昨日、仕事が終わってから俺にとって初の単独オーディションに行って来た。

事務所からのオーディションは「隠し剣 鬼の爪」で経験あるんやけどね。でも

隠し剣の場合は事務所絡みやったし、他の事務所の顔見知りの人らとか

いつもお世話になってるスタッフさんらもいっぱいいてたからそんなに大げさな

雰囲気ではなかったんやわ。だから今日が俺にとって実質初めての経験。


もうね、ボコボコに打ちのめされました。 。・゚・(ノД`)・゚・。作品は自主映画やねんけど

その作品のテーマが「言葉を使わずにいかに相手に自分の想いを伝えるか」って

いうものでよ、オーディションの内容もそれに沿った形やったんやけど、二人一組

で片方は相手に“嬉しい”という気持ちを、もう片方は相手に“悲しい”という感情を、

それぞれ3分の制限時間内でどれだけ伝えれるかって内容やってん。俺の役は

“嬉しい”を表現する側やったんやけど、俺の時だけなんでか知らんけど監督が

自らその相手役を努めてくれる事になってさ、一瞬「おっ、こりゃラッキーかも♪」

って思ったのも束の間、監督から容赦ない鋭いツッコミがばんばん飛んでくる。


会話形式で、聞き手役は主役の言葉に対して何かしら相槌を返すってルール

やねんけど、その監督の相槌ってのがこれがまたハンパやなく強力で、こっちが

いくら一生懸命“嬉しい”って気持ちを伝えようとしても「またまたそんな事言って」

「本当の事言って下さいよ~」とか言って否定しまくる。ちょっとでも気を抜いたら

「そうやねん・・・ほんまは嬉しくないねん・・・」ってついポロっと言うてしまいそうな、

そんな状況で格闘する事約5分。しまいには感情を伝えるっていうテーマなんか

そっちのけでほとんどワケのわからんアドリブの応酬になってしまってた・・・orz


もう徹底的に打ちのめされたよ、自分の力量不足に・・・( TДT)オーディションの

雰囲気に飲まれたらアカンと思って極力気を楽にして臨んだつもりやってんけど、

全く裏目に出てしもた。まだまだ掘り下げ方が足らんわ。さらにその後、30秒ほど

の時間の中で今度は一人だけで、自分が今一番誰かに伝えたい想いを極力言葉

を使わずに演じて下さいって言われて、その前の時点でボロボロになってた俺は

何を思ったか“オーディションの最中に悶えながらウ○コを必死に我慢してる演技”

という、これまたとんでもなく見当違いの演技を披露してしまう事に・・・。


自分の思考回路を疑ったよ。もっと他に出来る演技があったんちゃうんかオイ俺!

なんでよりによってウ○コやねん!その演技で一体何を伝えたかったんじゃ!


・・・とまぁそんな感じで今とことん凹んでますorz


しかももう一週間も経つのに喘息の治まる気配が一向にないし・・・。゜(゚´Д`゚)゜。

親父もオカンも旅行に行ってて俺以外誰もいてへんから余計に心細いわ。

AD

今日は久々に撮影の思い出話を。


今、映画やドラマ・CMと、ノリにノッてる上戸彩ちゃんの代表作と言っても

過言ではないアクション時代劇映画・「あずみ」(原作・小山ゆう)その続編

である「あずみ2 ~Death or Love~」がいよいよ9月22日にリリースされます。


famima.com


で、その「あずみ」には1も2も通して出させて頂いてたんやけど、ちょうど

1の撮影の時期が10月~11月あたりで、日によっては雪もチラついててん。

うちの事務所のベースがアクション事務所って事で、立ち回りのシーンや

動きのあるシーン専門の役者っていう扱いでトータルで3週間ほど、滋賀の

比叡山や広島の“みろくの里”へロケに行ってたんやけども、その当時俺は

まだ事務所に入って半年も経ってへん、ほとんど新入りに近い状態やった

から当然、主要キャストとの立ち回りなんてモノはさせて貰えるハズもなく

(あ、でも原田芳雄さんと成宮寛貴くんとはちょっとだけさせて貰えましたぜ)、

出演シーンのほとんどが“付け回し”って言うてジリジリと主要キャラの周り

をウロつく程度のものでした。それだけでも俺にとってはもうスゲぇ貴重な

体験の連続で、ドラクエに例えるなら毎回はぐれメタルが出てくる感じw


毎日・毎シーン・毎カットの一つ一つが勉強になったし、何よりも驚いたのが

主要キャストの方達の自分の演技に対するひたむきさ。ドラマや週刊誌で

よく登場する売れっ子俳優とかのイメージってさ、スタッフをアゴで使ったり

なんやかんやとゴネたりなんかして、スゲぇ横柄なイメージってあるやん?

