六本木の美容外科・美容皮膚科・アンチエイジング専門医-Dr.Andy(アンドリュー・ウォン)

美容と健康のことなら何でも私に聞いてください。国際的な美容専門医のDr.アンディーが『究極・永遠の美』を研究、追及してゆきます。美容と健康のことなら、六本木駅徒歩一分のDr.アンディーズクリニックへ。


テーマ:
                                       

分子レベルのヒアルロン酸DMAEナノテクノロジーで

創ったミクロミセル

に入れ、経皮吸収させます。

 

『美スト 12月号』で取り上げられた経皮吸収ドラッグデリバリシステム「経皮吸収型ヒアルロン酸(HA-TD法)」は、目元のちりめんジワ、ホウレイ線、マリオットライン、目の下のクマ、たるみ、唇をふっくらさせるなどに最適な施術です。


経皮吸収ドラッグデリバリシステム(TransDDDS)から生まれた経皮吸収型ヒアルロン経皮吸収型ボトックス(DMAE)はドクターアンディーズクリニックの北米研究所(カナダ、トロント)にて分子レベルで開発成功。

TransDDDS メソセラピーの理論で独自に開発された「針を使わない」、「全く痛くない」、「通院不要」の現代人のライススタイルにあった療法です。 ヒアルロン酸は、もともと人間の体を構成する物質で、真皮層に存在するムコ多糖体類。 高い保水力を持ち、肌のハリや弾力を保つ働きをしています。加齢とともに体内から減少してゆくヒアルロン酸を外部から補給することで、シワ、たるみ、乾燥を改善しの若返りに効果を発揮します。プチ整形ブーム以来、ヒアルロン酸注入はアンチエイジングにかせないポピュラーな施術となっていますが、限界歯ありました。

一方、リフティングのためのボトックス療法も盛んになっています。ボトックス様の効果を発揮する高濃度
DMAEを使用し、特殊なTransDDDS を通じて、皮内に浸透する。両者の併用は、もっとも効果的です。

         治療直前          直後


  
 

これまで、痛み、腫れのある注射と違って、ホームケアの形のプロダクツとして開発成功。使用方法についての説明もための一回の通院だけです。
手軽な治療方法のない、縮緬ジワ・小じわは対応できるようになりました。

 
info@drandy.com

経皮吸収型ヒアルロン酸経皮吸収型ボトックス治療対象部位:特徴

目元の縮緬ジワ、ホウレイ線、マリオットライン、クマ、唇をふっく
効果;即効性
フォトフェイシャル、サーマクール、タイタンなど同時併用は最適です。


 

              経皮吸収型ヒアルロン(1:10ml, 3ケ月分)10万円(税込)


 

         経皮吸収型ボトックス(DMAE) (1:10ml, 3ケ月分10万円(税込)

                                 
                                         info@drandy.com
 




  
 


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

Dr.Andy-美容外科・美容皮膚科・アンチエイジング専門医さんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります