

 キベラを過ぎると、主だった日本車のディーラーの建物が見えてくる。英語がネイティブと左側通行右ハンドルの車がイギリス領東アフリカの名残と言える。したがって、中古の日本車の大市場となっている。9割がここでは新品同様の日本車である。


12
 

 さらに郊外に向かうと簡体字中国語の真っ赤な大段幕が張り付いた建設途中の橋が見えてくる。インテリ・ヤージが言う。

「中国マネーがそこらじゅうに投下されて、道路や橋のインフラは充実したよ。中国さまさまさ。ケニアとってはまさにヘリコプターマネーだよ。その奥にしたたかな野望があってもね。

 でも日本は……これだけ日本車の良さが分かっている土壌があるのに、もったいないよな」

「観光だって、今や中国人ばかりだよ、あとはインド系の人々。日本人は本当に珍しくなった。日本が大好きで、日本語を頑張って勉強したのに、今は中国語の方が役立つんだよ」


3
 

 イギリス領東アフリカ時代にモンバサとウガンダを結ぶウガンダ鉄道建設にあたり、多くのインド系の人々が入植した歴史があり今でもケニアには比較的裕福な層が住む地区にインド系人々の居住区があるのだ。

 その後訪れた自然公園のロッジも7割が中国系とインド系の人々、残りは欧米人と思しき人々、日本人はわたくしたちだけだった。


2
 

 中国もインドも官民あげてケニアに“浸透”しようとしている。もちろん一部でハレーションも起きているようだ。

「中国ツアーは、未だに普通の小型バスのままサファリに入り込んで運転手がガイドをするのさ、だからガイドの資格が強化されることになったんだ」

 けれど中国の人々の旺盛な消費は何もフランスや日本に限ったことではない。ここケニアの自然公園のロッジでも、高級な方から中国人観光客が占めている。一人5万円するバルーンサファリも、家族10人で一バルーン借り切って浮かび上がっていった。

 日本が老人大国になるのは目前、人口も減少の一途をたどり、経済も斜陽を迎える。

 一体我々には何が期待され、何ができるのだろう。

 

 
8


 人類の故郷、サバンナでは様々な動物に出会った。


14

 強烈な野生との出逢い。彼らは食べたい時に食べたいだけ捕食し、寝たい時に寝る。ライオンは一日20時間転がっているらしい。お腹がいっぱいの時には、獲物がフラフラと近くにやってきても、一瞥をくべるだけ。


13

  肉食獣の無駄な脂肪が削がれた美しく引き締まった体、草原をしなやかに走る姿は惚れ惚れするほどエレガントである。


5
 

 サバンナの太陽が西に傾く頃、一匹のメスライオンを見た。シャンパンローズ色に毛が反射し、周囲の情景に溶け込んで黄昏ていた。

 その近くには綺麗に胴体部分だけ平らげられた、かつてシマウマだったものがあった。残酷であるが美しい。


6
 

 草原には所々コロンと真っ白な骨が転がる。あのシマウマも、やがて猛禽がついばみ、ハイエナが綺麗に掃除し、ただの骨となり、土に還る。太鼓の昔から変わることなく循環している自然の自律。自分の役目を果たし、今ここに生きる動物たち。

 現代人がよく言う“人生の理不尽”なんてーーここには理不尽も不合理もない。与えられた運命はもともといつ奪われても文句を言うものではないのだ。

 

 “言葉なんか覚えるんじゃなかった 言葉のない世界 意味が意味じゃない世界に生きていたら どんなによかったか”



7
1
 
 野生のエレガント、(象はエレファント)雄大な自然を前に、人間の浅知恵など到底かなわない。それでも、楽園を追い出されてしまったわたくしたちは、歩き出すしかない。悲しみを背負いながら。

 

 知性を昂め、気高く、意志をもって。

いいね!した人  |  リブログ(0)
August 25, 2016

★10月2日にサンデー・ランチセミナー“パリマダ流・恋愛&美容”開催♪

テーマ:Beauty Report


1

 この度、美スローエイジング協会主催のランチセミナーが、代官山の「パッション」 で開催されます。

 題して「パリ在住皮膚科専門医によるパリマダム・ムッシューの恋愛・美容の秘訣を知る」

 満員御礼!心より感謝いたします。


 更年期以降の恋愛は?ムッシューの熟女好きは本心?コスメは本当に3品しか使わない?マダムに人気のマッサージ法など、パリマダに代わりまして、エッジィな最新事情&レアネタをご披露させていただきたいと思います。

 

 なお美スローエイジング協会 には様々な業界のエキスパートの方がいらっしゃるようです。興味深い美容&健康情報も発信なさってますので、一見の価値ありですわ♪

 

FBページ→★

いいね!した人  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

Ameba芸能人・有名人ブログ

芸能ブログニュース

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。

      Ameba芸能人・有名人ブログ 健全運営のための取り組み