道路施設株式会社がおもしろい。Z

富山県の道路・駐車場トータルサポートは
道路施設株式会社まで!!の社員ブログです。

富山県富山市吉岡663


暇つぶしにどうぞ。

テーマ:
こんにちわ。
世の中規制規制という事で、なかなか本当におもしろいモノに出会う機会っていうのが少なくなった気になりますよね。かく言う私もこのブログ内では過激な発言、下品な発言は控えております。
だって、それはこのブログが富山県の道路施設株式会社っていう看板を背負っているわけですからね。

ただ、言える事は「規制があるからおもしろくない」というのはむしろ誤りであって、それはいいわけに過ぎない。ということなんです。
そりゃ、あんな事やこんな事を連呼すればおもしろいっていう場面で、涙を呑んで唇を噛みしめ握り拳を作るなんて事は日常茶飯事です。
しかし、私はそんなジレンマに陥る前にまずはお父さんに相談しよう。と、相談したところこんな良いアドバイスをもらったんですね。

「隠語を使うってのはどうだ」

これにはものすごく感動しました。そして、今まで「道路施設株式会社の看板に泥を塗る」という極めて硬派な理由から使えなかったNGワードを隠語化し、お蔵入りとなっていた数々のエピソードを披露できるじゃないか!と思ったんですね。
※以下【 】内は隠語である。

さかのぼる事10年前くらいなんですけどね、僕は友達とその友達の運転する車で二人、県外のスーパー銭湯を目指していたんです。
終始ふざけていた僕たちは僕が「少し休憩したいから次のコンビニに寄ってよ」とコンビニが見える度に言い、友達はその度に「りょぉーかいっ」と言って、100%通り過ぎる。
というコミュ二ケーションを図っていたんです。

そのうち何故か急に友達がふざけて加藤茶さんのくしゃみの真似をしたんです。

「フェッックションッ」

その瞬間

「ぶりゅっ」

という音とともに彼の顔が青ざめていったんですね。そして、彼は、先ほどのやり取りがまるで無かったかのように直近のコンビニへと無言でINしたわけです。

僕は瞬時に感じ取りました。

「こいつ【ティラミス】出ちまったな。」と。

窓は全開だったものの、車内には【ティラミス】の香りが広がったし、コンビニに着いて車を降りた彼の歩き方は明らかにぎこちなかったんです。
びっくりしたのは、コンビニを出た後に明らかにわざと犬の【ティラミス】を踏んだんです。
しかもその犬の【ティラミス】っていうのがまさに目の前でおじいさんが散歩していた年老いた柴犬のできたてホヤホヤな【ティラミス】なんです。
「うっわ。きったねー」なんて言いながら車に乗った彼はここで「あ。やっぱり言うか」って事を平然と言い放ったんですね。

「【ティラミス】くさっ!!」

・・・。
いやいやいや。
お前の【ティラミス】の匂いやからね。それ。
さっき踏んだ柴犬の【ティラミス】の匂いじゃなくて。それ加藤茶さんのくしゃみの真似をしたときに出たお前の【ティラミス】やからね。これ。
完っ全に人間の【ティラミス】の匂いやからね。

そう思いながら、無言の時間が過ぎていったわけなんですけど、そこは、車内二人きりなんでね。音楽かけながら徐々に気まずさも消えていくわけですよ。

ティラミス】の匂いとともに・・。

けどね、ちょいちょい彼は僕の頭の中から【ティラミス】を消しにかかってくるんですね。もうね、必死なんですよ。逆にそれが僕の【ティラミス】に対する意識を強くさせてしまうんです。
僕の【ティラミス】魂に火がついてしまうんです。

進行方向右手にカレー屋coco壱が見えてきただけで
食い気味で進行方向左手のワシントン靴店の話してきたりするんです。
僕も負けじと靴つながりでさっき踏んだ犬の【ティラミス】の話に持っていくんですよ。そんな攻防が続く中で彼が「安いけどまずい店」と「旨いけど高い店」どっち派?みたいな、街中アンケート調の質問をしてきたんですね。
さっき【ティラミス】もらしたくせに。
もっと言えば【ティラミス】もらした後【ティラミス】踏んだくせに。ですよ。
もうね、僕頭にきたんでニヤニヤしながらこう聞き返してやったんです。

「確かにいい質問だね。僕のその質問に対する答えは「安いけどまずい店」となる。
そこで。だ。
そこで、逆に僕は君に聞きたい。
ズバリその安い店のメニューにある
カレー味の【ティラミス】と【ティラミス】味のカレー
どっち食う?」

って。

そしたら彼は顔を赤らめてプルプルと震えだしキレてきたんです。
さっきコンビニに入る前に【ティラミス】をもらしたこと。そして【ティラミス】のついたパンツをコンビニのトイレに流したこと。朝食べたとうもろこし入りの【ティラミス】だったこと。犬の【ティラミス】をわざと踏んだこと。

