もえる堂魂

~はぐれ國府田マリ子者兼、にわか48グループ愛好家の20世紀プロレス的桃源郷~


NEW !
テーマ:

昨夜の豆腐プロレスPPV生中継の余韻を心地よく引き摺りつつ、出場メンバー達の声をツイッターやぐぐたす等でチェックし、キャラクターを脱ぎ捨て素の48グループメンバーとしてのそれぞれの想いに触れ改めて胸アツあせる

 

特に、メイン大抜擢の込山榛香=シャーク込山としてではなくAKBのこみはるとしての「アイドルがプロレスをやるということは正解なのか…そんなの誰にも分からないけれど、得たものはある」という証言にはまめプロの存在意義の一端が垣間見えるような真実を感じさせられ、やはり彼女たちが本職ではないからこそより真摯に誠実にプロレスと向き合っているガチな感情も伝わってきて何か嬉しい気持ちにもさせられてねぇ~。

 

昨夜の興行ではリング上での、まめプロ=WIP世界のストーリーにいても変化や勢力図の変動があり、やる側のマジに対して観る側もクソ真面目の受け身を取ってAKBとファンによるある種の共犯関係の成立こそ豆腐プロレス現象の醍醐味、という姿勢でありたい身としては当然そのファンタジーの内側にも前のめりに関心を向けたいわけで、昨日のリアル興行第2弾で生じた新展開としては、

 

・バード高柳が遂に引退宣言せず生涯現役を決意

・左上せいちゃん、正式にマッドドッグス入り

・WIPインターコンチ王座決定戦、決勝はディーヴァおだえりvsヤバクネ谷口に決定

・そのおだえりがヒールターン、ダースーベーダーズに電撃加入

・今大会を欠場し錦糸町道場から失踪中のチェリー宮脇、密かにメキシコ遠征へ

・次回リアル興行にてハリウッドJURINAvsオクトパス須田のタイトルマッチ実現がほぼ決定

 

といったところで、あと昨日の試合内においては特に触れられなかったけど、マッドドックスのカツオ廣瀬は現実におけるAKB48チーム8から廣瀬なつきが来月卒業することから今回がラストマッチということになるはずで、せいちゃんの唐突なマッドドックス参加はこの辺りの戦力バランスも関係しているのかも。卒業メンバーのまめプロ世界におけるストーリーは、海外進出ということになったユンボ島田のように、WIPマットから消えたメンバーの理由付けがもっと明確に設定されればより世界観が確立されて面白そうだけど。

 

今後のストーリーとして注目なのは、やはりメキシコ遠征というシチュエーションが用意されたチェリー宮脇の動向で、昨夜の大会でハリウッドJURINAとダースーベーダーズの抗争を軸とする闘いの構図が完全に確立されてしまったタイミングでの不在は本来の主役級存在であるはずのチェリー宮脇にとっては痛恨となった感もあるけれども、彼女の復活の仕方というのはリアル興行が起承から文字通りに‘転’の展開を生じさせる重要なストーリーとなるのは間違いなく、現実の宮脇咲良の48グループシーンにおける動向とリンクさせて括目してゆきたいところ。

 

メキシコからの凱旋帰国となれば、プロレス史的には「ハリウッドJURINAの噛ませ犬じゃない!」発言のような展開も想像させられるけれども(^o^;)ドラマの設定を拾うならば同じくメキシコ遠征という理由付けでまめプロ世界からフェードアウトしたキャラクター、エメラルドHARUKAとの合体というのも妄想したくもあり…現実的にはHKTとしての活動をはるっぴが休養中、という状況から難しいのは承知なんだけどねぇ汗

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

まめプロPPV視聴、今回も大いに刺激され感情揺さぶられ考えさせられ、心地よくリアルとファンタジーの境界線上を満喫させられるAKBのプロレス表現だったわ~キラキラ

 

前半3試合はプロレスの持つ明るさ、楽しさ、激しさの魅力をAKBを通じて表現してくれてるようでひたすら痛快、中盤のWIPインタ王座決定トーナメントのシングルマッチ2試合は普通にプロレスの試合としての面白さとスリルに満ちていて、そしてセミとメインはAKBだからこそ表現できるプロレス風景の現出に圧倒され、昨年8月のリアル興行第一弾を起とするならばそこから発展した、明らかに世界観が広がり進んだ承のリアル興行第2弾の結実に唸らされっ放しで…

