ハピネット・ピクチャーズ
イブラヒムおじさんとコーランの花たち

監督 フランソワ・デュベイロン

出演 オマ-・シャフリ

    ビエ-ル・ブ-ランジュ


この作品は前にGYAOでやっていて何気に見た作品でしたが感動しました汗



スト-リ-テレビ


時は1960年代のパリ。母親が兄を連れて家でをし、父親と二人暮らしの13歳のユダヤ人少年モモ。

彼のアパルトメントの向かいに小さな食料品を経営しているトルコ移民の老人イブラヒム。

モモは家族の愛に恵まれていない。彼の父親はことあるごとに母親と一緒に出て行った兄と比較して小言を言う毎日。不幸な家庭環境の中思春期を迎え、孤独なモモの環境の中から、イブラヒムはモモを本当の孫のように可愛がり、彼に家族ではないけれど、限りない愛情を注いで彼の成長を見守っていきます。

そんな中彼の父親が会社をリストラされて、手紙一枚でモモの元を去っていきます。

モモを不憫におもったイブラヒムは彼を養子に迎え、本当の家族以上に接していきます。


感想パー


この作品はあまり期待しないで見たのですが、本当に号泣した作品でした。

イブラヒムが愛も知らずに人生の春を迎えたモモに対し、彼の成長に手を貸すことに生き甲斐を見出し、孤独な生活から脱していく。

モモはイブラヒムの店で万引きを繰り返します。イブラヒムは怒るどころか、モモに万引きするならうちの店だけにして欲しいと約束させます。毎日父親の夕食を買いにくるモモに対して、ワインは安いのを買い、中身を入れ替えるとか、パンは温めたら食べれるので毎日買わなくてもいいとか、笑えたのがパテの代用でキャットフ-ドにしなさいにゃーとかいろいろアドバイスをくれます。o(^-^)o

モモが父親がいなくなったときイブラヒムに泣いてすがって、養子にして欲しいと頼みます。

イブラヒムはいろいろ役所とか駈けずり回ってやっと養子縁組が決まります。

イブラヒムにはモモが自分を必要としてくれたことに感動して自分の最後の人生をモモにささげます。

モモに聞かれたときにモモは自分を必要としてくれたから・・うれしかったと言ってます。

号泣汗

血はつながってなくとも家族のようになっていくおじさんとモモの姿には、他人同士でも家族以上の絆が結べるのだ…と、思いました。かえって血なんて関係ない。大人がたっぷりの愛情をかけてあげればモモみたく家族の愛に恵まれなくてもいいんだなって本当に思いました。



本当にこの作品は地味あせるだと思うんです。だけど本当に感動しました


オススメ度★★★★★★★★


AD
監督  アンドリュ-・ナウ
出演  ショ-ン・シュ-
     エリック・ツァイ
     アンソニ-ウォン
     エディソン・チャン
     カリ-ナ・ナウ


物語は三部作の核心となるヤンとラウの若き日のスト-リ-。
1991年マフィアのボス クワンが何者かによって殺害された。
混乱の中反乱を起こす配下のボス4人。
だが、その混乱の中サムだけは冷静を保っていた。
サムはラウに警察に潜入させようと考えていた。
ひそかに想いを寄せるサムの妻マリ-からそのことを聞かされ危険を覚悟で引き受けることにする。
一方ウォン警部は、クワンの私生児であることから、警察学校を退学処分を受けたヤンに目をつけ、
ヤンをクワンの息子ハウの組織に潜入させることに成功した。
見返りで警官になることを条件に・・・・



核心となるこの映画の基礎がこの映画にはいっぱい詰まっています。


十分見ごたえのある作品に仕上がっています。


最初の作品にくらべると、迫力には欠けるとは思いますが、


良い作品でした。


若き日のヤンを演じるショ-ンがかっこいいです。(^^)






タイトル: インファナル・アフェア II 無間序曲

AD

見つけてしまいました。

インファナル・アフェアのパロディ版o(^-^)o


インファナル・アンフェア   無間笑波


びっくりしました。見つけたときは(^^)

GEOでレンタルされているって事は、発売になったのかしら?

