疾風のシンクロン3rd

たまに更新します


テーマ:

新パックレイジング・テンペストにこんなカードが収録されるようで。

 

 

 

魔法・罠をデッキから直接墓地に落とせる魔法カードがきちゃいました!!

チェイン亡き今、この効果は非常にありがたいのではないでしょうか。

 

というわけで相性良さそうなデッキやカードを探してみました。

 

その① 幻影騎士団

 

 

皆さんご存じ幻影騎士団の罠カード。特に幻影霧剣はデモンズ・チェーンのような効果を持ち、汎用性が高いので【幻影彼岸】などでよく採用されていますね。

 

これらのカードは墓地の自身を除外することにより幻影騎士団モンスター1体を蘇生する効果を持ち、さらに墓地発動系カードにありがちな「この効果はこのカードが墓地に送られたターン発動できない」という制約がないので、おろかな副葬で墓地に落とせば速攻で幻影騎士団を蘇生できるようになります。

おろかな副葬が【幻影騎士団】限定の死者蘇生となる形ですね。

 

その② U.A

 

 

このカードは墓地に落とせばU.A魔法カードをサーチできます。

つまりおろかな副葬がU.A魔法カードサーチになります。

 

 

【U.A】とは元は海外新規テーマであり、U.Aモンスターをバウンスして代わりに自身を特殊召喚するという共通効果で次々にモンスターを入れ替えていき、攻撃・防御を臨機応変に行っていくデッキなのですが、

 

 

下級モンスターがこいつしかいません。

……つまりは、このカードを起点として召喚しなければ、【U.A】モンスターを展開することが出来ず、動けないまま終わってしまうのです!!

 

そこでU.A魔法カードでのサポートが必要となります。

その中でも特に初動として使いやすいのがのがこちら。

 

 

起点となるU.Aモンスターをリクルートできる魔法カード!!

ファンタジスタでも何でもいいのでU.Aをリクルートし、手札のU.Aと入れ替えれば【U.A】としての動きが可能になるのです!

 

そしておろかな副葬の登場により、このカードをスムーズに手札に加えられるようになり、初動が安定するようになりました。

 

STEP1…おろかな副葬で≪U.A.ペナルティ≫を墓地に落とす。

STEP2…ペナルティの効果発動。≪U.A.フラッグシップ・ディール≫をサーチ。

STEP3…そのまま発動。U.Aモンスターをリクルート

 

ちなみにフラッグシップ・ディールで出したモンスターは様々な制約が課されますが攻撃に関しては制限がかからないので、おろかな副葬1枚が2600打点に化けたりします。凄いですね。

 

その③ ヴォルカニック

 

おろかな副葬の効果を見た時、だれもが≪ブレイズ・キャノン・マガジン≫とのコンボを思いついたことでしょう。

副葬でマガジンを落とし、マガジン効果でバックショットを落とせばメインフェイズ限定ですがフリーチェーンのサンダーボルト+1500ダメージになります。シンプルに強すぎです。

 

チェインが死んだ今マガジンをスムーズに墓地に送れるカードがベアトリーチェくらいしかなかったのですが、【彼岸】もしくはランク6を出せるデッキでしか採用できない彼女に対し、おろかな副葬は【ヴォルカニック】にそのまま投入するだけで十分な働きを見せてくれます。

 

 

その④ ジェムナイト

 

単純にジェムナイトフュージョンを落として自身の効果でサルベージ。

実質ジェムナイトフュージョンのサーチを行うことができます。

 

ただし、以前ジェムナイトフュージョンを墓地へ送るために使われていたラヴァルバル・チェインと違い、副葬単品では除外用のジェムナイトを墓地に用意することができません。そこだけは注意(初動での使いづらさに繋がります)。

 

その⑤ バージェストマ

バージェストマは墓地から自己再生する共通効果を持っているので、副葬で素早く墓地に落とせば……と言いたいところですが、≪バージェストマ・マーレラ≫が罠カードをデッキから墓地に落とす効果を持っており、更にバージェストマの名を持つので様々なサポートに恵まれ、自己再生も可能。とそちらの方が使いやすいのかなぁ、とも思ったり。

 

その⑥ 方界

 

この2枚を直接墓地に叩き落せるのが本当に強いです!