 

今回は、後楽園ホールから何倍もキャパが広く観客数も多い会場での開催というのも難しいシチュエーションだったと思うけれども、その部分ともリングに上がったメンバー達は真っ向勝負で見事に渡り合ってみせたと思うし。

 

語りたい事はたくさんあるけれどもひとまず今宵は余韻に浸りたく、とりあえず最も胸熱くさせられ涙を禁じ得なかったのがボイス山田、というよもやの現象の衝撃と感動だけは記さないわけにいかない(^▽^;)

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

今日はこの後、18時からスカパーで生中継される「豆腐プロレスTHEリアルin愛知」に間に合うため、脇目も振らず速攻で帰宅しいま何とか滑り込みあせる

 

もう夕食も時間が無いから、完全にプロレス観戦気分でケンタのチキン買い込み臨戦態勢さ~(^▽^;)

 

今回は若干、当日券も出たらしいので平日開催でなければ、もしくは日帰り可能な時間帯の興行だったならば当然現地にてリアル体感したかったとこだったけどねぇ…

 

とにかくも、しかとAKBとプロレスの虚実の被膜その狭間に生じる‘本当’を、しかと見届けるのみビックリマークゴング

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

俳優の大杉漣の訃報を知ったばかりで、ここ数年の有名人の訃報の中でも相当に衝撃でショック大きいわ…一連の北野武監督作品での存在感は当然として、「シン・ゴジラ」とか「仮面ライダー1号」をはじめ自分の好きなジャンルの作品でも幅広く活躍されていてその好演ぶりに何度も胸熱くさせられてたからねぇ汗

 

「オールライダー」や「1号」における平成ライダー版・地獄大使としての熱演と、仮面ライダー作品に出演することへの敬意が伝わってくる姿勢が本当に嬉しかったし、あの「仮面ライダー1号」でのオリジナル本郷猛の藤岡弘、との堂々たる対峙っぷりはずっと忘れられないわショッカー

 

あと、TVドラマではAKBのゆきりんが主演を務めた深夜ドラマ「ミエリーノ柏木」へのゲスト出演回も非常に印象深く、あのドラマの面白さが自分のゆきりん推しのきっかけの一因だったことも含めて、あの回における佐野史郎・元キンコメの今ちゃん・ゆきりんvs大杉漣の壮絶かつ抱腹の罵り合いシーンは後世に語り継がれるべきほどの名場面だったと今あらためて最大級の賛辞を贈りたい!

個人的に野坂昭如と大島渚によるパンチvsマイクの殴り合い、長州力と橋本真也のコラコラ問答、そしてこのミエリーノ柏木における大杉漣回が‘日本が世界に誇る三大罵り合い映像’じゃないかとすら(^o^;)

 

いや~、他にももっと落ち着いて振り返ればあれにも出ていた、これにも出ていた、と思い出す作品がたくさんありそうだけど、亡くなって功績を讃えられるにはやはりまだあまりにも早すぎる存在だから、とにかく今はショックしかないなぁ…

 

 

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:

いよいよ決戦3日前に迫った「豆腐プロレスTHEリアル2018 WIPクイーンダムIN愛知県体育館、全対戦カード及び初参戦レスラー達のイメージショットも公開となり、こうやってビジュアル面でも煽られると既に脳内まめプロ妄想が抑えきれないほどに滾らされるわ~メラメラ

 

 

 

 

 

 

 

 

やはり初参戦組のイメージショットは新鮮で、明らかにセミのアジャ…じゃなくてグレゴリオ杏奈の異質感は突出しているけどあせる

 

公式ツイッターで公開されている、各まめプロレスラー達の練習風景も日を追うごとに驚かされ本当に目を見張らされるものあって、特に谷口めぐ=ヤバクネ谷口のドロップキックが見事なフォームで印象強く、相手にヒットした後の捻りと受け身の素晴らしさにはプロレス好きの観点からも唸らされるものあるわぁ~(ノ゚ο゚)ノ

 

 

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。