長男の治療経過 その16

テーマ:

長男の治療を通して、学んだことや感じたことを備忘録も兼ねて書いていこうと思います。身内の経過を報告することは、判断や記憶に大きなバイアスが入ってしまう危険性が高いので、医療者として研究者としてあまり良いことではないでしょうが、記録しておかないと症例の記録や記憶は忘れさられてしまうので、できるだけ誠実に記載していこうと考えています

 

#頭はセーフ(2017 4 18)

 

本日は、仕事が早く終わったので、長男の学童のお迎えに行くことにしました。

初めて、学童にお迎えに行くので少し緊張しました。


学童の玄関で待っていると嬉しそうに長男がやってきました。その日は雨が降っていたので、二人で雨の中手をつないで、帰ります、道すがら、長男から、「今日ドッジボールやって、勝ったよ!!」と嬉しそうに報告してくれました。

どうやらドッジボールで最後まで残っていたということを自分に知らせたかったようです。

学童でも楽しく遊んでいることを知り嬉しく思いました。


その後、なぜか長男はしきりに「頭はセーフなんだよ」「頭はセーフなんだよ」と自分に教えてくれます。


その言葉の真意はなにかなと、疑問に思っていましたが、後日その謎が解けました。

妻が学童で長男のドッジボールをやっている長男の姿を見た時に、ボールにぶつかりそうな時は、無理に避けずに頭でボールを受けていたそうです。確かに、頭にボールが当たればセーフだと思いますが、これはASD特有の行間を読む能力が乏しいのか、ルール内で勝つための自由な発想なのか?判断はつきませんが、今後の経過と自由な発想を持てるような教育をしていこうと思った出来事でした。

 


注意事項

様々な情報がインターネットなどで散見されます。その中には、極端な食事療法や薬剤の使用等などもあります。長男に施した、生化学的治療は、患者個人に合わせたサプリメントを始めとした調整や、生活全体に対して包括的に指導を行う必要があります。生化学的治療を行う場合は必ず専門家の指示にしたがって治療を行ってください。

 自己流での治療や、医療関係者以外が提供する治療を行った場合は、効果がないばかりか逆に、危険な有害事象が発生することがありますので注意が必要です。 また、自分のお子さんのことなどで、疑問に思うことはかかりつけの医師にご相談ください。

 


それでは、また次回

 

 

講演、取材依頼はこちらから

 

 

参考文献

1)J.Hallmayer et al. Genetic Heritability and Shared Environmental Factors Among Twin Pairs With Autism. Arch Gen Psychiatry 68.

1095-1102(2011)

2)内匠 透.自閉症と睡眠・消化管障害. 実験医学増刊心と体のクロストークから解く精神・神経疾患.Vol 30-No.13. 2018-2021(2012)

3)瀬川 昌也、社会技術研究システム・公募型プログラム 研究領域「脳科学と教育」研究課題「神経回路の発達からみた育児と教育の臨界齢の研究」

4) Kubota T, Mochizuki K, Epigenetic Effect of Environmental Factors on Autism Spectrum Disorders. Int J Environ Res Public Health. 2016 May 14;13(5). pii: E504. doi: 10.3390/ijerph13050504. Review.

5) Lai MC et al. Autism. Lancet. 2014 Mar 8;383(9920):896-910.

6) Thapar A1, Cooper M2. Attention deficit hyperactivity disorder. Lancet. 2016 Mar 19;387(10024):1240-50. doi: 10.1016/S0140-6736(15)00238-X. Epub 2015 Sep 17.

7) Grandjean P, Landrigan PJ. Neurobehavioural effects of developmental    

toxicity. Lancet Neurol. 2014 Mar;13(3):330-8. 

doi: 10.1016/S1474-4422(13)70278-3. Epub 2014 Feb 17.

8) Peterson RL, Pennington BF. Developmental dyslexia. Lancet. 2012 May 26;379(9830):1997-2007. doi: 10.1016/S0140-6736(12)60198-6. Epub 2012 Apr 17.

9) 藤原武男,高松育子. 自閉症の環境要因. 保健医療科学 2010 Vol.59 No.4 p.330 -337.

