道路施設株式会社がおもしろい。Z

富山県の道路・駐車場トータルサポートは
道路施設株式会社まで!!の社員ブログです。

富山県富山市吉岡663


暇つぶしにどうぞ。

テーマ:
こんにちは。
道路施設.J.株式会社です。

早速ですが、ついに出ましたね。
ホバーボード。
正直、僕個人的には非常に残念な思いでいっぱいです。

何故なら、レクサスさんに直接言うべき事なのかも分からないのですが
ホバーボードよりも

先ず

タイムサーキット搭載のDMC-12みたいの作って欲しかった。


映画バックトゥザフューチャーシリーズは、僕も大好きな話なんですが
マーティ達は、映画の中で2015年にも来ているんですよね。
んで、あの映画で描かれていた2015年っていうのが
タブレット持ってたり、超薄型テレビがあったり、テレビ電話してたりとにかく
当時1985年ではありえないような、ザ・未来っていう生活なんです。
1985年ですよ?
僕なんて、お兄ちゃんのお馬さんの上に乗ってて落ちた拍子にタンスの角で額パッカーンイッてた時ですからね。富山のアブドーラ・ザ・ブッチャー言われてた頃ですからね。

そして実際の2015年は確かにそんな当時でいうザ・未来という世界が日常にたくさんあるんですよ。

今現在ある日常そのものが
当時未来を思い描いた「想像力」の素晴らしさと
日々、科学の進歩に絶え間ない努力を重ねた「創造力」の素晴らしさ
から成る奇跡の結晶であることは間違いないと思います。

そこで僕は考えてみたのです。
「今、未来という単語で思い描ける世界とは…」という事なんです。
残念ながら、僕の頭に浮かぶのは何十年も何百年も前から人類が想像してきたであろう「ザ・未来」という世界しか思い浮かびません。
車が空を飛んでいたり、宙に浮いたカプセル型の動く椅子に座っていたり。

違うと思うんですね。

今、僕たちが思い描くべきザ・未来っていうのは。

例えばこれから人類の進化とともに言語が変わっていくかもしれないわけで、そもそも言葉を発するという概念自体も淘汰されていくのかもしれません。言葉があるから人は嘘をついたり、傷つけ合ったりすると思うんですね。で、結局言葉なんていらないという域に達するわけで、電話というもの自体必要が無くなってしまうという状態です。薄い軽いという以前に、何のためにあるのだろうか?という感じですね。
しかし、そこに行きつくまでの過程である程度共通の言語がおそらく新たに誕生するわけです。さらに、その言語というのには今の言語の概念は存在しないわけで、一つの言葉にすべての情報が集約されているわけなんです。波数などの微妙な違いで表現していくわけなんですが分かりやすく言えばイントネーションや声の大小で意味合いが違うような感じです。

そこで今考えられる使用言語。
それが

デロリア~ン
なわけなんですね。残念ながら。


「デロリア-ン」
「デロリア~ン」
「デロリアーーン」
※訳
「それ、取ってもらっていい?」
「よいしょ。はいよ。気をつけなよ」
「ありがと」


みたいな感じになる訳じゃないですか。

レクサスさんが、もしもレクサスさんがタイムサーキット搭載の車発表してれば
「レクサス」
「レクサスっ」
「レクサス」
※訳
「それ、取ってもらっていい?」
「よいしょ。はいよ。気をつけなよ」
「ありがと」





ほら。

なんか、シュッとしてていいじゃないですか。



スーツ似合いそうな感じでこっちの方がいいじゃないですか。

なんか未来っぽいじゃないですか。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
みなさん。こんにちは。
半袖・半ズボンで作業する事は、危険を伴いますので絶対にやめましょう。
※道路の区画線はなんと180℃~220℃という高温の材料で線を引いているんですよ。
道路施設株式会社です。