 

これらは2枚とも普通に発動するには条件が必要であり、

≪方界合神≫罠カード故に伏せて1ターン待たなければならず、そもそも【方界】の融合モンスターは最重要モンスター≪暗黒方界神クリムゾン・ノヴァ≫3体を融合素材としなければならない重いヤツしかいないので、普通に発動するのはリスク高すぎ。

 

≪方界業≫は合神ほどではないですが、自分の場に方界モンスターが存在することが発動条件なので、やはり発動するのが辛いです。

(方界モンスターで通常召喚可能なのは、方界胤ヴィジャムと流星方界器デューザのみ)

 

そのため、今まではデューザの効果で直接墓地に落として使われていたこれらのカード達ですが、副葬の登場によりそちらでも墓地に送れることが可能になったため、初動の安定、戦線維持のし易さ等、様々な点において使いやすくなりました。

 

デューザを握っていなければ【方界】デッキは動けないも同然なのですが、そのデューザを副葬でサーチする事が可能になったのは大きいですね!

 

その⑦ ナチュル

 

ナチュルサーチ。

バンブーシュートサーチしてから相手の魔法罠発動を封じたり、マロンサーチしてから召喚するのが強そうですね!

 

 

その⑧ 汎用カード

 

 

ブレイクスルー以外汎用と呼べるのかは怪しいですが、これらも墓地に送る事で強力な効果を発揮できるようになるので、副葬との相性はバツグン!!

 

妖怪のいたずらはフリーチェーンでエクシーズ召喚・シンクロ召喚の妨害が行えるので、相手は対策を取る必要が生じますね。

小人のいたずらは妖怪ほどの奇襲性はないものの、下がったモンスターのレベルはそのままなので同じくエクシーズやらの妨害が可能。

 

ブレイクスルーは副葬で置いた次の自分のターンから使用可能なので、ちょっと遅いかも。

護封霊剣はお守りですね。

 

 

まとめると、墓地で効果を発動する系の魔法・罠カードとはだいたい相性が良いです。

個人的にイチオシなのはやっぱりマガジンを落としてのフリチェサンボル+1500バーンですかね。魔法カード1枚でこんな事が出来る時代になるとは、ビックリですよ…w

 

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:

禁止 

レベル・スティーラー

 

制限

聖なる魔術師

デビル・フランケン

マジェスペクター・ユニコーン

PSYフレームロード・Ω

 

準制限

アーティファクト-モラルタ

甲虫装機 ダンセル

カオス・ソルジャー -開闢の使者-

慧眼の魔術師

DDスワラル・スライム

DDラミア

光天使スローネ

マスマティシャン

神の写し身との接触

真帝王領域

モンスターゲート

 

制限解除

クリッター

クリフォート・ツール

サウザンド・アイズ・サクリファイス

光の援軍

六武の門

堕ち影の蠢き

光の護封壁

 

 

 

「大勝利」

 

……いや、何でこいつに規制がかからなかったのか謎。強欲な壺ですよこいつ。

 

 

という訳で環境で活躍していたデッキの内、ソリティアして先行5ハンデス、さらにクリスタルウィングやチェーンの組み方などを駆使し、ある程度手札誘発もケアをしてきて後手プレイヤーのワンチャンすら許さない凶悪なシンクロデッキ【シンクロダーク】に対しては非常に厳しい規制のメスが入りました。

 

ハンデスのキーカードであった ≪PSYフレームロード・Ω≫ だけでなく、墓地から特殊召喚しまくる(通称てんとう虫のサンバ) ≪レベル・スティーラー≫ の禁止化により、従来の動きが不可能になりました。

 

まあこれはやられる側からしたらどうしようもないですし(幽鬼うさぎをケアする方法も存在したし、増殖するGはライブラリアウトに利用されがちなため、手札誘発でもどうしようもない場面が存在したため)、仕方ない規制だと思います。

 

 

その他は【メタルフォーゼ】から≪マジェスペクター・ユニコーン≫ ≪デビル・フランケン≫ の二枚が制限に指定されました。

これら二枚は先行制圧で悪用されてましたね。最近はフランケン入ってない構築多かったですけど、クソゲー促進するカードは規制対象になりうるのですね。

ユニコーンは低速ビートをぶち殺すカードなので、規制を喜ぶ人も多いでしょう!

