醗酵食で自然体に生きる                  埼玉の醗酵仙人 菌坊      

自然に任せ、与えられた生命を大切に細く長く、「名もなく、貧しく、つつましく、そして美しく」120歳健康体を願い発酵食をベースにワンコいちごとの長寿食生活について語る。
主なテーマ
酵素、、醗酵食品全般、乳酸菌、栄養、美容、長寿、クラフトコスメ、犬ごはん

ご注意


2012年前後の記事において、麹や酵素について実際に発酵などさせて、記事と記していますが、麹、酵素の実験結果における記述は間違ってはいませんが、それらが健康に値する効果についての、記述や考察は、現段階ではそれらを否定しており、真逆の記述などしております。それらも菌坊の発酵品に対する考え方の進歩の足跡と思っております。イチバン良いのは過去logを見直し、現段階の捉え方に修正するべきでしょうが、数千の記事について見直しなんて、出来ようもありません。特に過去logの麹や酵素の記事については、ご注意ください。


ご質問その他はすべてコメントでお願いします。メッセージは殆ど目を通していません。


 

NEW !
テーマ:

まずは今日の収穫です。

こんな感じで

トマト、キュウリもそれに獅子唐も食べきれやしない。有り難いことですが。

キュウリは後2本収穫するかどうか迷っていたのですが、育ちが早く夕方にその2本収穫しました。

キュウリ、トマトはおやつに、キュウリは塩を刷り込んで冷やして、丸かじりしています。

さて本題のキュウリ育て方ですが。

➀つるが支柱などのTOPに達したら先端を摘心し子ヅルの脇芽を促進ささせます。

但し5節までの子ヅルは摘心する。(していない)

➁脇芽の子ヅルに雌花がついたらその先の葉2枚を残し摘葉する(してませんけど)

以上WEBに記されていますが①はしていますが、その後、適当に収穫しては先を摘心しているあいまいな摘心ですね。

でも親ヅルの着果は5節に1果位でしょう。でも孫ヅルの着果は多いと言われています。

実はこれ孫ヅルなんです。見にくいですが。

赤が今日収穫して切り取った部分です。そして既に、各節毎に黄色部分に雌花がついているんですね。

このままだとキュウリが地面に接して、ダンゴ虫にやられたり、曲がってしまうので後で誘因しますが、受粉も人口受粉させた方がいいですね。育つかどうか分かりませんが様子見してみます。これが実ったら鈴なりキュウリになりますが・・・とにかく孫ヅルは実付きが多いということです。

キュウリ育ては摘心が必須ということですね。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。