サンダース (ポケモン)

テーマ:
サンダースは、ポケットモンスターシリーズに登場する495種の架空のキャラクター(モンスター)のうちの一種である。特徴イーブイの進化形の一つでタイプはでんき。体色は黄色に変化し、首の周りや腰の毛が鋭く尖っている(ただし普段は普通の毛並みをしているらしい)。感受性が非常に強い種で、わずかな刺激でも感情が変化し、それに伴って体内に電気がたまる。帯電した体毛は針のように逆立ち、これを飛ばして相手を刺し貫く。また、体毛の隙間にはマイナスイオンが発生しており、常に電気の弾ける音を発している。場合によっては一万ボルトの電気を帯電させることもあるという。ゲームでのサンダースイーブイに「かみなりのいし」を使うと進化させられる。イーブイの進化形の中ですばやさが最も高く、次いでとくこうが高い。全ポケモン中でも指折りのすばやさから使い勝手がよく、さらに「でんじは」も覚えるので、初期の公式大会でもほとんどの選手に使用された。初代では、素早さの種族値(能力の基幹数値)が高ければ高いほど急所に当たりやすかったため、攻撃力が低くても威力150の「はかいこうせん」を覚えさせていた人も多かった。ぼうぎょは絶望的に低いので、弱点のじめんタイプの攻撃(「じしん」)や強力な物理技を受けると一撃で倒れてしまうケースは多い。『金・銀』以降はライコウの登場によりエースから若干退いたが、ライコウにすばやさでは勝っており、ライコウにはできない「バトンタッチ」や「みがわり」・「にどげり」・「あまえる」・「メロメロ」が使えたのでライコウとはまた違う戦法を使えた。また『ルビー・サファイア』からは特性「ちくでん」の追加、『ダイヤモンド・パール』からは「あくび」が使えるようになり、さらに「シャドーボール」が特殊化されるなどシリーズごとに少しずつ強化されているようだ。『プラチナ』では「でんじふゆう」が使えるようになり、弱点である地面タイプに対抗できるようにはなった。イーブイの進化形全てに言えることではあるが、攻撃技のレパートリーが乏しいため、高威力(最大70)且つタイプが氷や草の「めざめるパワー」を粘り地面タイプやドラゴンタイプに対抗するプレイヤーもいる。アニメでのサンダースポケモン検定試験で、試験官のポケモンとして登場。サトシはアーボックを使ったが、巻きついた時にとげとげの体が刺さってしまった。ポケモンカードでのサンダースイー

映画「天皇伝説」の渡辺監督を書類送検 無断でポスター掲示で略式命令(産経新聞)
菅氏発案「平日にデートができる財務省に」(読売新聞)
暫定税率、ガソリン価格が3か月連続160円超で課税停止(レスポンス)
「いのちの塔」散り急ぎ? 花博シンボル、3月末で営業休止 鶴見緑地(産経新聞)
熊本の自宅立てこもり男を逮捕(産経新聞)
AD