特に、基本的に1ターンに1度しかエクストラモンスターを展開できず、かつ破壊耐性を持つもののバウンスには無力なリードブローがすぐにぶっ飛ばされるBK使いからすれば狂喜ものですね(笑)

 

 

制限復帰枠には≪聖なる魔術師≫ が。

 


 

OCG的には手軽に魔法回収できるヤッター!!! という感じですね。

リバースがちょい遅いというのが難点ですが。。

それに、最近は1ターンに1度という制限がかけられている魔法が多いですし、汎用性は徐々に失われていっています。妥当な緩和でしょう。

 

 

続いて準制限を見ていきましょ・・・・・ん?

 

 

 

 

 

 

 

 

 

!?

 

一昔前では考えられない緩和ですね。ビックリ。

 

でも確かに開闢は今でもパワーカードに違いはないですが、環境で無理なく採用できるデッキが少ない点、また、そのようなデッキでも無理をしてまで採用したいかと言われたら、って感じですね。

このカードの制限緩和はますますネフィリムの制限復帰が遠のいたという認識でよろしいでしょうか。

 

準制限への規制枠は【DD】より≪DDスワラル・スライム≫ ≪DDラミア≫ が一枚ずつ削られた形になりました。

思ったよりも規制が緩くてびっくりしました。ただ、これで気軽に強欲で貪欲な壺を打ちづらくなったのは確かですし、一枚ずつ減っただけでも安定感はかなり落ちたと思います。

DDは器用にシンクロ・融合・エクシーズを展開できる強力な制圧デッキであり、後攻ワンキルも狙いやすかったのですが、≪増殖するG≫ や≪幽鬼うさぎ≫ にめっぽう弱く、環境終盤に登場した壊獣たちのせいで、せっかく出来上がった場も荒らされるようになりそれほど強さを発揮することはできなくなっていたのですが、やはり日本代表になったからには規制される運命なのですね。

 

他の準制限カードはスローネ、ダンセル、マスマティシャン、エルシャドールフュージョンなど一昔前の環境トップデッキにみ込まれたキーカードが目立ちます。

ダンセルはメタルフォーゼ利用したソリティアがまた捗りそうですね。

 

 

続いて解除枠。

前々回、前回と仲良く緩和された≪クリッター≫ ≪サウザンド・アイズ・サクリファイス≫ の二枚は仲良く制限解除されました。

 

クリッターはエラッタにより1ターンに1度しか発動できないようになり、さらに手札に加えたターンそのカードの効果を発動できなくなりましたからね。サウサクは3枚積むカードではないですし、解除されるのも当然ですね。時代の流れを感じますw

 

ちょっとびっくりしたのは≪光の援軍≫です。

妖精伝姫シラユキを利用した【シラユキライロ】が最新型ライトロードデッキとして存在しており、環境デッキにも互角…とは言えませんが十分に渡り合える強さなので、援軍はしばらく緩和されないかな? とか勝手に思ってましたw

他のカードはそのうち解除されるだろうと思ってたので特になんとも思わないです。

 

 

今回の改訂は緩和が多めでいいですね。強力な過去の制限カードたちの緩和に興奮を禁じえません。

疑問を覚える点は、超パワーカードの強欲で貪欲な壺と、環境トップをぶっちぎっている【ABC】に何の規制もかからなかった点ですね。

 

それでは今回はこの辺で。

 

 

(すごく久しぶりに更新した、というかキーボード打つのも久しぶりだったのでめちゃくちゃ肩こりしました】

 

 

 

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

テーマ:
いやーーTwitterのレポートを見てるだけで高まりましたよ。高校生ラップ選手権!

前回王者のニガリやチャンピオンキラー、EINSHTEINの参戦、初参戦のラッパーやあのTAKAまで戻ってくるという豪華ぶり。

バチバチ間違いなしですね。


ここからはネタバレ注意なので反転で!

