■子供たちに夢届け 大阪市北区

 バンクーバー五輪が行われたカナダの森で育ったサトウカエデから採れるメープルシュガーをたっぷり使用した「森のメープルあめ」が誕生した。あめの売り上げの一部は、子供たちへの本の読み聞かせのボランティア活動費用に役立てられている。

 カエデの樹液を濃縮したメープルシロップから水分を除いたものがメープルシュガーと呼ばれる。砂糖と比べて値段が高いが、カルシウムなどのミネラルが豊富に含まれているという。

 そのおいしさや栄養価の高さに注目してあめを作った、大阪市北区で事務所を構えるコピーライターの田中睦子さん(62)が、単にあめを販売するだけでなく、だれかの役に立てないかと主婦仲間の尾関えりさん(46)に相談した。

 尾関さんは以前、娘が長期入院した経験をきっかけに、病院で子供たちに本を読み聞かせるボランティアをしている。田中さんはその活動への支援を提案。コピーライターの岩村彩さん(37)も賛同し、3人で1月に「本に願いを」プロジェクトを立ち上げた。

 1箱200粒4200円のうち、材料費を除いた分で本を購入するなど、活動費に充てている。田中さんらは「病院で不安を募らせる子供たちに、あめを通じて多くの人が応援していることを伝え、本と一緒に夢を届けたい」と話している。問い合わせは「本に願いを」事務局(TEL06・6352・2480)。

【関連記事】
アクセサリーか雑貨・小物 ホワイトデー「お菓子欲しくない」
【京都MONO語り】お茶「辻利兵衛本店」 香り豊か まろやかな味
【住まう】はちみつ専門店「ラベイユ」 生活を潤す「甘みの王様」
【食を楽しむ】ロンドン「ザ・ドーチェスター」 アフタヌーンティー
「お菓子の宇宙ステーション」完成 大手前製菓学院
20年後、日本はありますか?

平野官房長官インタビュー☆3(時事通信)
捕獲禁止で見守るのみ…衰弱オットセイやっと保護(読売新聞)
シャツ&ブラウス 春の着こなしの主役に ビジネスからカジュアルまで(産経新聞)
隠れ大イチョウ、根付き可能性は「90%」(読売新聞)
<鳩山首相>「弟・邦夫氏と連携するつもりもない」(毎日新聞)
AD