台湾 グルメリポート2017④ 濟南鮮湯包

 

こんにちは、今回は台湾の比較的こじんまりした小籠包屋さんを紹介します。

 

濟南鮮湯包

住所:台北市濟南路三段20号 電話(02)8773-7596

地下鉄「忠孝新生」駅6番出口下車。2本目の交差点を左に徒歩3分のところにあります。

一見見ると普通の食堂の様なのですが、中の内装はきれいです。

厨房が見れるのもうれしいですよね。ここはホント出来立て小籠包が食べられる店です。

日本語のメニューもあるのですが少々誤訳もあるので気を付けなければなりませんね。

まずはビールで乾杯!これは台湾ビールの18日限定生です。すっきりした味わいで女性にもおすすめできますよ。

前菜の蒸し鳥と焼きそばです。

豆苗の炒め物

日本だと細い物しか見ないですが、大きくなると歯ごたえがあっておいしいですよ。

これは酢豚です。いやービールに合いますねえ

ようやく小籠包の登場です。実は注文を受けてから作るので出てくるまでに時間がかかります。その時間を考えて注文しないと、焼きそばや炒飯でおなか一杯という事態も考えられますよ(笑)

トリュフ味の小籠包、っておいらトリュフの味よくわかんないんですが(笑)

カニみそ小籠包、いやー絶品絶品。しかも皮が透けるぐらい薄いんです。

ここの名物シラス炒飯です。カリッと揚げたシラスがしっとりした炒飯の上にかかっていてとてもおいしいです。

 

これだけ食べて一人3000円ぐらいです。

大手小籠包やさんよりもこういう店のほうがおいしい気がしますよ。

 

おまけ

その夜はちょっと大人にジャズのお店に行ってきました。

うおお、酔っぱらっていてうまく撮れてねえ

Brown Sugarというお店で、101の裏手にあります。

https://www.taipeinavi.com/food/884/

ローリングストーンズの歌でも有名なBrown Sugarの意味って黒砂糖じゃあないよ。実はスラングでドラッグの意味もあるそうです。

 

シンガーはちょっと太っちょの女性黒人シンガー

いやあ、いい声してますねえ

 

でもあんまりスマホいじってると英語でいじられるよ。わかってる?前の中国人さん(笑)

こうして台北の夜は更けていきます。

(写真ブレブレでごめんなさい)

 

 

 

 

AD