小説.翼はいらない1Q72~ AKB愛詩 散り急ぐ桜の花びらたち

AKBを中心に小説、エッセイ、ポエムを書いてます。AKB9期推し 京都地元大好き 鴨川のせせらぎと清水寺の鐘の音は私のBGM いつかは金閣寺のように輝きたい 小説で食べて行けるようになるのが夢のまた夢


才能があるんか私にはわからへん そやからそんな煙みたいなもんは当てにせえへん 汗を人の何倍も流して認めてもらう 有無を言わせぬ努力の力   それを私は選ぶんや   ~リトルマナ

NEW !
テーマ:

神様どうか助けて・・・少女は神に幾度、願いを捧げたのだろう

戦争の愚かさを戒める、残酷だけど心に痛いほど響く一枚の写真

 

 

 

平和という言葉を当たり前のように語れるようになった,

今の世の中を私たちは誰に感謝すればいいのだろう。

 

それは神様でも仏様でもない、

命を賭して反戦を掲げて立ち上がってくれた人たち、戦争を是とする世の中で、平和を声を限りに叫んでくれた先人たち、そんな人たちがいたからこそ私たちは今、安楽とした平和を傍受できている。

 

だから私たちもその声をつなげていく義務、というより責務がある。

反戦、平和という声なき声をつないでいく、それは血染めのバトンを伝えてゆくようなもの。

きれいごとで片づけていては、何も始まらないし、何も終わらない。人は必ず繰り返す、同じ過ちを。

 

ヒロシマ、世界ではその言葉だけで平和、反戦,非核を意味する。

その広島にアメリカの現職大統領が初めて降り立つ。

それは何を意味するのか

被爆者の一人りが言う、いろいろな声はある、けれど来てくれただけで私たちは救われた

果たしてそうなのか

 

オバマが来る、私たちは見極めなければいけない。アメリカが自ら落とした"リトルボーイ"の前で何を語り何を反省するのか 

オバマが慰霊碑の前で頭を下げるとき、間違っても涙を流したりしてはいけない、

ノーモアヒロシマ、ノーモア原爆、そう声を限りに叫ばなければいけない。

慰霊碑に刻まれた 『安らかに眠って下さい 過ちは 繰返しませぬから』 という言葉

それを一字一句、彼の胸に刻んで上げなければいけない

 

2016年5月27日 この日を私は記憶の端に深く刻む。先人たちのように声を限りに叫ぶことはできないけれど、今日の日を思い出すたびに静かに深い祈りをささげることを心に誓う

世界のそして自国の平和と核のない未来に。

そして今この時も戦争で苦しむ子供たちに平穏な日々が戻ってくることを願って。

 

 

 

 

AD
いいね!(10)  |  リブログ(0)

AD

Amebaおすすめキーワード

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

ランキング

  • 総合
  • 新登場
  • 急上昇
  • トレンド

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。