前にネットで見たときには、日本未公開だったんです。

この映画は名の通りパロディ版だけど、

本作に出てたサム(エリック・ツァン)とトニ-レオンの若き日を描いた第二部で、主役だった

ショ-ン・ユ-が出てます。

すごく笑えました。

ショ-ン・ユ-かっこいい俳優サンなので大好きなのですが・・・・・

この作品は??  パロディなんでしょうがないけど・・・・

ばかばかしいけど、かなり笑えました。


http://www.allcinema.net/prog/show_dvd.php?num_sid=371402

AD

活きる

テーマ:
監督  チャン・イ-・モウ(初恋の来た道)
主演  コン・リ-(たまゆらの女)(2046)
     グオ・ヨウ

原作ユイ・ホアによるベストセラ-小説

物語は1940年代中国。裕福な暮らしに甘えて博打に精を出す夫 福貴(グオ・ヨウ)。

妻の家珍(コン・リ-)はそんな夫に愛想がつき家を出てってしまいます。

やがて全財産を失った福貴は、影絵講談芸で生計を立てながら、戦火の中を生き抜く。

そして家珍や子供たちとまた一緒に暮らし始めます。

やがて時代は50年代。息子のヨウチンは事故死。

60年代聾唖の娘は結婚。妊娠。

だけど出産はしたもの合併症で死亡・・・

残された孫を育てながら、福貴と家珍の人生は続いていく。

1940年ころの中国を見事に再現したって言うくらい映像がすばらしかった。

監督とコン・リ-の手にかかればどんな作品も輝いてしまうのかな?

なんてことはない一家の人生を時代とともに描いているすばらしい作品です。

タイトル: 活きる 特別版

生きてこそ

テーマ:

1993年アメリカ

監督 フランク・マ-シャル(アクノラフォビア)

主演 イ-サン・ホ-ク(トレ-ニング・ディ)(ヒマヤラ杉に降る雪)

    ヴィンセント・スパ-ノ

    ジョッシュ・ハミルトン

    ブル-ス・ラムゼイ

お勧め度★★★★

この映画実話なんです。本当に衝撃的でびっくりしました。

1972年に実際に起きた飛行機事故をモデルにした映画で、当時はかなり問題になった事故だったみたいです。人の肉を食べたことが人権問題にまで発展した問題だったらしいです。記憶にないのですが・・・

物語は1972年にウルグアイの学生ラクビ-チ-ムを乗せた飛行機がアンデス山脈で遭難します。33名が生き残りますが、落ちたところが悪くて数日後捜索は打ち切られてしまいます。絶望と寒さと飢えに苦しんだ彼らは仲間の死体を食べて生き延びます。72日間の遭難の中実際生き延びたのは16人の若者だけ・・・

見た人誰もがもし自分だったらどうするだろうと考えさせられる映画だと思います。生き延びるためには仲間の死体を食べなければ生き延びれないという残酷な状態。いつ助けがくるかわからない不安定な状況。最悪の要素だらけで、彼らは希望が持てていたのだろうか?

タイトル: 生きてこそ スペシャル・コレクターズ・エディション


もうすぐ公開で三部作!!(≧▽≦)


物語はマフィアの組員のラウはボスの命令で警察学校に・・・
警察学校に通っていたヤンは、ウォン警視に見込まれてマフィアの世界に・・
潜入捜査の始まりでした。それから十年。(^~^)
マフィアも警察の中で内部情報者がいるとわかり、ラウにもヤンにも、裏切り者を探す指示が出ます。
二人の苦悩がいっそう深まっていく作品です。
ヤンは自分の居場所を探しながら、心が崩れていきます。そんな中唯一心を許せるのが、ケリ-・チャン演じる医者。彼女には半島は警官だと打ち明けます。ラウも本当の自分の存在と今の存在に苦悩
本当にこの作品は三部作一気に見たいって思わせる作品です



タイトル: インファナル・アフェア 限定デラックス DVD-BOX