人気ランキングバナー
↑↑↑
このブログを支持される方はこちらをクリックしてください。


平成22年1月24日(日)東京四谷区民ホールにて在特会臨時大会、そして同ホール前を出発する「外国人参政権断固反対!国民大行進 in 新宿」が開催され、休日のお忙しい中にも関わらず大勢の方にご参加いただきました。ここでご参加いただきました皆さまに主催団体を代表して心よりお礼申し上げます。

本来であれば、今回の臨時大会及びデモの詳しい報告を発表するところですが、今回のデモ終了後に不測の事態が発生したため、緊急にその報告をさせていただきたく思います。なお、大会の様子を収録した動画は最後にご案内していますので、そちらで確認ください。また、デモの様子を収録した動画は順次アップされていく予定です。

デモ終了後に終着点の公園で後片付けを終える直前にそれが起こりました。突然、大きな声が公園の入口から聞こえてきたかと思うと、見慣れない一人の男と参加者が掴み合って公園内に入ってきました。回りでは大勢の警察官が二人を引きはがそうとしています。その男は別の入り口から警察官に連れて行かれ、公園内にいたデモ参加者は事情が分からないため警察に説明を求めます。すると今度は、見たところかなり若い感じのマスク姿の男が警察官と参加者に囲まれ、結局その男も警察官に連れて行かれました。

とにかく、いったん現場を離れて状況を確認しようと公園の入り口方面に向かおうとすると、一人の男が片目を押さえて「あんたが桜井か? 」と聞いていきます。このような聞き方をする以上、参加者ではないのは明らかですが、たまたま公園でこの乱闘騒ぎに巻き込まれた人かと思い話を黙って聞きます。浅黒い不潔そうな顔の40後半から50くらいの男でした。「俺もやられたんだ。お前たち在特会が(後は聞き取れませんでした)」と喚き始めたため、この男は警察官に公園から排除され、それでもまだ公園の入り口で喚き散らしているようでした。

「テロ」が行われた同時間帯に桜井が実際に目撃したのは以上ですので、この報告を発表している段階でもすべての状況を把握しているわけではないことを付け加えておきます。ここから先の報告は現場を目撃した各位からの報告、所轄署の担当者との話などに基づくものです。

デモ終了後に公園の入り口で4人くらいの男たちが、帰ろうとしていた参加者に詰め寄り突然襲い掛かりました。そのとき、一人の男が催涙スプレーを撒き散らして、その男の正面にいたデモ参加者の目を直撃、回りにいた人たちも催涙スプレーの被害に遭ったのです。ただちに他の人たちがこの男を取り押さえようと公園の入り口から掴み合って公園の中に入って行きました。桜井が目撃したのはこの部分だったようです。この4人ぐらいの男たちは新宿南口で「在特会は排外主義者、人種差別主義者」と罵っていた連中とのことです。

激しい掴みあいだったため、警察官が両者を引き離し催涙スプレーをまき散らした男を公園の別の入り口から連行し身柄を確保しました。そしてこの4人組みの中にいた連中が他の参加者に取り囲まれていたとき、マスク姿の若い男がスタンガンを取り出し参加者の方の足に押し付けスイッチを押したのです。逃げようとした男は警察官に取り押さえられて連行されて行き、残ったうちの一人が桜井に突っかかって来た浅黒い不潔そうな顔の男でした。自分の仲間がまき散らした催涙スプレーで片目をやられて、なぜ私に喚き散らすのか犯罪左翼の考えることはまったく理解できませんが、以上が現場で起こった出来事です。

現時点までに入ってきている情報では、催涙スプレーを撒き散らした男とスタンガンで参加者の足を攻撃した男の2名が傷害容疑で逮捕されました。なお、このスタンガンを使った男は未成年者という情報もあります。真正面から催涙スプレーを受けた方とスタンガンで足を攻撃された方のお二人が救急車で病院に運ばれて治療を受けました。また、近くにいて催涙スプレーの被害を受けた方は、分かっているだけで男性3名と女性1名(所轄署から被害状況の聴取を受けています)、他にも何名かが目に痛みを訴えています。なお、救急車で運ばれたお二人は幸いにして重傷を免れ、退院されたという連絡を受けています。

反在特会を標榜し「外国人参政権賛成!」を訴えていた反日極左による犯罪行為は、帰り際の参加者を狙った卑劣なテロ以外の何物でもなく、在特会は激しい怒りをもって反日極左のテロ攻撃を非難します。在特会だけではなく行動する保守運動参加各団体全体で反日極左側への対応を再検討し、犯罪性をより増していく反日極左勢力の危険性周知と実効的な反撃を模索したいと思います。

