アザーズ

テーマ:
ポニーキャニオン
アザーズ
監督 アレハンドロ・アメナバール(オープン・ユア・アイズ)
出演 ニコール・キッドマン
    フィオヌラ・フラナガン
    クリストファー・エクルストン
    アラキナ・マン

この映画はトム・クルーズが自ら製作を買って出るほどその才能に惚れ込んだ、スペインの監督アレハンドロ・アメナバールのサスペンス・ホラーです。


    

STORYテレビ


1945年、第二次世界大戦末期のイギリス、チャネル諸島のジャージ島。グレ-スはアレルギ-体質のため太陽光線を浴びることの出来ない娘アンとニコラスは、広大な屋敷の中で親子3人で暮らしていた。夫は戦争に行ったきり帰ってこない。そんなある日ミセス・ミルズと言葉を話せないリディア、庭師のミスタ-・タトルが、この屋敷に使用人としてやってきた。地元の新聞広告に使用人募集を出していたので早速彼女ら3人を招き入れる。グレースは彼女たちにこの家のしきたりを教え込む。やがて屋敷の中で、奇妙なことが起こり始める。

他人の足音や話し声、ピアノが勝手に鳴り出したり・・・・奇妙な怪奇現象に一番敏感だったのがアンとニコラスだった。グレースは誰かが侵入しているとおびえだす。

この怪奇現象の結末は・・・・



感想パー


この映画のプレミア上映の翌日にトムとニコールの離婚が成立したそうです。あせる日本で公開されたとき別れた二人が一緒に仕事するんだなって思ったのが印象に残っています。ドクロ

結構この二人の離婚はあの当時すごく話題になっていて、トムにとってこの離婚プラスだったのかな?あれからニコールはアカデミー候補に何回もなっているし、一段と綺麗になっている気がする・・・・・ブーケ2

もともとホラーオバケが苦手な私は友達を一緒にみてもらった映画のひとつです。

この映画は結末の大どんでん返しにびっくりしました。

シックスセンスもびっくりしましたが、この映画はホラーなんだけどちょっと奥深いかも?

この映画はシックスセンスよりも前に構成が練られていたそうなのでパクリではないそうですよニコニコ

ニコール演じる潔癖症までの演技・不気味な使用人・いないはずの屋敷に響きわたる誰かの存在・死んだ人の写真・突然かえってきた夫・完璧な映画でした星



ニコール・キッドマン/アザーズ<ONE DISC EDITION>
¥2,625
アサヒレコード



AD

ユナイデット93 新作

テーマ:

ユナイデット93


監督 ポール・グリーングラス



2001年9月11日

あなたは、どこで、何をしていましたか?

ユナイデット93便の乗客は、尊い命を勝ち取るため

愛する家族に最後のメッセージを残し、

行動を開始した・・・。




テレビストーリー


2001年9月11日  午前8時42分、ニュージャージー州ニューアークからサンフランシスコに向けて、ユナイデット93便は飛び立った。その直後に、ワールド・トレード・センターに、2機の旅客機が衝突した。そのときまだ、ユナイデット93便の乗客は何も知らずに優雅なフライトをしていた。

突然テロリストたちが動き出した。機内の犯人からの声にどまどう管制官たち。

さらに1機がペンタゴンに墜落。乗客たちは機内からの電話で、地上にいる愛する家族や友人に連絡を取り合った。

愛していると・・・


パー感想


この映画はおすすめ映画ですって言い切れない。

何故って実話だけど事故ではない事実だから。号泣しました。

久々こんなにこんなに泣けてきた映画です。

映画というより、その時の様子が描かれている気がした。登場人物も一切知らない俳優たち・中には実際その現場にいた人たちが出演している。この映画は賛否両論があることも事実です。実際はこうではなかったかも・・・

テロリストたちに立ち向かわなかったのかもしれない・・・

コックピットの中は想像の世界・・・・

悲しいことに乗客全員死亡しているのだから、事実がどうかなんて誰にも分からない。

こういう風に思うのは私たちの勝手なエゴかもしれない・・・

でもテロがあちこちで起きている現実。実際起きてしまった現実。

うまくは言えませんが、あの日の衝撃はみんな忘れはしないと思う。テレビで映し出される映像はまるで映画を見ているようだと感じた人って少なくないと思う。あの日のことを忘れないためにも映画という形で記録に残しておくべきだと思いました。

悲し過ぎるくらいの現実・・・・

映画館に足を運ばなくても、DVDが出たら是非見て欲しいです。


AD