先日私は、所謂「短パン男子」に扮しクワガタを採取しに出かけました。

結論から言います。
短パン男子はキモくないです。


さて、クワガタを取りに行きましたので案の定、両足がズタズタになりました。
虫に食われ、草木で切り、血と汗と泥にまみれた私の右足は私に向かってこう言いました。
「なぁご主人さんよ。俺たちはこんな傷だらけになるためにあんたの下っ端で働いているわけじゃないんだよ。」
左足はうつむき泣いています。
私は必死に両足をなだめようと
「ち、違うんだ。少し前に男の子が膝から上丈のショートパンツを履くことが若者のステータスになっているんだ。俺はお前たちに少しでも…」

先ほどまで泣いていた左足が顔をあげました。
「ステータス?馬鹿にしないでよ。」

先ほどまで興奮を抑えきれない様子だった右足が冷静に
「もういいっ。それ以上言うな。それ以上…」
右足に抑制された事によってそれはバネのように左足の感情を激しく震わせる作用を果たします。
「あのね。男子が短パンなんて履くから私たちはキモいだとかダサいだとか言われてるんでしょ」
右足は左足を抑えきれないと悟ったようだ。
「もういいっ。もういいじゃないか…」

両足とも、脱ぎ捨てられた靴下のように先ほどまでの立体感とほのかな熱量を維持したガランドウという表現しかあてはまらない状態だった。

私はまず右足の太ももを思い切り叩きました。
「目を覚ませ」
そして左足の裏ももを思い切りつねりました。
「目を覚ませ」

「いいか。なぜ短パン男子が増えたのか。それをお前たちは考えた事があるのか?お前たちが気にしているダサいとかキモいなんて言いたいブスどもに言わせておけばいいんだ。きっと、男子の足が思ったより美脚なもんだからひがんでるんだ。ブスどもがひがんでいるのだ。そうだ。お前たちは胸を張るべきなのだ」

「ブスって…」
「世の中の女性を敵にまわしてますわ」

両足が少しほほえみを取り戻したので私は続けました。

「ところで、どうして短パン男子が増えたのか。だが、気候だ。単純に暑いから短いズボンを求める。これは極めて自然な現象だし、そもそも所謂短パン男子と言われるスタイルは古くから確立されていたし人口比率的にもそこまで希少ではなかったはずだ。情報が溢れているから、世の中に短パン男子しかいない。みたいな錯覚なのだ。家でゴキブリ2匹見つけたら、もうそれはそれはとんでもない数量のそれが家の中にいると錯覚するのと同じ感覚なわけだ。だからお前たち本当は全然キモくないんだ。もちろん俺だってキモくない。全然キモくなんてないんだよ!さぁ、手を挙げ声高らかに叫ぼう!短パン男子はキモくない!」
「キモくない!」
「キモくない!」

「キモくないSAYっ」
「キモくない!」
「キモくない!」

「キモくないSAYっ」
「キモくない!」
「キモくない!」

両足と私は5分ほど叫び続けた。

「それにしてもゴキブリって」
「例えが悪いのよ」
「ははははは」

雨が降り出す前よりも雨が上がった後の空の方が心地よいというように、両足と僕の間に不思議なのに心地よい。と言った笑いが生まれた。

まるで大空にかかる七色の虹のように。

やっぱり、短パン男子は「キモい」という誤情報に惑わされてはいけない。
そう思っていた矢先

通りすがりの人が真顔で言ったんですね。

「両足と会話とかマジキモい」


もうね。対象がそっちで安心しました。





AD
いいね!した人  |  コメント(4)

テーマ:
こんにちは。富山県にあります道路施設株式会社という会社の営業部という部屋の中で「ここしかない」という西日直撃席にすわっておる者です。末端社員の僕にとっては、もて遊んでいる名刺のオープンスペースに上記の肩書きが走り込んで来たらとても嫌だなと思っています。初めてお会いするお客様に「はじめまして。道路施設株式会社営業部 河﨑です。西日直撃担当しております。」と言いたくないと思っています。言い方によっては若干カッコよくもなるのですが、それでも「はじめまして。道路施設株式会社 西日取締役 河﨑です。」が精一杯かと思われます。