10) Suzuki K1, Nakai K, Sugawara T, et al. Neurobehavioral effects of prenatal exposure to methylmercury and PCBs, and seafood intake: neonatal behavioral assessment scale results of Tohoku study of child development. Environ Res. 2010 Oct;110(7):699-704. doi: 10.1016/j.envres.2010.07.001. Epub 2010 Aug 1.

11) Woodruff TJ1, Axelrad DA, et al. Trends in environmentally related childhood illnesses. Pediatrics. 2004 Apr;113(4 Suppl):1133-40.

12) Roberts JR, Karr CJ; Council On Environmental Health. Pesticide exposure in children. Pediatrics. 2012 Dec;130(6):e1765-88. doi: 10.1542/peds.2012-2758. Epub 2012 Nov 26.

13) Cryan JF1, Dinan TG..Mind-altering microorganisms: the impact of the gut microbiota on brain and behaviour. Nat Rev Neurosci. 2012 Oct;13(10):701-12. doi: 10.1038/nrn3346. Epub 2012 Sep 12.

参考図書

1)発達障害の謎を解く, 鷲見 聡, 日経評論社, 2015

2)乳幼児健診ハンドブック. 平岩幹男、診断と治療社、2006(2014年に改訂第3版発行)

3)発達障害の理解と治療・支援. 東京小児療育病院 医療スタッフ、東京小児療育病院、2015

4)発達障害 子供を診る医師に知っておいてほしいこと 日常診療、乳幼児健診から対応まで、平岩幹男、金原出版株式会社、2009

5)乳幼児の発達障害診療マニュアル 健診の診かた・発達の促しかた 州鎌盛一、医学書院、2013

6)プライマリケアで診る発達障害、黒木春郎、中外医学社、2016

7)データで読み解く発達障害、平岩幹男編、データで読み解く発達障害、中山書店、2016/11/13’

8)American Psychiatrisc Association, 日本精神神経学会、日本語版用語監修、高橋三郎、大野 裕監訳、DSM-5精神疾患の診断・統計マニュアル. 医学書院: 2014

9)発達障害の原因と発症メカニズム 脳神経科学からみた予防・治療・療育の可能性、黒田洋一郎、木村-黒田純子、河出書房新社、2014

17)柏崎良子、発達障害の治療の試み、株式会社ヨーゼフ 2014

18)柏崎良子、栄養医学ガイドブック、学研、2008

19)柏崎良子、低血糖症と精神疾患治療の手引き、イーグレープ 2007

20) 大森隆史、発達障害を治す、幻冬社、2014

21)ジェリー・マシューズ.発達障害の子供が変る食事.青春出版社 2012

22)William Shaw.Biological Treatments for Autism & PDD. GPL 2008

23) テキストブック児童精神医学、井上勝夫、日本評論社 2016

24) 渡邉泉、久野勝治, 環境毒性学, 朝倉書店、2014

25)大森隆史、「重金属」体内汚染の真実、東洋経済、2010

26)臨床栄養,腸脳相関各種メディエーター、腸内フローラから食品の機能性まで、医歯薬出版株式会社、Vol.128 No.6 2015-5

参考サイト

1)Dr. Herbert’s Talk PDFs and Links.

 http://www.autismrevolution.org/dr-herberts-talk-pdfs-and-links/

(参照 2016-11-26)

2)Laura W. Autism spectrum disorder in children and adolescents: Overview of management. In: Up To Date, Marilyn A(Ed) Up To Date, Waltham, MA. (Accessed on December 12 , 2016.)

3)Kevin R K. Attention deficit hyperactivity disorder in children and adolescents: Overview of treatment and prognosis. In: Up To Date, Marilyn A (Ed) Up To Date, Waltham, MA. (Accessed on December 12 , 2016.)

4)L Erik von H. Specific learning disabilities in children: Educational management. In: Up To Date, Carolyn B (Ed) Up To Date, Waltham, MA. (Accessed on December 12 , 2016.)

5)Penelope P. Intellectual disability in children: Management, outcomes, and prevention. In: Up To Date, Marc C P (Ed) Up To Date, Waltham, MA. (Accessed on December 12 , 2016.)

6)Laura W. Autism spectrum disorder in Children and adolescents: Complementary and alternative therapies. Up To Date, Marilyn A(Ed) Up To Date, Waltham, MA. (Accessed on December 13 , 2016.)


 

AD