1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

肥後という男 シーズンⅡ

2009-07-06 17:38:16 テーマ:アメトーク
アメトーク 肥後という男 シーズンⅡ



その1   その2




出演:
肥後・上島(ダチョウ倶楽部) 土田 有吉 ノッチ・安田(デンジャラス) 等

内容:
1年前にあった「肥後という男」のセカンドシーズン。
前半のトーク部分では、肥後のいい間違いがひどいというトーク。
○イロモネア → ×イリオモテ
○フィフティフィフティ → ×ラフテーラフテー
○ポニョ → ×プニョ  等
有吉らは影でスザンヌにかけて「ヒゴンヌ」と呼んでいるらしい。
上島主役の団体芸では土田一人だけやらず、逆に面白く演出するあたりが土田のすごさか。
後半は1年間密着撮影した「肥後大陸」 以前「出川大陸」が好評だったのか、第2弾。最初のテロップのスポンサー紹介の部分までパロディにする演出。
内容は全て面白かったが、その中で特に印象に残ったのが「竜平会」での新御三家は誰との質問に「①ひろみ②郷・・・・」と郷ひろみを2人に数えるところ。ホントに天然だとわかる。
最後はダチョウ倶楽部3人がとうもろこしを食べているシーン。寺門ジモンが必死に2人に話しかけるが2人は無視。絵全何かの番組で、ダチョウ倶楽部が続いているのは空気読めないジモンを二人がなじっているからだといっていた。今回はその瞬間を垣間見れたように思えた。

感想:
面白かったが、最後のほうにあった息子の登場シーンは丸々カットしてもいいと思った。やっぱり肥後自身から使うようにお願いしたのかなぁ。
また前半のトークの部分ではダチョウ倶楽部は自分たちで笑いを作るというより、誰かにいじってもらって初めて面白いと感じた。そういう意味で土田・有吉・安田はいい働きをしたと思う。ただノッチは終始不要。
個人的には最後ジモン乱入してgdgdな感じになり、2人の困った顔が見て見たかったかも。




PR

[PR]気になるキーワード

1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>