ビデオメーカー
ヴィーナス・ビューティ

スト-リ-テレビ



パリにあるエステサロン家ヴィーナス・ビューティに働いてるアンジェル(ナタリー・バイ)は40歳のベテランエステシャン音譜独身で、知り合った行きずりの男とすぐ寝てしまうようなタイプあせる彼氏は一応いるのですが、昔アンジェルの激しい気性とプライドが原因で、いろいろ合ったみたいだけど、腐れ縁でズルズル付き合っているむっ

そんな彼女の前に現れたアントワーヌ(サミュエル・ル・ビアン)という若い男が、彼女に突然愛の言葉をささやきます。

一目ぼれで愛しているとドキドキ

最初は相手にしてなかったアンジェルですが、その年下男の純な想いに心が揺らぎはじめます。しかし、アントワーヌには婚約者がいました。ちょっと本気の恋に悲喜こもごものアンジェルが最後に手に入れるものは?


感想パー


この映画は協賛がたかの友梨ビューティクリニックというだけに、単なる恋愛ドラマではなく、エステサロンの映画でもあります。最初この映画はGyaoでやっていて何気に見たのですが、面白かったです。パリのヴィーナス・ビューティという名前のエステサロンが舞台で、サロンにやってくる色々なお客さんの数々もなかなか楽しくてニコニコ

日本のエステだとビルの中で人目を避けているというか、仕切りが高いというか高級感あふれているイメ-ジですが、この映画のヴィーナス・ビューティはパリの人通りの多いオ-プンなお店というのは新鮮でした。

美容室に行く感覚でエステに行くのかしら?パリの人たちは?プレゼント

オ-プンなお店には太陽の光を十分な取り込んでしまうくらいの大きなウィンドウで全体に明るいのも好感が持てました。ニコニコ

エステサロンといっても、フランスと日本では感覚や社会的地位も全然違うのでしょう。

エステサロンの話はここまで出映画の感想に入ります。主人公演じるアンジェル(ナタリー・バイ)は実年齢たぶん50歳くらいだと思います。事後とも順調だけど恋愛には興味がなくて・・・・最初アンジェルの行きずりの男と寝てしまう行為には全然共感がもてませんでした。が、若いころ恋に失敗し、臆病になってしまう。孤独な彼女のツッパリなのかしら?恋愛には背中を向けて生きてきて新しい恋には気づかない・・・・でもある日彼女の前に一人の年下の男が現れ、揺れ動く中年の恋心がよく描かれています。そんなに前の恋が辛かったのかな?臆病になってしまっているのかな?

フランス映画のいいところはハリウッド映画と違って40代・50代の女優さんで主役をやれるところ。活躍している女優はみんな綺麗ですごくかっこいい。

ナタリ-・バイもこの映画で時には疲れきった女を・・時には少女のような女を・・仕事に打ち込んでいる真剣な女を・・・いくつもの顔を使い分けて演じています。

メジャ-な作品ではないのですが、オススメします宝石ブルー



エステサロン/ヴィーナス・ビューティ
¥500
株式会社レントラックジャパン





AD

永遠の片思い

テーマ:



タキコーポレーション
永遠の片想い

監督 :イ・ハン

出演 :
チャ・テヒョン
ソン・イェジン
イ・ウンジュ
ムン・グニョン
パク・ヨンウ
キム・ナンジン

物語
5年前、一人の喫茶店で働いてる男の人 ジファンが、お客さんできた2人の女の子(おとなしめのスインと元気なギョンヒ)がやってきた。
ジファンはスインに一目惚れをしちゃいます。
もう何がなんだかわからないジファンは、二人を追いかけてスインに一目ぼれしましたって告白します。でも結果は・・・・
告白したことの時間を止めて・・三人の奇妙な三角関係が始まります。
でもギョンヒはだんだんジファンのことが好きになるんだけど、ジファンは相変わらずスインが好きで・・・スインは恋より女の友情を取って・・・・
じれったいほどの三角関係が続きます。
ある日その三角関係があっけなくくずれてしまって・・・・
ジファンは、二人が去ってしまったという事実が受け止められず苦しむ。それから5年後、二人をなんとかして忘れてしまったと思ったジファンに差出人不明の写真が配達される。差出人はいないがジファンはその写真からキョンヒとスインを感じる。


この三角関係は・・・

スインとギヒョンはお互いを忘れないようにと名前を交換したり、今までいけなかった旅行にいったりしながら、思いを寄せ合うんだけど・・・・・・
5年前や現在のシーンが交互に映し出されるので
最初はどちらのシーンなのかよくわからなかったけど、最近はこういう取り方
多いから気にはしなかったけど(^^)

なぜか静かに泣ける映画でした。
キャストがとてもよかったと思います。
チャ・テヒョンは「猟奇的な彼女」
「ブラザーフット」でチャン・ドンゴンの婚約者を演じたイ・ウンジュ
「夏の香り」や数々のラブストーリで好演したソン・イエジン

イ・ウンジュは悲しいですね。
せっかくいい演技をして女優としてこれからって時の訃報。
本当に悲しすぎます。






AD

エンジェル・スノ-

テーマ:
監督 ハン・ジスン
主演 イ・ソンジュ(美術館の隣の動物園)
ユ・ソヨン(二重スパイ)

