スパイバウウンド

テーマ:
ポニーキャニオン
スパイ・バウンド

2004年 フランス
監督・脚本:フレデリック・シェンデルフェール
出演:ヴァンサン・カッセル、モニカ・ベルッチ、アンドレ・デュソリエ、

シャルル・ベルリング、ブリュノ・トデスキーニ、ナイワ・ニムリ



<ストーリー>テレビ



フランス諜報機関DGSEに所属するジョルジュ(ヴァンサン・カッセル)は、武器商人リポブスキーの取引を阻止するめ、女スパイのリザ(モニカ・ベルッチ)と夫婦を装い、武器を運ぶ貨物船を爆破する任務にあたる。彼女は今回の任務を最後にスパイから足を洗いたいと願っていた。だが、任務を終えたリザは、スイスの空港で逮捕されてしまう。彼女のカバンの中から麻薬が見つかったのだ。リザの逮捕の裏に上陰謀の影を感じたジョルジュ。上層部に不信を抱いたジョルジュは、DGSEがリポヴスキーと関係していることを知り、リザを刑務所から救うため動き出す決意をする。


この作品は1985年に、フランスの核実験に抗議するために航海していたグリーンピースの「虹の戦士号」がニュージーランドのオークランド港で爆破され、海に沈められる事件が発生。その爆破工作を行ったのがフランス諜報機関所属のスパイ、アラン・マファールとドミニク・プリウール。2人は初歩的ミスから逮捕されてしまい、そのうちの女スパイ、ドミニクが証言した内容に基づいて、この映画がつくられたとか。



感想パー


モニカは大好きな女優の一人なのでよく作品は見ます。「マレ-ナ」の時から大ファンで(^^)

この作品はスパイ映画はイイロイロあると思いますが、ハラハラあせるドキドキビックリマークというようなアクション映画ではないのでそういうのが好きな人には物足りないかもしれません。セリフは少なく、スパイという職業に付いた一人の女性の心の葛藤が描かれている作品だと思います。


モニカ・ベルッチとヴァンサン・カッセル夫婦共演のスパイサスペンスです。
AD