ビデオメーカー
ヴィーナス・ビューティ

スト-リ-テレビ



パリにあるエステサロン家ヴィーナス・ビューティに働いてるアンジェル(ナタリー・バイ)は40歳のベテランエステシャン音譜独身で、知り合った行きずりの男とすぐ寝てしまうようなタイプあせる彼氏は一応いるのですが、昔アンジェルの激しい気性とプライドが原因で、いろいろ合ったみたいだけど、腐れ縁でズルズル付き合っているむっ

そんな彼女の前に現れたアントワーヌ(サミュエル・ル・ビアン)という若い男が、彼女に突然愛の言葉をささやきます。

     一目ぼれで愛しているとドキドキ

最初は相手にしてなかったアンジェルですが、その年下男の純な想いに心が揺らぎはじめます。しかし、アントワーヌには婚約者がいました。ちょっと本気の恋に悲喜こもごものアンジェルが最後に手に入れるものは?


感想パー


この映画は協賛がたかの友梨ビューティクリニックというだけに、単なる恋愛ドラマではなく、エステサロンの映画でもあります。最初この映画はGyaoでやっていて何気に見たのですが、面白かったです。パリのヴィーナス・ビューティという名前のエステサロンが舞台で、サロンにやってくる色々なお客さんの数々もなかなか楽しくてニコニコ

日本のエステだとビルの中で人目を避けているというか、仕切りが高いというか高級感あふれているイメ-ジですが、この映画のヴィーナス・ビューティはパリの人通りの多いオ-プンなお店というのは新鮮でした。

美容室に行く感覚でエステに行くのかしら?パリの人たちは?プレゼント

オ-プンなお店には太陽の光を十分な取り込んでしまうくらいの大きなウィンドウで全体に明るいのも好感が持てました。ニコニコ

エステサロンといっても、フランスと日本では感覚や社会的地位も全然違うのでしょう。

エステサロンの話はここまで出映画の感想に入ります。主人公演じるアンジェル(ナタリー・バイ)は実年齢たぶん50歳くらいだと思います。事後とも順調だけど恋愛には興味がなくて・・・・最初アンジェルの行きずりの男と寝てしまう行為には全然共感がもてませんでした。が、若いころ恋に失敗し、臆病になってしまう。孤独な彼女のツッパリなのかしら?恋愛には背中を向けて生きてきて新しい恋には気づかない・・・・でもある日彼女の前に一人の年下の男が現れ、揺れ動く中年の恋心がよく描かれています。そんなに前の恋が辛かったのかな?臆病になってしまっているのかな?

フランス映画のいいところはハリウッド映画と違って40代・50代の女優さんで主役をやれるところ。活躍している女優はみんな綺麗ですごくかっこいい。

ナタリ-・バイもこの映画で時には疲れきった女を・・時には少女のような女を・・仕事に打ち込んでいる真剣な女を・・・いくつもの顔を使い分けて演じています。

メジャ-な作品ではないのですが、オススメします宝石ブルー



エステサロン/ヴィーナス・ビューティ
¥500
株式会社レントラックジャパン





AD

ベッカムに恋して

テーマ:






タイトル: ベッカムに恋して



監督  グリンダ・チャーダ
出演  パーミンダ・ナーグラ
     キーラ・ナイトレイ
スト-リ-テレビ
ジェスは英国に住むインド系イギリス人の家の次女。ニコニコ閉鎖的な移民社会で育った彼女は、サッカーサッカーが大好きでベッカムの大ファン。恋の矢
女子サッカーチームの選手であるジュールズにチームに誘われ、所属することにニコニコ
しかし、厳しい両親はそれを許しませんでした。女の子がサッカ-なんてビックリマーク
インドの慣習を守り抜こうとする厳格な両親と現代っ子のヒロインとのギャップ
チームメイトとの友情や恋。ジェスがサッカ-を通してイロイロ経験して成長していきます。
感想パー
最初はベッカムに関する映画かなって思って見たんですけど、すごく面白かった。この映画は理屈ぬきに楽しめました。
パーミンダ・ナーグラは最近ERで見たんですけど、この映画のほうがすごく可愛く見えます。
すごく頑張っているひたむひな姿がすごく共感できます。



AD

スパイバウウンド

テーマ:
ポニーキャニオン
スパイ・バウンド

2004年 フランス
監督・脚本:フレデリック・シェンデルフェール
出演:ヴァンサン・カッセル、モニカ・ベルッチ、アンドレ・デュソリエ、

シャルル・ベルリング、ブリュノ・トデスキーニ、ナイワ・ニムリ



<ストーリー>テレビ



フランス諜報機関DGSEに所属するジョルジュ(ヴァンサン・カッセル)は、武器商人リポブスキーの取引を阻止するめ、女スパイのリザ(モニカ・ベルッチ)と夫婦を装い、武器を運ぶ貨物船を爆破する任務にあたる。彼女は今回の任務を最後にスパイから足を洗いたいと願っていた。だが、任務を終えたリザは、スイスの空港で逮捕されてしまう。彼女のカバンの中から麻薬が見つかったのだ。リザの逮捕の裏に上陰謀の影を感じたジョルジュ。上層部に不信を抱いたジョルジュは、DGSEがリポヴスキーと関係していることを知り、リザを刑務所から救うため動き出す決意をする。


この作品は1985年に、フランスの核実験に抗議するために航海していたグリーンピースの「虹の戦士号」がニュージーランドのオークランド港で爆破され、海に沈められる事件が発生。その爆破工作を行ったのがフランス諜報機関所属のスパイ、アラン・マファールとドミニク・プリウール。2人は初歩的ミスから逮捕されてしまい、そのうちの女スパイ、ドミニクが証言した内容に基づいて、この映画がつくられたとか。



感想パー


モニカは大好きな女優の一人なのでよく作品は見ます。「マレ-ナ」の時から大ファンで(^^)

この作品はスパイ映画はイイロイロあると思いますが、ハラハラあせるドキドキビックリマークというようなアクション映画ではないのでそういうのが好きな人には物足りないかもしれません。セリフは少なく、スパイという職業に付いた一人の女性の心の葛藤が描かれている作品だと思います。


モニカ・ベルッチとヴァンサン・カッセル夫婦共演のスパイサスペンスです。
AD