2006年6月、名古屋市中村区の民家が火災で崩落し、消火作業中だった同市消防局の消防士長太田英伸さん=当時(27)=が死亡したのは、安全配慮を怠ったのが原因として、両親が名古屋市を相手に計5000万円の損害賠償を求めた訴訟の判決が24日、名古屋地裁であり、多見谷寿郎裁判長は「事故は予見でき、作業をさせるべきではなかった」と述べ、市の責任を認めた。一方、公的給付金が既に支払われ、損害は補てんされているとして、請求は棄却した。 

【関連ニュース】
民家火災、焼け跡に2遺体=高齢夫婦か
死亡の男を書類送検=自宅に放火、一家4人死亡
「住宅」のまま用途変更せず=グループホーム火災
民家火災で2人死亡=48歳男性と84歳祖母か
民家火災で3人死傷=2階から遺体、10代の息子か

警官のネクタイ引っ張り抵抗、女性米兵逮捕(読売新聞)
「PLANET-C」チームの肩に乗る、手作りあかつきが欲しい件
佐用豪雨、小学校で修了式 唯人君追悼、不明の文太君の発見願う (産経新聞)
<九州新幹線>締結式 青森-鹿児島つながるレール(毎日新聞)
全国的に暴風や高波、あす夕方にかけ大荒れ(読売新聞)
AD