おもちゃの会社で企画の仕事をするソギュン(イ・ソンジュ)と、デザイナ-の仕事をする


ジヌォン(ユ・ソヨン)は仲のいい夫婦。


ジヌォンは子供が出来にくい身体で、何度も不妊治療を受けている。


ソギュンは、子供がいなくても幸せだとなだめますが、ジヌォンは欲しくてたまらない。


そんなときに待望の赤ちゃんが出来ます。


二人は手放しで喜びますが・・・・そのおなかの赤ちゃんには、先天性の障害をもった病気にかかっていて、生まれたとしてもすぐ死んでしまうかもしれない・・・


医者は中絶を勧めますが、二人が取った決断は・・・・




この映画は何気に借りて期待はしていませんでしたが・・


裏切られました。めちゃくちゃ感動しました。


生きられないとわかっている子供がもしおなかに宿ってしまったら、


自分だったらどんな選択をするのだろうと・・・・・


主演の二人が演技がとてもうまいのか、感情移入してみた作品でした。








タイトル: エンジェル・スノー

AD

永遠のマリアカラス

テーマ:
この作品は最高でした。グー

声の出なくなったカラスの元に、プロモ-タ-の人が、かつての歌声を使って新しい映画を作ろうと提案してきます。カラスの心はゆれるのですが・・・・ショック!



カラスの声の出なくなった晩年の様子が描かれているのですが、この映画ではカラスの全盛のころの歌声も聞けてラッキ-でした。(^ε^)♪

いつものことなんですが、映画が公開されるとテレビで特集をやっていて、いつも予備知識頭に入ってから見る癖ついているのですが、彼女のイメ-ジは、オナシスの長年の愛人であり、別れて晩年は一人で過ごしたというイメ-ジしかなかったのですが・・・

映画ではそういうスキャンダルなテ-マはさらっとしか、触れていないのでかえって

新鮮でした。カラス役を演じるファニ-・アルダンは「8人の女たち」にも出演していて、本当に大人の女性で綺麗でかっこよいです。

この映画の見所はまさしく「カルメン」CD

オペラ興味なくても「カルメン」は絶対知っている曲だと思うし、活気あふれていて

本当にすばらしい作品です。衣装も綺麗だし、セットがうっとりするくらいゴ-ジャス。カラスの衣装も全部シャネルでした。

理屈ぬきにいい映画でした。







タイトル: 永遠のマリア・カラス









タイトル: よみがえるマリア・カラス









タイトル: 歌に生き恋に生き

エビ-タ

テーマ:
この作品は、私生児として生まれて、タンゴ歌手からアルゼンチン大統領夫人までのし上がったエバ・ベロンの33年間の生涯を描いてます。
主演はマドンナとアントニオ・バンデラス

ミュ-ジカル作品で、最初はセリフがすべて歌なので、ちょっと戸惑いましたが、
マドンナの歌唱力はもちろん、アントニオが素晴らしい!!!
アントニオは最初濃いイメ-ジしか(ファンの人ごめんなさい)なかったのですが、コミカルな一面が見れて最高にかっこよかったです。
この役はマドンナとアントニオだからよかった作品だと思いました。
作品が世に出るまで15年くらいかかったみたいで、その間にいろんな人がエバ役の候補がいたらしいのですが、歌姫のマドンナが適任だったと思います。
彼女の力強いキャラクタ-にエバの野心家のイメ-ジが重なり、見事だったと思います。マドンナ嫌いという人いると思いますが、先入観捨ててみてください。
それにしてもエバはすごい人だと思う。不幸な少女時代から、体を武器にのし上がり、頂点まで上り詰めた人なので、ある意味すごいと思いました。
最初この時期にテレビで特集としていて、エバに対してあまり好感が持てなかったのですが、映画を見て、マドンナの演技にグングン引きこまれて、すごい人だと実感しました。ぜひお勧めなので、見てください。




タイトル: エビータ

エリザベス

テーマ:
物語は16世紀イングランド
ヘンリ-8世とアン・ブ-リンとの間に生まれたエリザベス。
私生児の烙印を押され、21歳で反逆罪で捕まり、義理の姉メアリ-女王の死後、イングランドの女王となる。生涯独身を通した「ヴァ-ジンクイ-ン」

あまりにも有名な話ですが、本当に奥が深い映画でした。o(^-^)o
この映画のために眉毛までそり落とし、おでこの毛を抜いて撮影に挑んだケイト・ブランシェットの意気込み荷は拍手でした。チョキ
自分の味方のない中で女王になって、頼れるのは、幼馴染の彼だけで・・・ドキドキ
でも彼はほかの女性と結婚していたこと隠していて・・・・ラブスト-リ-にしてはちょっと悲しいのですが、彼女は恋より、国を選んだ。ハートブレイク
歴代のイングランド政権でエリザベスの時代が世の中一番安定していたともいわれているので、彼女の実力は相当なものと思います。かお
歴史ものですが、その時代の服装も豪華で綺麗だし、映像の綺麗なので是非見てください








タイトル: エリザベス

8Mile

テーマ:
実はこの映画久しぶりに一人で劇場でみた映画なんです。
ちょうどこの時期札幌に大丸デパ-トとステラプレイスというファッションビルが札幌駅に出来て、その商業施設の中にシネマフロンティアが出来て、行ってきたんです。いつもは車で行ける所ばかり行ってたのですが、仕事帰りにどうしても衝動的に行きたくなってちょうどやっていたのが、この映画でした。
本当にエミネムも知らなかった私がはまりました。
よかったです。かっこよかった




タイトル: 8Mile