あんなん全っ然ウソ!どの俳優さんもみんな素朴で、優しくて、撮影の合間

なんかは俺らにでも気さくに話し掛けてきてくれたよ。オダギリ・ジョーさん

なんか、昼の弁当ん時とか俺らに混じって自分で取りに並んでたしw


でも、いざ演技が始まるとなるとやっぱスゲぇ。誰もが役者の顔つきになる。

そんな中で俺は自分自身どこまでやれたのか、ハッキリ言うて今も判らん。

あまりにも知らん事多すぎたからね。でも、一生懸命必死でやったよ。特に

あの映画は北村監督が豪快な人柄で、あんまりど~でもええ事に拘ったり

せん監督さんやったから(それについては賛否両論あるみたいやけどさ)、

こっちも思いっきり自由に演じる事が出来た。ロケの最終日なんか、俺も

「今日で最後なんや・・・」って思ったら淋しい気持ちの反面、気持ちのどっか

がプツンと吹っ切れてしもて、自分から衣装さんにお願いしてこんな格好↓に

してもらった。現場は雪がチラチラ。逆にスタッフさんが心配してくれてた(汗)

(1カットだけやしまず判らんやろうから見付けた人は神認定wヒントは櫓♪)


乳輪4つあるし・・・


ちなみに他の出演シーンでも、知り合いの誰が観ても俺がどこに映ってた

のか判った人が全くおらんかったら悔し紛れに一つだけ言わせてもらうと、

うきは(成宮君)がヤバい状態の時、右肩にしめ縄をかけておでこに鉢がね

を巻いて刀を振り上げてる男です。(つД`)あとは赤サラシに赤ターバン男。


もしこれからこの作品を観る人がいてたら、“ウォーリーをさがせ”感覚で

探してみて下ちいm(__)mけっこういろんな発見があるかもよ♪

AD

ヅラって言うな!

テーマ:

え~、皆さんこんばんは。・・・ってまだ誰もおらんかorz

まぁいいや。とりあえず第2回目のブログいきまっす!


今日のテーマは「かつら」


時代劇をよくご覧になられる皆さんは大抵ご存知かと思いますが、

時代劇にはかつらが必要不可欠であります。そのかつらを被るに

あたって、まさかとは思いますが念のために説明しておきますと

あのチョンマゲの乗っているハゲの部分は頭を実際に剃っている

訳では決してございません(中にはそんな人もいるけどねw)。


羽二重(はぶたえ※俺らは“はぶたい”って読んでる)っていう、

正方形の布切れの両端に帯状の紐が2本ずつ伸びたようなモノを

おでこの生え際から頭部全体にびちっと貼り付けて、その上から

俗に“つぶし”と呼ばれるウ○コみたいな色した粘土のようなモノを

使って地肌と羽二重との境目を慣らし、さらにその上からドーラン

を塗ってまるであたかも剃り上げたような頭頂部を作るんです。


毎回思うんですが、やっぱプロのメイクさん達の技術はスゴい!

もうパッパッパッ!って、あっちゅ~間に仕上げてくれるもんね。

出演者が多くてメイクさんの手が回らん時とか、たまに自分で

何とか巻いてはみるけどいくらやっても上手く巻く事が出来ん・・・

舞台に出てた時は毎日自分で巻いてたんやけどなぁ…(つД`)


と、話をかつらに戻して。主役の方はもちろん、ほとんどチョイ役

の方でも、その役が決まった時点で事前にかつら合わせをする

んやけど、大人数でのシーンの撮影なんかの時に集められる

エキストラの方たちの場合、そのかつらを被るのもその日限りと

言う事で事前にかつら合わせなんていちいちせんのよね・・・。

当日、メイクが終わった段階でエキストラ用のいろんなサイズの

かつらからピッタリ合うかつらを付けてもらうんやけど、最後の方

になるにつれてだんだん合うサイズがなくなってくる・・・。


そうなるともう、地獄ですよ。゜(゚´Д`゚)゜。最初は自分でもほとんど

気づかんねんけど時間が経つにつれてだんだん頭がズキズキ

してくる。まるでアイアンクロー喰らってるみたいに頭の両端が

うずいてくるんです( TДT) 俺も今までに何回か経験あるけど

(ちなみに今はかつらに名前を入れてもらってるから大丈夫♪)

ヒドい時なんかは途中から吐き気までしてくるんよ、いやマジで。

あまりにも痛すぎる時は合間を見てメイクさんに応急処置して

もらうけど根本的にかつらが合ってない時はホンマに苦痛・・・。

一度なんか、そんな状態でメイクさんに変に気を遣って撮影が

終わるまで我慢してたら、かつら外した瞬間それまで痛かった

所がまるでどつかれたみたいにプク~ってふくれてたんこぶに

なったからねwあれは自分でもめっちゃビックリしたわ(;´Д`)


あと、一旦かつらを付けてもらった後は撮影がおわるまでの間、

顔の表情もむやみに変えたり出来ません。控え室でゲラゲラと

馬鹿笑いなんてしてると、気づいたらつぶしがパックリ割れてて

いざ撮影!という時になってメイクさんに迷惑かかります(;´Д`)

それと夏場はどうしても汗をかくから水分もあんまり摂らんように

普段から気をつけとかんと、俺なんかは特に汗かきやからもう

ほぼ毎回本番前になるとメイクさんが直しに来てくれて、ホンマに

いつも申し訳なく思っとります・・・m(_ _)m


という訳で、これを読まれた方で今後もし時代劇に出演する機会

があったりした際にはくれぐれも順番に出遅れないように、あと

アイスノンや冷えピタなんて結構重宝しますw


ではでは今回はこの辺で(長ぇ・・・)

AD