Aブロック一回戦
1試合目 言×THE ANSWER vs KY-7 勝者言×THE ANSWER
2試合目 EINSHTEIN vs MC Rey 勝者MC Rey
3試合目 SNOZZZ vs ANATOMIA 延長の末勝者SNOZZZ
4試合目 RACK vs WillyWonka a.k.a TAKA 延長の末勝者TAKA

Bブロック一回戦
1試合目 S-MA BISKET vs Jua 勝者S-MA BISKET
2試合目 SLEAZY vs Rude-α 延長の末勝者Rude-α
3試合目 Salvador vs Y-HORNET 勝者Y-HORNET
4試合目 Icerey vs MC☆ニガリ a.k.a 赤い稲妻 延長の末勝者ニガリ



今大会は延長戦が非常に多い事が特徴です。
それだけ、お互いの実力が拮抗しており、ヤバイMCが多いということですね。
生放送ではないので時間を気にしなくてもいいですし。

ベストバウトはRACK vs TAKA、SLEAZY vs Rude-α とのこと。
放送が楽しみで仕方がないです。


続いてAブロック二回戦
1試合目 言×THE ANSWER vs EINSHTEIN 勝者言×THE ANSWER
2試合目 SNOZZZ vs WillyWonka a.k.a TAKA 延長の末勝者TAKA

Bブロック二回戦
1試合目 S-MA BISKET vs Rude-α 勝者S-MA BISKET
2試合目 Y-HORNET vs MCニガリ 勝者MCニガリ


チャンピオンキラーEINSHTEINがまさかの敗退。
それだけ言×THE ANSWERのラップスキルは確かだということですねー。

そして2回戦でも延長になったTAKA。そこからも勝ち上がるスタミナとスキルは素晴らしいです。
TAKAは今大会のMVPとTwitterでも称賛されています。

S-MA BISKETはRude-αの出してきたマリアに関するネタを掻っ攫い、自分のペースにしてそのまま勝利したようです。
フリースタイルバトルの勝ち上がり方を知っていますね。

ニガリは相変わらず横綱相撲のようです。


Aブロック準決勝
言×THE ANSWER vs WillyWonka a.k.a TAKA 延長の末勝者言×THE ANSWER

Bブロック準決勝
S-MA BISKET vs MCニガリ 勝者MCニガリ


このS-MA BISKET vs MCニガリは前大会準決勝で見られたカードであり、選手権内での再戦は (第1回~第7回の間で)初めてのことです。
ここでもニガリは強者ぶりをみせ、決勝へ進んでいます。

言×THE ANSWER vs TAKAは非常に興味深い試合ですね。
TAKAは3試合連続延長戦になっているので、疲れが出たのかも。

そして決勝は言×THE ANSWER vs MCニガリ。

これも前大会でベストバウトを繰り広げた強者同士の因縁の対決です。

結果は・・・延長!
決勝で延長が出たのは大会史上初のことです。それだけ凄いということですね。


そして延長の末・・・優勝したのは




MCニガリ!!!

すごいです。二連覇。彼は紛れもなく10代最強のラッパーです。
ニガリ君おめでとう!!!



今大会の結果を見ていて、延長が非常に多いな、と感じました。
もちろんダメなことなんかではなく、いいことです。

フリースタイルバトルの大会らしさがよく出ていると思います。




放送日は4月13日だそうです。楽しみですね!!

今回出場した16人の高校生ラッパー、審査員の皆さん、ダースレイダーさん、DJケンボーさん、BAZOOKA!!メンバーやスタッフの皆さん、本当にお疲れ様でした。

次回の大会も楽しみです。
AD
いいね!した人  |  コメント(5)  |  リブログ(0)

テーマ:


ノーライフの服を作ろうと思って頑張ってるんですが
素材の素材の素材・・・となる聖導銀がグラストンアーマーからしか手に入らなくてしにそう
しかもドロップ限定、レアドロップ・・・

以前は結構手に入ったんですが、おととしのマップ改修でこんなことになってしまったようです。
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:
ほんま、いつの間にか更新しなくなって7ヶ月・・・

はやくも大晦日になってしまいました。


ごめんなさい。落ち着いたらブログ再開するつもりなんで!
よろしくお願いします。


あ、2日にさばげぶっの特番あるので楽しみすぎてよだれ出そう
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。