サンタクロース

テーマ:

お世話になっております。富山県、道路施設株式会社です。早いもので明日から12月。プロのサンタクロースや最近では趣味でサンタクロースやってる人も多いと思います。もちろん我々はプロの建設業界人でありながら社会人1部リーグに所属するサンタクロースでもある訳でして、特に忙しい年末にブログ更新は困難と判断した為、とにかく気が早いですが2016年を振り返りながらサンタクロースについて語らせて頂きたいと思います。

 

サンタクロースは世界中誰の心の中にでも存在しているわけでして、それと同時にそんなサンタクロースになるという事はとても困難な事のように思います。

しかし!もしも、そんなサンタクロースになれるチャンスが訪れたとしたならば…。僕は、1年のうち1月から11月までずっとそんな事を考えて過ごしています。

 

きっと、試験は3次まであるんだろう。

 

集団面接どんな感じだろうか~

 

――――――――――――――――-

「失礼します。」

ライバルA「失礼します。」

ライバルB「失礼します。」

面接サンタ「どうぞ。座って下さい。」

 

「失礼します。」

ライバルA「失礼します。」

ライバルB「失礼します。」

 

面接サンタ「みなさん本日は宜しくお願いします。それでは左の方から順に私の質問に答えてください。」

 

面接サンタ君の名は。?」

 

「はい。道路施設 太郎です。」

ライバルA「はい。ビック・ダディです。」

ライバルB「天津 飯です。」

 

僕は、思わず二度見した。

 

面接サンタ「それではみなさんが思う「サンタクロース」とは?簡潔にお願いします。」

「はい。私にとってサンタクロースというものは、職業ではなく感情です。」

面接サンタ「ほぉおもしろいですね…それでは聞きますが感情というのは?」

「はい。私にとってサンタクロースというものは、他人を思いやる気持ちでありそんな人間の素敵な感情の塊を具現化したものだと思っているからです。」

面接サンタ「…なるほど。ありがとうございます。では、次」

ビックダディ「サンタクロースなんていないと思います!」

 

僕は、思わず二度見した。

 

面接サンタ「ほぉおもしろいですね…それでは聞きますが何故サンタクロースはいないとおもうのですか?」

ビックダディ「普通じゃないよ うん 普通じゃない!それはもう普通じゃない普通なわけがない!普通そんなわけは無い」

面接サンタ「…な、何を言い出すんだ君は!?」

ビックダディ「だけどもダメって言うんならダメなんだろう 俺はそう思ってない俺はそう思ってないけど お前は常にそうやって言う」

面接サンタ「わ、私は君の考えを否定などしていない。しかし、そうやってすぐに熱くなる性格ではなかなか難しいのでは!?」

ビックダディ「そう思ったのならそうしろ!そう思ったのならそうしろってまで俺はもう言う」

面接サンタ「わ、分かった。つ、次だ、次の方!」

ビックダディ「お前は毎回毎回そうやって言う。俺は毎回毎回そうじゃないって言う。そのやりとりもいらないんじゃないかって話も何回もした。それでもお前はそう言う。」

面接サンタ「も、もういい。つ、次だ、次の方!」

 

天津飯「俺は桃白白さんのような殺し屋になるんだ」

 

僕は、思わず二度見した。

 

面接サンタ「も、もういい。つ、次だ、次の質問だ!お前たちトナカイの言語はどのくらい理解できているんだ!?」

「はい。日常会話は分かります。基本的に彼らとは言語だけでなく信頼関係で会話をするものだと考えておりますし、実際実家に1匹トナカイを飼っており、分かり合えております。」

ビックダディ「できない!俺はもうできない諦めた もう無理!諦めた」

天津飯「俺は修行する 自分の可能性を試したい」

ビックダディ「おまえはいつもすぐにそう言うけれど、オレはいつもそういう風には思わない。 だけど、だけどおまえがそう言うならそうすればいい。」

 

天津飯「新気功砲!」

 

面接サンタ「やめなさい。君たち場をわきまえるんだ。君たちの行動は違法ではないが不適切だ。

ところで、ここに3人いるが、履歴書が1枚しかない。何か理由があるのですか!?

ビックダディ「履歴書っていうところまでは頭回らなかったすね」

天津飯「餃子は置いてきた ハッキリ言ってこの戦いにはついてこれそうもない」

 

僕は、思わず二度見した。

 

面接サンタ「天津さん。私は履歴書の話をしていて餃子の話なんてしていませんよ」

天津飯「餃子は僕のアモーレなんです

 

僕は、思わず二度見した。

 

面接サンタ「も、もういい。つ、次だ、次が最後の質問だ!もし、この試験に合格したとして、あなたの目標は何ですか?これで最後だ!」

 

僕は思った。この面接は頂いたな…こんなメンバーと集団面接だなんて今日の俺はマジで神ってる。

「はい。トナカイと一心同体となりタカマツペアのように世界中の人に感動を与えられる存在になりたいです!」

面接サンタ「…次。」

ビックダディ「トナカイの運転中に絶対にポケモンGOはしません!」

面接サンタ「うむ…大事だな。確かに!」

 

僕は、面接サンタのリアクションに思わず二度見した。

 

天津飯「新気功砲!新気功砲!新気功砲!」

面接サンタ「…。そう来たか…。ではこちらからも行かせてもらいますよ!喰らえ!

センテンススプリング-!(文春砲!)

