真珠の首飾りの少女

テーマ:

メディアファクトリー
真珠の耳飾りの少女 通常版
メディアファクトリー
真珠の耳飾りの少女 豪華プレミアム限定版

監督 ピーター・ウェバー

出演 スカーレット・ヨハンソン

    コリン・ファース


製作国 イギリス

製作年 2002


ストーリー黄色い花


この映画作品は「真珠の耳飾りの少女」(青いターバンの少女)はアメリカの作家トレイシー・シュヴァリエの小説「真珠の耳飾りの少女」に基づいてます。とても綺麗な絵で好きな映画のひとつです。


この絵を書いた人がヨハネス・フェルメール。

この絵がのち彼の代表作になります。(生前は売れなかったみたいです)

今はオランダのバークのマウリッツハイス美術館に保管されています。

かつて「北のモナ・リザ」とか「オランダのモナ・リザ」とも呼ばれたことのある作品です。

画家フェルメール<の生涯と作品にはいまだに謎が多いとされています。この絵画にも「IVMeet」というサインがありますが日付がありません。いつ注文を受けて描いたのか、誰から注文受けたのか一切分かっていません。さらにこの少女が誰なのか不明で、一時は彼の一人娘マリアと考えられていますが、この映画では使用人を描写しています。彼は生涯数点しか描いていない。きわめて希少価値の高いこの作品は1881年にバークのオークションでたった2ギルダー30セント(1ギルダー=0.453780ユーロ)で落札されてました。当時はこの絵の状態が非常に悪かったらしく・・・・今は美術館で保管されています。

この映画は小説「真珠の耳飾りの少女」は、アメリカの作家 トレイシー・シュヴァリエがこの絵から想像して書き上げたものが原作です。このモデルになった少女とフェルメールの関係をまるで実話のように書いています。




1665年、オランダのデルフト。フェルメールの家の使用人グリートは、ある日アトリエの掃除を任され、彼の絵に出会い衝撃を受ける。もともとグリートは優れた色彩感覚を持っていたので、かび臭い陰気なアトリエに太陽の光をいれ、彼の感性をとぎすます手伝いをします。やがて彼女にフェルメールは絵の具の調合を手伝わせます。やがて二人は芸術家と使用人の枠を超えてパートナーの関係をきずいていきます。



感想

この絵は青と黄色だけで描かれていて、すごく印象に残る絵です。原作とラストは違うみたいですがとてもよく出来ている作品だと思います。描写がとても綺麗です。スカーレット・ヨハンソンのあの真っ白な肌と青い瞳、ピンクの唇はすごく魅力的で、本当に陶器のような肌が映画の描写に一役買っているチョキ














 






AD

コメントが・・・

テーマ:

こんばんわベル


ここ一ヶ月くらいお休みさせていただいていまして・・・・

仕事が忙しかったのと、書いたとき記事が消える現象が起きたり・・・

ずっと更新していませんでごめんなさいあせる


最近コメントいただいている皆さんと読者登録していただいた皆さん


コメントお返しできなくてごめんなさいあせる


実はコメント欄の別ウィンドウが全然開かなくなってしまって・・・


パソコンが悪いのか何か分からないので・・・困っています。


この記事も無事公開されたらいいんですけど・・・


しばらく解消されるまでコメント返せませんのでご了承してください。



               doubletakakoより

AD