Mon, February 09, 2015

十日町高校に行ってきました!

テーマ:練習会報告


日時 : 2月6日(金) 17:00~18:30

    : 2月7日(土) 9:00~17:00

    : 2月8日(日) 9:00~17:00

場所 : 十日町市総合体育館(6日)

    : 十日町市松代総合体育館(7・8日)


昨年の10月以以来、今年初めて単独実施という形で十日町高校に行ってきました。

帰りの時間ギリギリまでの練習と、私の健忘症で集合写真をまた撮り忘れてしまいました。

(誠に申し訳ございません!)


いつも十日町高校の練習会では猪俣監督の教え子(長岡商業時代)さん達がたくさん集まってくれてお手伝いや練習に参加してくれ盛り上げてくれます。本当に素晴らしいことだと思いますし、嬉しいですし、楽しみでもあります。

やはり人が集うところにはそれなりの理由があるのです。


今回ご参加いただいた方々 

6日小林先生、

6・8日:五十嵐さん

6日~8日:水沢先生

7日:新倉さん

8日:倉部さん、大野さん、横田さん、



6日 東京から十日町まで移動

練習開始までの時間を利用して猪俣監督と情報交換。

今回の練習会のテーマも明確になり、体育館へ移動。

既にアップも終え、練習が始まっていました。

夕方からの僅かな時間でしたので、ストロークを集中練習しました。


ラケットの握りのチェック:小指の位置:なぜそこか?

                人差し指の位置:なぜそうするのか?

                手のひら:どこにどうに力を入れるのか?

6日の夜の食事会&懇談会

メンバー:猪俣監督・水沢先生・小林先生・五十嵐さん

テーマ:本日の練習の復習、

     生徒にテニス以外に何を指導するか

     社会に出て働くということ

     監督としても信念を持つべき

     ソフトテニスの発展に必要なこと(アンダー制度などについて)

アッという間の4時間半で、そのままの勢いで場所を変えて2次会へ。

2次会が終了したのはすっかり日付も変わった時刻でした。お疲れ様でした!


7日 柏崎から十日町へ移動

20150209-1

         (練習前のアップ)


昨日のストロークの復習

特にラケットスウィング軌道と指の使い方、

ボールを真直ぐ捉えるとはどういうことかなどを説明


後衛

クロス・逆クロスの位置からの4本ストローク

上げボールはクロス・ストレートと2本ずつ交互に出す

1本目はボールが来た方向に、2本目はコースを変えて


次にクロス・逆クロスの位置交代しっかりフットワークを使い、

右足をしっかり外に踏ん張り、打球後、体がコートの中になるように使うこと

逆クロスは腰をしっかり切って遅れないように早めにテイクバックをすること

後の足(右危機は右足)を早く外に踏ん張り、フォアと同じように体が中になるように使うこと


前衛

クロス・逆クロスの位置からの2本ストローク

上げボールはクロス・逆クロストからそれぞれ2本

1本目はボールが来た方向に、

2本目はクロスはコースを変えてロビング、逆クロスはセンターへ

次にクロス・逆クロスの位置交代

ロビングは高さとコース、回転を考えて、ラケットの最後は広い方に使うこと


20150209-6


20150209-4


前衛

ボレー練習

フォアボレー(クロス・ストレート)

硬式のボレーのとり方から学ぶこと

ラケットフェースの終わり方

グリップの握り方・力の入れ方

ラケットと体のラインを大切にする


バックボレー(ストレート・逆クロス)

硬式のボレーのとり方から学ぶこと

ラケットフェースの終わり方

グリップの握り方・力の入れ方

ラケットと体のラインを大切にする

肩の前でボールを捉えること


連続プレー

ストレートバックボレー+フォアボレー+スマッシュ

ストレートフォアボレー+バックボレー+スマッシュ

リズムを大切にし、頭の上下動を極力少なく、体を切ること


サービスレシーブ練習・ゲーム形式


20150209-7

     (サービスレシーブ練習)

20150209-3
     (サービスレシーブ練習)


7日の夜の食事会&懇談会

メンバー:猪俣監督・水沢先生・倉部さん、新倉さん

テーマ:本日の練習の復習、

     昨日に継続テーマ

    今後の生徒さんの育て方


8日 柏崎から十日町へ移動


後衛

ストローク練習4本打ち

トップ打ち練習

ボール軌道から逆に考えるラケットの軌道のあり方

肘を上げることでテイクバックのラケットの位置が上がる

脇を占めて肘を絞る

顔より前に打点をとる

打点が高くなるにつれて打点は前になる

腕とラケットは極力真直ぐにすることなど


前衛

ローボレー練習

ストレートからストレート(左右交代)

クロスからクロス、逆クロスから逆クロス

遅れてはいけない方(クロスはフォア・逆九ロスはバック)

また打たれては困るところを待つこと


ゲームにおけるフォーメーション

前衛レシーブ時の後衛のポジションと下がり方

何を考えて待つのか、どう下がればよいか

それはなぜか、どう下がればフォアが打てるのか


全ての練習のラストはノーミス!