すべてを赤裸々に告白した後に

「じゃ、なにか?おれの【ティラミス】は犬の【ティラミス】より下なのか?俺の車の中で俺の【ティラミス】の匂いがしたらダメで、通りすがりの犬の【ティラミス】ならアリだってのか?」

ぶち逆キレなんすよ。

さらに
「だいたい【ティラミス】なんて生活の中で当たり前だしそんな危険なものじゃない。そうだろ?学校に朝イチの【ティラミス】をちょっとだけ緑色のケースに入れて持っていく事だってあっただろう?じゃ何か?あれは【ティラミス】のおすそわけか?【ティラミス】が危険ならそんな危険なもの小学生にランドセルで背負わせないよ。絶対。【ティラミス】を持ってきてはならないっていう校則聞いた事ねーし。」

こ、こいつ、必死じゃないか・・・

ふと冷静になった僕は【ティラミス】に対して熱くなりすぎたな。と思ったんです。
と同時に、ただでさえ想定外に【ティラミス】を放出してしまい焦ったはずなのに。そんな彼を何もフォローできなかった自分は本当に

ティラミス】野郎だな。

って思ったんです。

いや。待てよ。
ティラミス】もらした後【ティラミス】踏んだこいつももちろん

ティラミス】野郎じゃないか。

同じ【ティラミス】同士。仲良くせねば。と思い僕はとっさに

「【ティラミス】だけに水に流そうよ」


と、巧い事言って車内にまた明るい笑い声が響き渡る頃、ちょうど目的地に到着したんです。

もちろんスーパー銭湯に着いた僕はどこに【ティラミス】ついてるか分からん奴と一緒の風呂なんて入れなかったんで外で待ってましたけどね。

・・・・・

結論なんですけどね。
普段つかいづらい言葉を隠語にしてつかったらね。
今回なんて特にね。
隠された言葉っていうよりも隠すために使われた「ティラミス」に対しての不信感が募るだけだわ。
「ティラミス」ごめん。
「ティラミス」は何も悪くない。
悪いのは全部【ティラミス】なのだから・・・・


あ。ぜんぜん関係ないけど最近読んでいるのは
「ゴールドカラー」っていう本です。職種をブルーカラー・ホワイトカラーと分類していた時代の本です。
まだ全然読んでません。表紙しか読んでません。
さーせん。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
こんにちは
道路施設株式会社一のマッスル男です。

早速ですが僕の携帯電話ってスライド型のガラケ―じゃないですかね。
P5110428.JPG
ご覧のとおり画面が上下にスライドして
秘密のボタンが見え隠れする仕様じゃないですかね。

で、冒頭でもアピったんですけど
僕マッスルじゃないですかね。
そうなってくると決まって指筋(ゆびきん)も相当なわけじゃないですかね。
相当ゴンゴンですからね。
みなさんもご存じのとおり指相撲界ではウルフって呼ばれてるじゃないですかね。

「ナイスっ」って時に親指立ててたら上昇気流発生するじゃないですかね。
相当ゴリゴリですからね。

ま、そんなこんなでシュッてやったらズルって行っちゃったんすよ。

こんな感じでオーバーランしたんですよ。

P5110429.JPG

オフサーーイッ
(オフサイド)
ってゴンゴンの上腕二頭筋高らかにあげて叫んだんですが時すでに遅しでしたね。

ここまでだったら普通に携帯屋さん行けば住む話じゃないですか。
だけど普通の人と違うのは、僕が激しくマッスルだった。って事じゃないですか。




見てくださいよ。









P5110430.JPG


完全に。





いや。



完璧に
ネプチューンマンにマスク狩りされたヤツじゃないですか。これ。

※ネプチューンマンが完璧(パーフェクト)超人だけにね!


僕の中指(お兄さん指)と薬指(おねえさん指)でおりなすマッスルブラザーズもガタガタ震えましたね。

僕の中にいるロビンに至ってはネプチューマンに対して終始「お前は喧嘩マンだ」言うて聞きませんでしたよ。

もうね、あんまりロビンがしつこくてね、ネプチューンマンも思わず

「なん度もいうようにわたしは喧嘩男(ケンカマン)などという名前はしらん!ただし、おまえがどうしてもその喧嘩男(ケンカマン)とわたしを同一人物にしたいのなら、リング上で強引にそれを認めさせてみな!」

って言うじゃないですかね。

……

僕ね、マッスルなのは一旦置いておいて、思ったんですよ。
全身ムッキムキな事抜きにして思ったっていうか、気がついたんですよ。
気がついたっていうよりむしろ思い出したんですよ。
筋肉だらけの脳みそで。

「お前は毎回毎回そうやって言う。俺は毎回毎回そうじゃないって言う。そのやりとりもいらないんじゃないかって話も何回もした。それでもお前はそう言う」出典:ビックダディ名言集より