 

そう言い放ちカメハメ波のポーズをとった面接サンタは急に俯き、笑い始めた

 

面接サンタ「クックック…」

 

面接サンタ「はっはっはっ-!!君たちみんな合格だ。」

その刹那、面接室の扉が開きリオデジャネイロから来たっぽいカッコのお姉さんとおそらく現役サンタクロースであろう先輩方がサンバのリズムに合わせて入ってきた。

先輩サンタ「ハッピークリスマス!イエーイ君も君も君も!今日からサンタクロースだ!」

 

突然入社式を兼ねた立食パーティがはじまり僕はいつも以上にお酒を飲んだ。

 

そしてふらふらになりながら帰り道、僕は思ったのだ。

 

誰にだってサンタクロースはやってくるんだ。

誰だってサンタクロースになれるんだ。

 

そして

 

 

 

こんなサンタクロースになるシステムがあったらものすごく嫌だな。と

 

 

AD

奇跡

テーマ:

お世話になっております。

富山県にあります道路施設株式会社です。

 

最近、とんでもない感動を体験しましたので「これは映画化されても全然不思議じゃないぞ。」と思い、角川春樹小説賞に応募しようか真剣に悩んだのですが、一瞬でも早く世に送り出したい。いや、送り出すべきだ。という使命感から、とりあえずまぁ書くことにしました。

 

キンモクセイの香りが漂い始めた10月2日。

この日は、小学校の運動会と地区の住民運動会が一つとなる大運動会の日でした。当初天気予報では曇りのち雨という非常にもどかしい状況でしたが当日は雲一つない青空。しかし、僕の頭の中はまさに曇りのち雨。

 

なぜなら僕の携帯電話が見当たらないのです。

早朝、知人からのメールを確認したのを最後に忽然と姿を消したのです。

 

この動揺は僕の行動に顕著にあらわれ、住民運動会の「二人一組で手をつなぎ、コップに入れた水を運びペットボトルを満タンにしていくリレー」では、完全に手が震え、ペットボトルに入れる前にコップの水はほとんど残っていない、ろくでもないレースになってしまったのです。

 

「こんな事じゃだめだ!!」

 

僕は、携帯電話の紛失ごときで、地区の皆さんに迷惑をかけている・・そう感じ、思い切った行動にでたのです。それは「携帯電話を失くした事を完璧に忘れる」というものです。

もう完全に忘れましたからね。どんな機種だったかも、電話番号も、僕完全に忘れましたからね。そこからは応援など自分の出ない種目にも積極的に声を出して、しかもこれが地区の優勝という形で終わるという胸熱なパターンになったんですよ。

もう、最高に盛り上がった運動会でしたね。

 

そして翌10月3日月曜日は元気に出勤し、清々しい一週間の始まりを迎える事が出来ました。

10月4日火曜日。この日は燃えるごみの日なのですが、僕のルーティーンで「通勤時に持って行くゴミ袋は車の上に置いて運ぶ。」というモノがあるんですね。んで、これは自慢じゃないんですが過去に2回積んだまま出し忘れて会社到着した経歴持ってますからね。しかも会社着いても全然気がついてなくてカラスに車の上のゴミ荒らされた事件起こしていますからね。駐車場にゴミ散乱してこっぴどく叱られた事ありますからね。「んもう、そこはカラスを叱って!」って思ってましたからね当時。

ま、そんなこんなでこの日も例に外れずゴミ袋を車の上に積もうとしたんです。

 

 

車の上に携帯載ってましたからね。

丸二日間。

 

完璧に携帯電話の存在を忘れていた僕は、見つかった歓びというよりもむしろ

 

「携帯拾った」に近い感情でした。

 

んで、もうめっきり夜は寒いじゃないですかね。昔、乾電池を冷蔵庫で保管したら寿命伸びる的な都市伝説思い出したんですけど、2日間車から落ちもせず、発見したとき電池90%くらい残ってたんですよ。むしろ電池残量増えたんじゃないかと今でも思ってます。で、何が奇跡かって

 

 

丸二日間でメッセージR1件以外に何のアクションも起きていなかった

 

って事なんですよ。

 

 

 

 

 

AD

立山線ゲーム イエー

テーマ:

アタペディア


立山線ゲーム


―――――――――――――――――――――――――――――-
立山線ゲーム(たてやませんゲーム)あるいは古今東西(ここんとうざい)とは、宴会コンパの席で多人数で行うゲームの1つ。主に場の雰囲気を盛り上げるために行われる。

「立山線ゲーム」という名前は、お題として「富山地方鉄道立山線の駅名」がよく使われたことに由来する。一方「古今東西」の名前は、「世の中のこと全て」を意味する四字熟語に由来する。

ルールが容易であることから、テレビ(主にバラエティ番組)やラジオ番組のコーナーとしてしばしば取り入れられている。

ルール[編集]

「お題」として1つのテーマを定め、そのお題に沿った解答を参加者が順番に解答していく。「お題」は誰にもいくつか答えが思いつくもので、正誤の判定が容易に可能なもの(「富山県の名前」「一週間曜日の名前」道路施設株式会社従業員の名前」など)で、一度出た答えは再び答えとして使うことは出来ない。答えが全て出つくすと終了となるが、通常は同じ答えを2回言ったり、途中で解答を言えなくなったり、テーマに合わない誤答をした者が敗者となる。敗者に対してはしばしば罰ゲームが行われる。


これは、県外で流行らせるべきゲームじゃないか。

じゃ、行きますね。


僕「立山線ゲ~ム」

皆さん「イエ~」

僕「立山線の駅名」

皆さん「イエ~」

♪手拍子♪

僕「はいッはいッ


釜ヶ淵。







うん。




立山線ゲーム
(たてやませんゲーム)あるいは古今東西(ここんとうざい)とは、宴会コンパの席で多人数で行うゲームの1つ。主に場の雰囲気を盛り上げるために行われる。




宴会コンパの席で多人数で行うゲームの1つ。主に場の雰囲気を盛り上げるために行われる。



主に場の雰囲気を盛り上げるために行われる。


アタペディア 今後も注目していきたいと思います。

AD