最後に犯罪左翼によるテロ被害に遭われた皆さまの一日も早いご回復をお祈り申し上げます。


平成22年1月24日(日) 在特会会長 桜井誠


<動画案内>


【1・24在特会大会】桜井会長報告【外国人参政権断固反対!】

<ニコニコ動画版>
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9483984
<youtube版>
VOL.1 http://www.youtube.com/watch?v=o754uXXtMT8
VOL.2 http://www.youtube.com/watch?v=ak8BoARleRg
VOL.3 http://www.youtube.com/watch?v=zVs71p7tPn0
VOL.4 http://www.youtube.com/watch?v=PjSNb_ldGO4
VOL.5 http://www.youtube.com/watch?v=jeBkFX_0Ckw
再生リスト http://www.youtube.com/view_play_list?p=10E52F646649F732
<PeeVee.TV版>
http://peevee.tv/v/6amm55


【1・24在特会大会】西村幸祐氏スピーチ【外国人参政権断固反対!】
<ニコニコ動画版>
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9484183
<youtube版>
http://www.youtube.com/watch?v=NrvcKKHoRz8
<PeeVee.TV版>
http://peevee.tv/v/6amlb6


【1・24在特会大会】よーめん氏スピーチ【外国人参政権断固反対!】
<ニコニコ動画版>
http://www.nicovideo.jp/watch/sm9484309
<youtube版>
VOL.1 http://www.youtube.com/watch?v=Up1le5VDQVc
VOL.2 http://www.youtube.com/watch?v=6luLlQJ2x2Y
<PeeVee.TV版>
http://peevee.tv/v/6amkd8


----------------------

1.30 北海道支部勉強会 2010年第一回

~真実を伝えるためにも理論武装しよう!~


【日時】
平成22年1月30日(土) 13:00~15:00

【場所】
かでる2.7 1040号室
http://www.kaderu27.or.jp/

【内容】
1.北海道における強制労働について
明治時代からの北海道の開拓と労働の歴史を、当時の時代背景を踏まえての事例について現地写真などを交えて紹介していきます。また、北海道内で強制労働と言われている事例について、疑問点を挙げていきます。
講師:おかっち先生 (在特会会員 兼 正しい歴史研究会代表)

2.北朝鮮帰国事業(予定)
北朝鮮と韓国のパワーゲームに利用された「北朝鮮帰国事業」この近現代史についてお話します。
講師:在特会北海道支部運営

3.会員による東川町調査報告

【参加費】
資料代(300円~500円程度を予定)

【主催】
在日特権を許さない市民の会 北海道支部

【問い合わせ】
zaitokuhokkaidou@gmail.com
※終了後に懇親会も予定しています


----------------------

外国人参政権反対&重国籍お断り☆

朝敵小沢と反日議員にお仕置きパレード♪


外国人参政権と重国籍などに対して反対の声を上げ、それらを推進している公明党、共産党、社民党の売国議員にお仕置きしましょう。外国人参政権法案を推進する韓国民団・シナ中国共産党と、年々増加している在日シナ人・朝鮮人による凶悪犯罪に怒りの声を上げましょう。

【日時】
平成22年2月7日(日)
13:00集合 13:30出発 15:00解散予定

【集合場所】
柏木公園 新宿区西新宿7-14
地図は こちら をクリックしてください。

【コース】
柏木公園 → 靖国通り → 歩道橋下 → 工学院大前 → 甲州街道 → 新宿駅南口 → 明治通り → 伊勢丹前 → 職安通り(朝鮮人の巣窟)→大久保公園(解散)

※コースは諸事情によって変更される場合もあります。
※新宿区の公園貸与規定により、集合・解散場所での集会は行いません。


【その他】
雨天決行。日章旗、旭日旗、Z旗、プラカード、幟、撮影歓迎。
当日は撮影が入りますので、顔を移されたくない方はサングラスなどを持参してください。
着物の女性大歓迎。
主催の指示に従える紳士かつ職安通りで頼りになる男性大歓迎。
新宿駅周辺の人々にどん引きされない服装とマナーを心がけてください。

【主催】
日本女性の会 そよ風

【協賛】
せと弘幸Blog『日本よ何処へ』/外国人参政権に反対する会・東京/在日特権を許さない市民の会/日本の自尊自衛を取り戻す会/日本を護る市民の会

【連絡】
高山あずさ
090-7283-3958


----------------------


2・13 在特会大阪支部講演会 「入管特例法と中国の人権問題」

在特会の目標である「入管特例法」とは何か!? 何が問題なのか?
これが無くなれば在日韓国・朝鮮人がどうなるのか?

