衆院拉致問題特別委員会は16日午後、北朝鮮による拉致被害者への給付金の支給期間を5年間延長する拉致被害者支援法改正案を全会一致で可決した。週内にも衆院を通過する見通し。
 日本永住を決めた拉致被害者は同法に基づき、2005年4月から給付金の支給を受けているが、今年3月に支給が打ち切られるため、被害者らが延長を求めていた。 

【関連ニュース】
【特集】緊迫!朝鮮半島~金総書記、精神不安定?~
【特集】話題騒然 ファーストレディー
〔写真特集〕日本人拉致事件
〔写真特集〕若き日の金正日氏~知られざる素顔~
米国務次官補が訪日中止=「タイ混乱で取りやめ」と説明

前原国交相、小沢氏の辞任望ましいと示唆?(読売新聞)
マンホール清掃中に男性2人倒れ、重体 埼玉・日高市(産経新聞)
小沢氏、普天間移設は政府決定見守る考え(産経新聞)
陛下、東ティモール大統領と会見(時事通信)
武士の給与明細、文化財に…名張藤堂家家臣あて(読売新聞)
AD