人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html


公式生放送 (ツイキャス)
http://twitcasting.tv/doronpa01

桜井誠 twitter
https://twitter.com/Doronpa01 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

本文

 

秋田県男鹿市で史上初めてとなる北鮮からのミサイルに対する避難訓練が行われたと韓国で報じられています。今回の北朝鮮のミサイル実験の際に、日本側排他的経済水域内に着弾しましたが、着弾海域にもっとも近い地域の一つがこの秋田県男鹿市だったのです。さらにこの男鹿市は昨年の北鮮によるミサイル実験で、初めて排他的経済水域内への着弾が確認された際も最も着弾地点に近い地域として秋田県男鹿半島の名前が挙がっていたことは、記憶に新しいところです。


まずもって我が国政府は仮に北鮮のミサイルが着弾すれば、真っ先に被害に遭うのがこうした地方の住民であることを本当に理解しているのでしょうか。被害は数字ではなく、そこに生きる人間です。国会議員に巨大な権力が与えられているのは、こういう国の一大事に強権を発動するためであって、「チョウセンジンノジンケンガー」とがなり立てるためではありません。まず第一に考えるべきは、被害を少しでも抑え込むこと、そして迅速な救助と並行し、日本に手を出させない反撃体制の構築です。


たしかに現在PAC3を日本は稼動させています。初段の迎撃がイージス艦、それで撃ち漏らしたミサイルを落とす最終手段と言われていますが、複数のミサイルを撃ち込まれた場合、全弾撃墜は無理であり必ず日本のどこかに被害が及びます。更に、その後の反撃体制に至ってはまったく準備が出来ていないのが我が国の現状です。我が国は戦力だけ見れば確かに世界でも五本の指に入る軍事力を持っているように見えるかも知れませんが、それを運用するソフト面で制限を設けており、北鮮のミサイルにさせ対応できないお粗末な状況なのです。


こうした日本の危機に対して、戦後初のミサイルを理由とした、避難訓練が行われたのは特筆すべきことですが、それは一方で国よりも地方の方が北鮮のミサイルに対して、脅威を感じていることの何よりの証左なのです。この時に、我が国政治家が誰も動かないのであれば、いったい何のために高い税金を払って議員を養っているのか、国民各層の疑問は深まるばかりでしょう。そして、「鮮人の人権」やら「朝鮮と仲良く」などと言っているパヨク連中は口先ではなく、こうした北鮮の戦争挑発の言動について金一族と掛け合って、ミサイル実験を止め、拉致事件を解決するべきです。それが出来ないのであるなら、「鮮人の人権」とはテロリストの戯言と切って捨てられても文句は言えません。

 

 

 

人気ブログランキングへ 
※ ブログランキングへのご支援宜しくお願いします!

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<南九州・講演の旅 お知らせ>

 

南九州講演会、三県三会場(熊本、鹿児島、宮崎)の観覧希望者について、党員先行で申し込み受付を行います。各会場とも党員先行の申し込み受け付けは今月いっぱい、31日までとなっています。4月1日からは一般に開放して観覧希望の申し込み受け付けを開始します。各位、ご了承の上、お申し込みください。なお、それぞれの定員は、熊本会場(70名)、鹿児島会場(70名)、宮崎会場(30名)となっています。下記案内の詳細、申し込みは党公式サイトをご覧ください。

 


【残り65席】 桜井誠 南九州・講演の旅 【熊本編】


初めて訪れる南九州(熊本・鹿児島・宮崎)に心躍らせる日本第一党党首桜井誠。最初の訪問地熊本です。被災にめげずに頑張る熊本へのメッセージを込めて講演します。
『 新・列島改造論 一極集中から多極分散型社会へ 』
日本の新しい形を桜井誠が熊本の皆さんに提案します。東京一極集中の危険性とこれからの日本に必要な「多極分散」という考え方を説きます。


