パッチギ!

テーマ:
監督 井筒 和幸
出演 塩谷 瞬
    オダギリ ジョー 

物語  舞台は1968年京都。高校2年生の康介は、普段から仲の悪い朝鮮高校にひょんなことからサッカーの親善試合を申し込みに行く。
そこで音楽室でフルートを吹くキョンジャに一目ぼれ。彼女と仲良くなりたい一心で
「イムジン河」をギターで練習することに


なんども書いているのですが、日本の映画あまり見ないのでそんなに紹介できないのですが、この映画は井筒監督がこの作品出来たときにテレビに良く出ていたのでちょっと興味を持ちました。
出てくる俳優さんたちは全然知らない人たちばかりなので、かえって感情移入が出来よかった気がします。知ってる人オダギリジョーぐらいだったかな?前田吟もいたけど・・・・
前半は非常に面白かった。朝鮮学校の生徒が集団でリンチしているシーンとか、まずこの時代の髪型とかかなり笑えました。主役の塩谷 瞬くんは、実物は非常にかっこいいです。なのにいけていない髪型がギャップを感じて新鮮でした。
後半は考えさせられる内容だった気がします。この時代は多分、今も変わらないと思うけれど戦争を経験した人たちにとって日本は敵国。韓国と北朝鮮が分かれてしまったのも日本が関与している。植民地の時代かなりひどいことしてきたと思う・・・・・
そんな内容が詰まっていたシーンがあり、全体的に万歳!!よく作ったって気がした映画でした。そういう感じの映画から昔の日本を教えてくれる貴重な映画だった気がします。
面白くて切ない映画でした。
  




ハピネット・ピクチャーズ
パッチギ ! プレミアム・エディション
AD

21グラム

テーマ:




この映画は予想しなかった出来ばえでした。
こういうストーリーとは知りませんでした。

21グラム     

人は死んだら21グラムだけ軽くなるという。
それはなんだろう?

三人が出会うことのないのに出会ってしまった。

心臓移植しか助かる道がないポール

優しい旦那と二人の可愛い女の子に囲まれて幸せに暮らすクリスティーナ

前科者だけど居間は更生し信仰ぶかいジャック


ある日ジャックはクリスティーナの家族をひき逃げしてしまう。
病院に旦那と2人の女の子が運ばれたけど、駄目で・・・・・・
そのころポールの元に心臓提供者が現れたとの連絡が・・・・・
ポールは新しい心臓で人生をやり直そうと・・・・・
ジャックは」罪を償うため自首をしまた刑務所へ逆戻りの生活へ・・・・
クリスティーナはどうしようもない怒りに・・・自ら堕ちていく・・・薬を初めてしまう。
決して混じることのない3人だったが、ポールが自分に心臓を提供してくれた人のことを探り始める。そしてクリルティーナに接近していく・・・・
そこから3人の歯車がうまく絡み合ってラストへ・・・・・・



すごく重みのある映画でした。最初はシーンがころころ変わるのでちょっと理解できない場面あるのだけど、パズルのようにひとつひとつ組み合わさっていきます。
見終わってなんともいえない感じでしたが、ポール・クリスティーナ・ジャックそれぞれに感情移入できてしまいすごく切ない・・・・・






東北新社
21グラム (初回出荷限定価格)
AD

2046

テーマ:

監督  ウォン・カーウァイ(花様年華)(ブエノスアイレス)

出演  トニーレオン(花様年華)(ブエノスアイレス)(HERO)

     木村拓哉

     コン・リー(始皇帝暗殺)(きれいなおかあさん)

     フェイ・ウォン(恋する惑星)

     チャン・ツィー(初恋の来た道)(HERO)

     カリーナ・ラウ(インファナル・アフェア2)

     マギー・チャン(特別出演)  (花様年華)(HERO)


物語  

元新聞記者のチャウが近未来小説を書き始める。その内容は失われた愛を取り戻せるという

「2046」という場所を目指す男の物語。

現実と小説の中との非現実的な物語がクロスしていく作品。



この作品は5年の月日をかけてやっと完成し、初めてカンヌにお披露目されたときはすごく話題になった作品でした。キムタクが出ていたのでも話題になったし・・・・

カンヌの時は全部完成していなくて、終わってからまた取り直した作品で、当初キムタクの出番はほんの少しだったらしいが、大幅に変更されて、3倍になったみたい。そのかいあってキムタクがいい味出していると思う。

この作品を見たとき衝撃的でした。予告とかでは近未来の作品で、アンドロイドが恋をして・・・・・という内容だと思ってましたが、全然違いました。それはチャウが書く小説の話であって実際は現実の内容でした。

全部が近未来の作品かと思ってましたが、全然・・・・

かえって内容がよくてとてもよい作品だと思いました。


この作品は(花様年華)の中に出てくるチャウが主人公であの時彼は、夫のいる女性(スー・リーチャン)を愛し、忘れられない男性を演じてます。この作品を見る前に(花様年華)を見ていただければ結構話がスムーズにわかるかもしれない?と思いました。チャウは彼女を忘れられず、その場限りの恋を繰り返す・・・・

ある日酒場で古い友人と出会い、彼女(ルル)を部屋まで送り届ける。彼女は古いホテルに滞在していた。

彼女のROOM Noは2046

数日後彼女をたずねるけれど、引っ越していて変わりに2046の部屋を借りることに・・・

でも改装するから、隣の2047を貸してくれるという。仕方がなく2047を借りることに・・・

時折変な声が聞こえてくる。支配人の娘が独り言で日本語をしゃべっていた。

彼女の彼氏は日本人。当然父親に交際を反対されている。

2046は改装は終わったけど、そのままで過ごすことにきめたチャウはやがて2046に新しく部屋を借りた女とやがて恋仲になる。

でもチャウは深入りしない・・・・

チャウは誰とも深入りしない・・・

それはスー・リーチャンのせい?彼女が今でもチャウの心の中を独占している?

そんなふうに思わせてしまう。



過去と現実と小説の中の2046がうまくクロスして、私はとても好きな作品でした。

言い回しや表現がもどかしいのだけど・・・・

監督らしい作品でよかったです。


     

レントラックジャパン
2046
レントラックジャパン
ウォン・カーウァイ スペシャルコレクション / 『2046』<=>『in the Mood for Love ~花様年華』
AD