さて、昨日からはじまっております

【北陸三県統一 夏の交通安全県民運動】

みなさんご存じでしょうか?
なんとなく知っているよ。という方も大勢いらっしゃるとは思いますがこれに掲げられたスローガンまでをパッと頭に思い浮かばせる事が出来るっていう人はかなり少ないのではないでしょうか。ちなみにそのスローガンは

さわやかに 
夏を走ろう
北陸路

というものなのですが、僕は職業柄「交通安全」というものに対しては比較的意識が高い方だと自負しておりますので、交通安全週間だから気を付けるだとか、取り締まりをしてそうだからあの道は気を付けるだとかいう概念は毛頭なく、常日頃から安全運転を心がけています。もう心がけたくて心がけたくて震えているのです。

そんな高尚なドライバーである僕がこの夏の交通安全県民運動期間中に力を注がなければいけないのが「さわやかに走る」事なのは書くまでもありません。
やはりさわやかに走るためには国道を走るべきだと考えた僕はさっそく会社近くをはしる国道41号を目指しました。イマイチ、さわやかとは何なのか理解していなかった僕はとにかくハニカミながらサラサラヘアーを掻き上げる仕草を根気強く繰り返したのです。しばらくしてバックミラーを確認した際に気がついたのですが、僕はボウズでした。全く掻き上がっておりませんでした。
それは、シンプルに「さわやかではない」という状態でした。

仕方がないので僕はクーラーを切り、窓を全開にし、チューナーをFMに合わせ、音量を上げ、グル―ビーなチューンナンバーでさわやかをキメようと考えました。さっそくレディヲ(ラジオ)から流れてきたのは

♪チャラ―チャラららー♪夏休み特別子供企画!科学の不思議を解明電話相談室ー!

全国のおともだちが次々に専門家の先生に直接電話で質問できちゃうという番組です。
猫の肉球の役割について質問したお友達や、バッタのジャンプ力の秘密、40億年後に天の川銀河がアンドロメダ銀河と衝突すると聞いたのだけれど、どうなるの?などそれはそれはたくさんのおともだちがたくさんの質問をするものだから僕は完全に聴き入ってしまったのです。なんかね猫っていうのは全く汗をかかないそうですが肉球だけが唯一汗をかくらしいです。おもしろいですね。先生は最後に「○○くんね。今度ね、猫の肉球触ってごらんなさい。猫は嫌がらないから」って言っておられました。
いやいやいや。俺が猫だったらそんなデリケートな部分触られたくないわっっ。と比較的おおきな声を出したところで窓が全開だった事と、信号待ちで隣に並んでいた車の助手席の人からの冷たい視線に気がつきました。僕はさりげなくレディヲのボリュームを下げました。
しかし、この番組の中にさわやかの答えが隠れているのではないか?という期待を胸に聴き続けました。

銀河同士がぶつかるっていうのは、まず銀河ってそもそも例えるなら太平洋にバスケットボール二、三個浮かんでるのと同じ感覚で惑星があるくらいなので、銀河同士の衝突によって星同士がぶつかるという心配はないそうです。ただ、40億年後にはおそらく地球の大気は枯れ、灼熱の星になっていると思います。それ以前に人類は何処かの惑星に移住している、しなければならないと思いますよ。っと、めっちゃスケールでっかくどこか悲しい話をさらっと答えた先生。

「これだ」って思いましたし「これだ」って声に出して言いました。

6㎜の髪の毛だって、アリにとってみたらかなりのロン毛じゃないか。
子供向けラジオ番組だって、アリにとってみたらグル―ビーなナンバーかもしれないじゃないか。
おれ、アリにとってみたらさわやかに走ってるように見えるじゃないか。

よし。さわやかな気分だ。いや。
シンプルにさわやかだ。
俺はいま、確かにさわやかに夏を走っている。

そして、作り笑顔ではない極めて自然な笑顔でふと外を見あげたんですね。


もうね。神岡付近。

岐阜県。

北陸路じゃない。
っていう。


皆さんはワンランク上の
ドライバーを是非目指してください。

 
さわやかに 
夏を走ろう
北陸路

夏の交通安全県民運動7月21日~7月30日までです。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