自己満足の世界を発表してみる

テーマ:
またまたドイツ兵作成中
 
 
ロングコートにブーツというオシャレさんです。
 
作製にあたっては、こだわりをどれだけ詰め込むか?が楽しい部分です。写真に撮ってこうやってブログで発表しなければ、誰にも見られずに終わってしまう部分なんですけどね。
 
 
まずはいつものように袖下の中をホジホジしみる。腕(袖)の先端を棒じゃなくて、筒に見えるように加工するわけですね。
 
そしてコートの裾はエッジを丸くして、ふんわり感を出してみる。大戦当時は化学繊維などなくて、ウールのコートだったと思うんです。裾の処理でウール感が出せればなあと思います。
 
同時に、エリ部分は折り返した内側を掘り込んで、浮いてる感じというか二重になってるような立体感を出す。ポケットも同様に、ベロベロが上からふんわり被さっている感じに掘りこむ。
 
それとは逆に、中に着ているワイシャツの襟は、エッジを立たせて、パリッと糊が効いてる風に削る。
 
さらにその中のマフラーは、また、ふんわり丸みを付けてエッジを落とす。
 
各ベルト類はナイロンではなく、革でしょうから、使い込んだ感じにダメージ処理をイメージして削る。
 
靴はオシャレ感を出したいんで、あんまりくたびれた感じにせず、そこそこ履き崩した程度をイメージして削る。
 
イメージどおりに削れているかどうか?はまた別な話ですけどねー(^_^;)
 
 
 
 
 
AD