※ 党員先行受付になります
  受付期間:平成29年3月15日(水)~ 平成29年3月31日(金)


※ 一般募集開始 平成29年4月1日(土)~ 平成29年4月26日(水)
※ 申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します。 
※ 講演会終了後、懇親会を開催します。こちらも奮ってご参加下さい。
※ 懇親会のみのご参加は受け付けておりませんので予めご了承下さい。


【日時】

平成29年5月3日(水、憲法記念日)

 

【予定】
開演の挨拶


国歌斉唱


<講演会第一部>


基調講演 先崎玲
  『 藤崎八幡宮秋季例大 』


講演 桜井誠
  『 新・列島改造論 一極集中から多極分散型社会へ 』


<講演会第二部>


対談 桜井誠+先崎玲
  『 地震大国日本 減災都市を目指して 』


質疑応答


閉会挨拶


【座席数(残席)】

70席(65席)

※ 3月21日現在

 

【講演会参加費】
おひとり様 千円


【主催】
日本第一党


【会場責任者】
先崎玲


【生放送】
ツイキャスにて放送予定
http://twitcasting.tv/doronpa01/


【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
チマチョゴリなど日本に相応しくない服装はご遠慮ください。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。


---------


【残り56席】 桜井誠 南九州・講演の旅 【鹿児島編】


熊本に続いて訪れる鹿児島。富士山の優美さと違い雄々しく震える桜島。鹿児島の土壌を作ってきた火山島に明治の御一新を成し遂げた男たちの夢を感じます。しかし、その鹿児島では近代日本を作り上げた保守層が消え去り、よりにもよって左翼人士を知事に担ぎ上げるなど目を覆わんばかりの惨状になっています。鹿児島に喝を入れるべく桜井誠渾身の講演です!


※ 党員先行受付になります
  受付期間:平成29年3月15日(水)~ 平成29年3月31日(金)


※ 一般募集開始 平成29年4月1日(土)~ 平成29年4月26日(水)
※ 申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します。 
※ 講演会終了後、懇親会を開催します。こちらも奮ってご参加下さい。
※ 懇親会のみのご参加は受け付けておりませんので予めご了承下さい。


【日時】

平成29年5月5日(木、子供の日)


【予定】
開演の挨拶


国歌斉唱


<講演会第一部>


基調講演 瀬戸弘幸
  『 演題未定 』


講演 桜井誠
  『 南洲公は何を目指したのか? 近代日本の歩み 』


<講演会第二部>


鼎談(桜井・瀬戸・先崎)
  『 明治の御一新 人材が綺羅星の如く現れた日本 』


質疑応答


閉会挨拶


【座席数(残席)】
70席(56席)

※ 3月21日現在


【講演会参加費】
おひとり様 千円


【主催】
日本第一党


【会場責任者】
先崎玲


【生放送】
ツイキャスにて放送予定

http://twitcasting.tv/doronpa01/


【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
チマチョゴリなど日本に相応しくない服装はご遠慮ください。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。


---------


【残り24席】 桜井誠 南九州・講演の旅 【宮崎編】


いよいよ最後の講演地となる宮崎です。七年前の悪夢、口蹄疫問題でも関係が取り沙汰された「韓国」を取り上げます。慰安婦問題を解決すべく自称保守政党自民党、安倍晋三総理が韓国と取り交わした日韓合意。これですべての問題を解決したはず…だったのですが。未だに熱を持ったままの慰安婦問題をどう解決すべきなのかを講演で問いかけます。


※ 党員先行受付になります
  受付期間:平成29年3月15日(水)~ 平成29年3月31日(金)


※ 一般募集開始 平成29年4月1日(土)~ 平成29年4月26日(水)
※ 申し込み期限前であっても定員に達し次第受付は終了します。 
※ 講演会終了後、懇親会を開催します。こちらも奮ってご参加下さい。
※ 懇親会のみのご参加は受け付けておりませんので予めご了承下さい。


