入国審査を巡る汚職事件で収賄罪に問われた元東京入国管理局成田空港支局統括審査官、小倉征史(まさし)被告(54)=懲戒免職=に対し、東京地裁は17日、懲役2年、追徴金580万円(求刑・懲役3年、追徴金580万円)の実刑判決を言い渡した。菱田泰信裁判官は「贈賄側申請の入国審査を優先処理するなど不公正のそしりは免れず、責任は重い」と述べた。

 判決によると、小倉被告は07年7月~09年11月、外国人芸能家招へい会社社長、伊東信悟被告(46)=10日に執行猶予付き有罪判決=側が申請したフィリピン人女性らの在留資格認定審査で便宜を図った見返りに、毎月20万円計580万円を受領した。【伊藤直孝】

【関連ニュース】
入管汚職:贈賄側に有罪判決 東京地裁
収賄裁判:前和歌山市長の実刑確定へ 最高裁が上告棄却
入国審査汚職:収賄側の元審査官、起訴内容認める 初公判
福岡前副知事収賄:北海道「視察」、実態は観光か
裏金接待:前福岡副知事を収賄容疑で逮捕

オウム、青年層にターゲット=新規入信、事件時未成年が5割-教団存続へ勧誘活発化(時事通信)
暴追運動住民宅に銃弾=玄関などに6発-北九州(時事通信)
「口、鼻、耳から血が流れ…」再現される秋葉原殺傷事件の惨状(産経新聞)
三笠フーズ元顧問に有罪=事故米不正転売-大阪地裁(時事通信)
伊勢丹吉祥寺店 閉店…38年余の歴史に幕 東京(毎日新聞)
AD