ネプチューンマンって喧嘩マンじゃなくてビックダディなんじゃないか。


という事で、このG.Wに読破したのは
ゆでたまご先生の不朽の名作「キン肉マン」です。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

テーマ:
こんばんは。
道路施設株式会社の営業部に配属になりはや20日間が経った昨晩。4月21日の事です。
僕はふと思ったのです。

「営業とはなにか」

調べた所まず目に飛び込んできた文言は一般的に営業とは営利を目的とした業務であり……

「ほほう。なるほどな。」

と僕は思いました。確かにそうだ。とも思いました。そしてここからは新人営業マン特有の展開なのですが

「それじゃあ営利を目的として行う業務内容とは何なのか」

と、とっさに思ってしまうのです。

そして案の定、新人営業マン特有の結論に至るわけなのですが、営利を目的とした業務とは「モノを売る」という事ではもちろん無いわけで、「サービスを展開」する。という事になってくるわけです。営利という単語の中にも利潤と同じ割合で「お客様を満足させる事が出来た歓び」という歓喜の要素が含まれてくるのですが、ここから

「では、具体的にそれはどういう事なんだ?」

と発展していくわけです。

ここからは道路施設株式会社の大型新人らしさ(以下:らしさ)が発揮されるんですが、とにかく歓喜・サービスという点ですぐに実践できることを考えたんです。出した答えは

サプライズ

分かりますよね?サービスといえばサプライズ。サプライズとくればやはり

サプライズ・バースデイ・パーリー(パーティ)

しかないわけです。しかしこれほど一般社会に普及したサービスはありません。他社と同じサービスを提供するという事は、むしろ「サービスを提供した」とは言えないという持論がありますので僕は、覚悟を決めてコンビニエンスストアのATMへ走るのです。何かと物入りなこの季節、残高はもちろん13000円です。こんな時間にお金をおろせるというサービスに感謝しつつ5000円をおろします。残高は8000円です。給料を頂いてからわずか10日でです。らしさが出てきました。

そして、時刻は19時半。巷のケーキ屋さんは19時をもって閉店の中、20時まで営業するというすさまじいサービスを展開するシャトレーゼさんへダッシュするわけです。

もちろんこの時間、ケーキ購入客を独占しているこのお店には7~8人の先客が。

僕は、ショーケースを前に品定めをしている先客を差し置いて15㎝のホールケーキを即効注文しました。
ホールケーキを買っただけで店員さんは「おめでとうございます。お誕生日ですか?」と優しく訪ねてくれました。僕的にはもうこの接客サービスに2000円払っても良いと思えるほどの満足度です。
小刻みにうなずきながら、「はい」と返事をした僕はチョコレートに名前を入れるサービスを受ける事になるのですが、ここでまた「らしさ」を発揮します。

「「ヨネスケ」でお願いします」

もう、知名度からいって確実にヨネスケといえば、突撃!隣の晩ごはんじゃないですか。さっきまでケーキ選んでたお客さんもこっち見るじゃないですか。なんなら奥のレジの人若干笑ってたじゃないですか。なのに

「どういった漢字をお書きになられますかね?」

という冷静さを保つというサービスに対し
「お米の米に、松坂大輔の輔です」言いそうになりかけたのをグっとこらえ

「もちろんカタカナです」
言いました。
そして「ヨネスケ」と書かれたチョコプレートの実物を見せられ
「こちらでよろしかったでしょうか?」としっかり確認をしてくれました。
そこには確かに「HappyBarthdayヨネスケ」と記されており、思わず僕は
「ありがとうございます」と言いました。
しかし次の質問
「おいくつになられます?ろうそくどうなされますか?」

もう僕は頭が真っ白になった挙句

「…35?」

聞いてしまいました。

サービスで太っいろうそく3本と細っいろうそく5本つけてくれました。


後に分かったことなのですが、ヨネスケさんの誕生日は実際4月15日だったわけでして
4月15日で67歳になられておったわけでして

全然4月21日ハッピーでもバースデーでも35歳でもない。という。

まぁ。平日にホールケーキ登場するわけですからお誕生日会は抜群の盛り上がりを見せましたけどね。

こうしてヨネスケ誕生日会は終わったのですが
祭りの後のわびしさと言いますでしょうか、散らかったクラッカーの破片を拾い集めながら僕は、我に返りました。
そして一日を振り返りました。

何の変哲もないド平日に会ったこともない人の誕生日を1週間遅れで、生活費を削って祝う。

サプライズ以外の何物でもない。

誰の為でもない。


そんなの


サービスでもなんでもない


もうこんな馬鹿な事は辞めるってよ。
と、いう事で最近読んだ本はこれです。

朝井リョウさんの


「世界地図の下書き」です。


うん。
部活辞めるやつじゃないタイプの方かよ!って思った人にはサプライズ。
AD
いいね!した人  |  コメント(3)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