【日時】

平成29年5月7日(日)


【予定】
開演の挨拶


国歌斉唱


<講演会第一部>


基調講演 先崎玲
  『 各(核)も迷惑な隣国


講演 桜井誠
  『 父祖の名誉を貶めた日韓合意 燃え上がる慰安婦問題 』


<講演会第二部>


対談 桜井誠+先崎玲
  『 ハタ迷惑な隣国との綺麗な別れ方 』


質疑応答


閉会挨拶


【座席数(残席)】
30席(24席)

※ 3月21日現在


【講演会参加費】
おひとり様 千円


【主催】
日本第一党


【会場責任者】
先崎玲


【生放送】
ツイキャスにて放送予定
http://twitcasting.tv/doronpa01/


【注意事項】
撮影が入りますので各自対応をお願いします。
主催者の許可のない録音・録画は固くお断りします。
チマチョゴリなど日本に相応しくない服装はご遠慮ください。
その他、会場責任者の指示に従い秩序ある行動をお願いします。

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<各地の講演会の状況>

 

3・26 日本第一党 大阪府本部・京都府本部 合同講演会
※ 観覧希望者の募集は終了しました


【日時】
平成29年3月26日(日)


【プログラム】
<講演会第一部>


開演の挨拶


基調講演 荒巻靖彦
『今までとこれからの活動のあり方と報告』 


講演 西村斉
『何故?批判があっても激しいと云はれる行動手法を取ったのか?その総括と今後について』 


質疑応答 


<講演会第二部>


講演 桜井誠
『貴方もすぐできる!! 街宣の心得十箇条』 


質疑応答 


【主催】
日本第一党


【会場責任者】
西村斉 (日本第一党京都府本部長) 


【生放送】
13:00からツイキャスにて放送予定
http://twitcasting.tv/doronpa01/

 

 

日本第一党 静岡講演会 開催のお知らせ【党員限定】

※ 観覧希望者の募集は終了しました

 

【日時】
平成29年4月9日(日)

 

【プログラム】

<講演会第一部>
基調講演 長尾旭
『 越すに越されぬ大井川

 

講演 桜井誠
『 日本第一党 未来に向けた戦いと地方戦略 【静岡編】 』

 

<講演会第二部>
対談 桜井誠+長尾旭
『 自民党政権で日本を守れるか? 』

 

質疑応答

 

【講演会参加費】
おひとり様 千円

 

【主催】
日本第一党

 

【生放送】
14:00からツイキャスにて放送予定
http://twitcasting.tv/doronpa01/

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

 

<日本第一党 入党のご案内>

 

日本第一党(略称、日本一)では党員を募集しています。

是非、日本一の公式サイトにお進み頂き、綱領・政策を吟味下さい。日本第一党がどのような政党なのかを十分理解されたうえで、入党を希望される方は規約をご覧下さい。規約には日本一への入党に際しての決まり事が記載されています。また入党条件は日本国民であることが求められています。

 

すべての諸要件に同意された場合は入党案内へお進み下さい。入党申込書をプリントアウト、必要事項を自筆で記載、返信用と党員番号送付用封筒に82円切手を二枚添えて、日本第一党事務局まで送付下さい。折り返し、事務局より振込用紙が届きますので、指示に従って党費を入金ください。党費の振込確認が出来れば、貴方は日本第一党党員です。

 

日本一の党員をお待ちしています!

 

日本第一党

http://japan-first.net/index.html

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<行動する保守運動からのお願い>

行動する保守運動では口座を開設し広く寄付を呼びかけています。寄せられた寄付は活動費用の他、今後予定している選挙への支援などに使わせて頂きます。皆様からの温かいご支援で成り立つ行動する保守運動の活動です。よろしくお願いします。

ゆうちょ銀行からのお振込み
記号 10010
番号 40796851
コウドウスルホシュウンドウ

ゆうちょ銀行以外からのお振込み
店名 〇〇八(読み ゼロゼロハチ)
店番 008
普通預金
口座番号 4079685
コウドウスルホシュウンドウ


 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


<署名のお願い>
 

日韓通貨スワップ再開に断固反対!

