ウオーキングは最もポピュラーな運動の一つだ。手軽さや心臓に負荷をかけない有酸素運動である点に加え、循環器系機能や新陳代謝を高める効果の裏付けもあり、ウオーキングへの関心や志向は他の運動に比べて高い。

 ウオーキングに関するイベントは全国各地で開かれている。最近では日本全国の市町村を完歩するという企画も登場し、知らない土地へのあこがれを満たし健康にも良いと、年齢を問わず支持が広がっている。

 忙しい現代人だが1日30分、距離にして約2キロ歩くことを習慣付けるだけでも心身の変化を実感できる。毎日続ければ1年で700キロ超を歩いたことになり、生活習慣病のリスクも軽減される。

 厚生労働省の試算では、日本人が歩くことで削減できる医療費は1人1歩当たり0・0014円。日本人が今より3000歩多く歩くことで、年間2700億円近い医療費削減が見込まれるという。(取材協力 日本ウオーキング協会)

【関連記事】
片足1・2キロの「重い靴」で脂肪燃焼
健康志向、不況で加速…アフター5に「ナイトラン」流行
【今、何が問題なのか】マラニック 癒やしのラン
京都でエコ通勤ブーム 街中にも自転車のステーション
音楽で走りを快適に 基本的な動きの習得に効果

パトカー追跡の車が事故=2人けが、運転手を逮捕-警視庁(時事通信)
<皇后さま>小野竹喬展を鑑賞(毎日新聞)
鳩山邦夫氏は不参加=新党結党で平沼氏明言(時事通信)
精神疾患の教員支援 都、独自プログラム作成へ(産経新聞)
支援者「再審開始すべきだった」=名張毒ぶどう酒報告会-名古屋(時事通信)
AD