出来なければ全体でジャンプ練習!!

これが相当きついようでヘロヘロでした!

これをやると全員が一つになり、大きな声出しができてきます。


ゲーム練習

猪俣監督の教え子さんが来てくださったこともあり、ゲーム練習がビッチリ。

練習でできてもなかなか本番では・・・。


また一緒にやりましょう!!




最後に私から皆さんへ


わかることとできることは違う。

最初からできる人なんてこの世にいない。

すぐにできないから面白いと思う。

できる人はどこかで必ず誰にも言わず努力をしている


好きだから一生懸命にやる。一生懸命にやるから負けたら悔しい。

負けると悔しいから練習をする。でも負ける。そしたらまたやる。

運よく勝てれば嬉しい。嬉しいからまたやる。

やはり、常に努力を忘れない。


小さなことができない人は決して大きなことはできない。

好きなことが一生懸命にやれない人は、社会に出て嫌なことがやれるはずがない。

そんな新人が先輩から可愛がってもらえるはずがない。


普段を大切にとはどういうことか

1日は24時間。これはみんな平等。

24時間のすべての時間がそれぞれ自分自身の普段である。

全て普段が出る。


できるかできないかではなく、

できるようになるまでやるか、やらないか。

自分はここまでの人間、とあきらめない。自分の可能性に蓋をしないこと。

常に限界は自分自身が作っている。

ぜひとも頑張って取り組んでほしい!!






【余談・雑感】


猪俣監督の周りにはこうして一生懸命に頑張っている高校生を支援してくれる先輩達がたくさんいる。ただ単にソフトテニスの顧問であるだけならこの環境はできていないと思う。それはソフトテニスを通じて競技力向上はもとより、今の高校生に一番大切なこと(礼儀・作法・思いやり・愛情・協力・感謝など)を徹底して指導されているからではないだろうか。それが身についているからであろう。先輩たちもテニスが好きだし、恩返しのつもりではないだろうか。

私も大学のソフトテニスの監督として、微力ながら指導をしている者として猪俣監督が大切にされていることに大いに共感できる。だからご一緒できているのであるが。特に、我々は社会への最終出口、大学であるから余計にその役割や責任は重いと感じている。私も猪俣監督には大きな刺激をもらっている。ありがたい。


プロがあるからとかないからとか・・・環境は違うが、人間として社会人として大切にしていかなければならないものはあると思う。私は「汚らしい、不潔な人間が大嫌いである」誰が何と言おうとこれは譲れない。

近年のスポーツ報道を見ていて気分が悪くなることが多い。

「日本代表だの、○○ジャパンだのもてはやされ、注目されることは本人の努力の成果であるからそのことについては本当に素晴らしいと思う。ただ、忘れてはならないことは未来の日本を担う子供たちから「注目されている」という事実である。

これから日本代表やオリンピックを目指す、またそれを夢見ている子供たちがその選手を見ているのである。常にその子供たちにとって全てにおいて憧れの存在であってほしいと願う。

金髪・茶髪・長髪・ひげ・・・・なぜ、どうしてスポーツ選手に必要なのか?

私にはどうしても理解できない。

もちろん、見た目だけで人を判断してはいけないこともわかる。しかし、話をしなければどこで判断するのか?第一印象以外ないのではないだろうか。


本当かどうかはわからないが、ソフトテニスの世界でも見受けられるらしい。一流選手、日本代表とかと言われている人にいないことを願うし、いないだろうと思う。私の知る限り大学生の中にはたくさんいるが、所詮はその程度、気にもならないし、腹も立たないし、相手にもしない。当然、縁もゆかりもない他人であるし、好きにすればいいと思う。私には損もないし何の問題ない。


私のお世話になった偉大な恩師夫妻から

「身なりは人となり」

「どこかで誰かが必ず見ている」

「新しくなくてもいいから清潔な物を着て、不快感を与えない格好をしなさい」

「思いやりのない人間にならないように」

と指導されていたことを思い出します。

本当にありがたいご指導をいただけた私は幸せ者でしたし、いただいた教えは宝物です。

私もうちの学生には絶対に伝えていきたいと思っています。









AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

kazufusaさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります

コメント

[コメントをする]

コメント投稿

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。