去年の勧進橋児童公園の取り組み以降、にわかにメディアでも「在特会」が取り上げられるようになりました。そこで、是非多くの人に当会が究極の目標に掲げている入管特例法の廃止とは何かを知って頂きたく講演会を企画しました。特別講演(第二部)として中曽千鶴子氏による「中国の人権問題」を予定しております。

【日時】
平成22年2月13日(土)

18:30~19:30 第一部「入管特例法」
15分休憩
19:45~20:45 第二部「中国の人権問題」

【場所】
大淀コミュニティーセンター 第一会議室
大阪市北区本庄東3-8-2
地下鉄堺筋線・谷町線「天神橋六丁目」11号出口北へ8分

【生中継】
ニコニコ生放送にて18:30より中継予定
中継先URL未定
※緊急の場合、下記スティッカムに生放送を切り替えます。
http://www.stickam.jp/profile/zaitokukai

【その他】
参加費は500円です。会場の定員は45名ですが、「日本シルクロード科学倶楽部」さんが15名の枠を取られてますので、30名様の定員となります。定員を越えますと、せっかくお越しいただいても入場できない場合がありますので、参加希望者は大阪支部宛に申し込みのメールを送ってください。定員になり次第締め切らせて貰います。メールには、「氏名」(ハンドルネーム可)「人数」「連絡先」を記載して下さい。

【主催】
在日特権を許さない市民の会 大阪支部

【申し込み・問い合わせ】
在特会大阪支部 問い合わせメール
zaitokuosaka@gmail.com


---------------------

<在特会からのお知らせ>

在特会は皆さまからの温かいご支援の下で運営されています。これまでも多くの方の善意によって様々な活動を展開して参りましたが、継続的な各地での活動に加えて来年の通常国会上程が予想されている外国人参政権法案に伴う訴訟費用(弁護士費用など)、Xデーに向けた準備費用、平成22年8月22日の日韓併合100周年国民大集会(日比谷公会堂)の準備費用など、現在以上に活動に伴う出費が大きくなることが予想されています。
少しでも在特会への支援の輪が広がりますように、これまでゆうちょ銀行への振り込みのみでした寄付の取り扱いに加えまして、
クレジットカード決済を追加導入することになりました。VISAまたはMasterCardのロゴが付いているカードであれば、どなた様でも簡単に500円からの寄付をウェブ上の操作で行うことができます。ぜひご利用ください。

在特会へのご寄付に関しては >> こちら << をクリックしてください。


----------------------

<書籍案内>

Doronpaの独り言
反日韓国人撃退マニュアル
』(晋遊舎ブラック新書、720円+税)
※平成21年9月12日、増刷決定!


韓国問題の基本として過去の歴史問題から現在の日韓関係まで、押さえておくべき論点を全四章二八項目240ページの読み応えのある内容に仕上げました。『嫌韓流実践ハンドブック 反日妄言撃退マニュアル 』と同じく韓国人の妄言に対して日本側の反論という分かりやすい討論形式にしていますので、初めてこの問題に触れる方でも多岐にわたる論点が理解しやすくなっています。

前著では触れられていなかった福祉給付金問題や朝鮮学校助成金問題、京都ウトロ地区問題など平成21年現在の最新情報を織り交ぜながら内容を大幅に一新して、より深く韓国問題を知りたい方にも満足していただける内容に仕上がったと思います。


ブログ読者の皆さまにはぜひ拙著『
反日韓国人撃退マニュアル 』をご購読下さいますようお願い致します。

※著名タイトルをクリックするとアマゾンの販売サイトに移ります。



--------------------

<在特会からのお願い>

在日特権を許さない市民の会では登録会員1万人を当面の目標として活動しています。(1月24日現在、登録会員7902名)
強制連行や強制労働といった誤った歴史観についてその是正を求め、在日問題を私たちの世代で解決するために一人でも多くの方に在特会への入会をお願いしています。公式サイト(http://www.zaitokukai.com/ )では、在日問題をわかりやすく解説したザイ子ちゃんシリーズや動画・音声コンテンツなど各種コンテンツをご用意しています。また、会員登録をされますと各種フォーラムや毎週一回配信されるメルマガ「在特会定期便」、会員のみ視聴できる動画・音声コンテンツなど会員特典のコンテンツもご利用いただけます。在日問題についてより深く知りたい考えたいと思われる方は、まずは公式サイトをご訪問ください。皆さまの積極的なご参加を心よりお待ちしております。

AD

コメント(67)