下北沢B&Bにて行われた
マンガエッセイストの川原和子さん、
映画化もされた大ヒット猫エッセイ漫画『猫なんかよんでもこない。』の作者である
杉作先生のトークイベントに行ってきました。


『ネコマンガ(●ↀωↀ●)✧ コレクション』(立東舎)の刊行記念イベントです。






この本、「100匹のネコと13人のネコ好きマンガ家」という副題のように
マンガに登場する古今のネコキャラ100匹紹介、
そして杉作先生を筆頭に愛猫マンガ家13人のインタビューが載っているという
究極のネコマンガ本であります。


『What's Michale?』や『きょうの猫村さん』みたいな主役ネコから
チョイ役ながら人気のネコキャラまで。


私の最近のお気に入りのネコキャラもちゃんと載ってました。

『ヤコとポコ』(水沢悦子)のポコ。



ロボットネコですけど。




『猫田のことが気になって仕方ない。』(大詩りえ)の猫田くん。





猫田くんは、ヒロインの女の子だけになぜか「ネコ顔」に見える…
という設定なんで、一応ふつうの人間なんですけど。



ミックもにゃんころりんもオヨヨも横須賀ロビンも
スーパーキャットもミーくんも載ってましたね~。



1940年代から現代までのネコマンガの歴史をたどり
時代によっての傾向を分析した「ネコマンガヒストリー」も
めっちゃ読みごたえありました!




川原さんは杉作先生の古い友人だそうで
デビュー前の習作も持ってきてくださったのですが
その頃からネコの描き方、ほぼ確立されていたんです。


杉作先生のネコって、けっこう独特です。






まんまるで大きな目がくっついてる。
ひと目で杉作先生のネコだ!ってわかりますよね…。



しかし杉作先生、作風のイメージ通りというか。
謙虚で話し方もやさしくて。

飄々として見えて、
その内面は熱く、妥協しない方だと感じました。



今年になってすでに5冊も刊行されたとか!
当然ネコの出てくる作品を…と望まれると思うのですが。
ネコが登場するにしてもどの作品もそれぞれに違う色、
切り口があることからも真摯さが伝わってくるのです。






最近どこかで「ネコマンガブーム」という言葉を目にしたのですが…
言われてみればそうなのかも!?


AD