 

平成28年8月27日(土)、担当閣僚らによる日韓財務会議が韓国ソウルで開かれました。韓国側から「再開の要請があれば通貨スワップについて検討する」と発言していた麻生太郎財務大臣でしたが、結局韓国側からの要請があったものと推測される中で、日韓通貨スワップ再開に向けた協議が決まりました。


日韓通貨スワップは韓国だけを利する協定であり、これまで日本は無償で韓国経済の裏付けをしてきたようなものでした。しかし、そのことについて韓国から一言のお礼どころか、反日妄動を繰り返し、挙句通貨スワップも必要がないと斬り捨てるに至ったのです。この韓国側の動きは、支那側との密接な関係が進んだことによるもので、事実、日韓通貨スワップが切れると今度は支那との間に通貨スワップを取り交わすコウモリ外交を韓国は行ったのでした。

 

しかしその後、韓国は、米国の最新鋭地上配備型迎撃システム「高高度防衛ミサイル(THAAD)」を在韓米軍に配備するなど、支那側と衝突を繰り返すようになり、通貨スワップについても、韓国は支那に頼るわけにはいかなくなったのです。そのため、日本に対し再度、通貨スワップを求める事大主義(より強いものに付く主義)の恥知らずな外交を展開しているのです。

 

まだ通貨スワップ再開が決まったわけではありませんが、韓国の愚かなまでの事大主義に振り回され、いつものように韓国のいいなりになり、韓国だけを利する、日本に何の利益ももたらさない、日韓通貨スワップ再開に断固反対します!

 

※ 平成28年9月12日、署名第一弾を財務省に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第二弾を財務省に提出済

 

 

慰安婦問題の日韓合意に絶対反対します!

平成27年12月28日に電撃的に結ばれた慰安婦問題に関する日韓合意について、行動する保守運動は絶対反対を表明します。この決定はお金の問題ではなく、先人の名誉を傷つけ泥を塗る行為であり、それを保守本流を自認する自民党のトップが行ったことに対して抗議します。

多くの人にとって凡そ十億円「ぽっち」のお金で片が付くのなら安いものと思っているかも知れませんが、まずもって韓国が約束を守ることはなく、さらに先述のように先人を強姦魔だ、殺人鬼だと罵るに等しい合意は断じて認めることが出来ません。

賛同頂ける方は是非上記サイトからご署名をお願いします。皆さまの怒りを携え、内閣府に署名を提出したいと思います。

※ 平成28年2月12日、署名第一弾を内閣府に提出済
※ 平成28年9月12日、署名第二弾を内閣府に提出済

※ 平成29年2月14日、署名第三弾を内閣府に提出済

 

 

◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇

<お知らせ>

保守系裁判支援団体 すみれの会

http://ameblo.jp/saibanshiensumirenokai/entry-12158861617.html

 

この度、保守系裁判を支援する保守系裁判支援団体すみれの会を設立致しました。皆様もご存じの通り、保守活動に於きましては裁判に至るケースが多々ございますがそれに依って生じる裁判費用の負担が大きいのが現状です。

 

その為、本会は保守活動の裁判に掛かる費用を支援する為に支援団体を設立するとともに支援口座を開設し、広く皆様にご支援を呼びかけ保守活動をどんどん支援していきたいと考えております。どうか皆様のご支援の程、何卒宜しくお願い申し上げます。

 

保守系裁判支援団体 すみれの会

 


◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇◆◇


桜井誠 謹呈! お薦めサイト

 

日本第一党


行動する保守運動 

在日特権を許さない市民の会

せと弘幸BLOG 『日本よ何処へ』

保守速報

大鑑巨砲主義

正義の味方

AD

コメント(9)