GOLDEN ROCK TOURS 2017

世界一周を夢見た男のblog


テーマ:


地球一周に出発してからちょうど十年。ラストライブからぴったり六年が経ちました。今年で四十歳になります。ありがとうございます。
三十代最後の目標として外岩初段を目指しているわけですが、まだ登れてません。あと五ヶ月、とりあえず頑張ります。
二十代の最後に地球一周をして、もうこんなに楽しい事あんまりないかと思ってたけど、まさかずっと好きだった音楽で、憧れのライブハウスで好きな曲を吹かせてもらったり。まさか家を買って自分たちでいろいろやったり。まさかスポーツを趣味にして遊んでるなんて全然思ってませんでした。まさかバイクの免許を取って事故してるとも思ってなかったけど。
おかけでたぶん右手が利き手なのに左の方が腕太くなったし、痛くないけど力が入らないのかもしれない。しゃあないけど。

たぶん室内で一番登れた一級の方が、外岩の初段よりは難しいんですが、なんか区切りとして初段って、響きがいいし。なんとか登りたいところ。

とりあえず三十代、それまでは仕事繋がりでしか知り合いや友達がいなかったのが、急に友達が増えて楽しくやってます。ライブも見に来てくれたし、家の手伝いもしてくれたし、遊びにも来てくれるし。
本当に、ボルダリングはじめて良かったです。ここでなんか記念じゃないけど、ひとつ目標を叶えたい。誕生日までは頑張ります。

この十年、旅先で出会って優しくしてくれた全ての人に感謝します。
デザインと仕事を教えてくれたり、一緒に働いてくれた人に。演奏してくれたバンドと聴きに来てくれた数少ないお客さんに。ジムでスポットしてくれたり、ビレイしてくれたり、ロープやら貸してくれたり、何より毎回毎回運転して遠くまで連れていってくれる友人や先輩方には本当に感謝します。
家の改修もありがとうございました。庭も綺麗になったし遊びに来てください。
また旅先で。仕事場で。ライブハウスで。岩場で。その辺で。家で。遊びましょう。ありがとうございました。
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
同じテーマ 「世界征服」 の記事
最近の画像つき記事  もっと見る >>

テーマ:
今更ですが10年前の旅行の時のムービーが出てきました。全部で45本、20分ぐらいでしたが4分にしてみました。何を基準に撮ってたのかもう覚えてませんが、夏だったり冬だったり、船だったりセスナだったり。ジャングルだったり砂漠だったり。ウロウロ町中を歩いてるのもなんだかわかんないけどそのままつなげてみました。懐かしい。




https://youtu.be/r6F5pBpYvjI
AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



帰国の途についたものの、飛行機の出発が遅れ、やっと乗って滑走路に移動する途中でエンスト?か分からないけどいきなり動きが止まって真っ暗になりました。疲れてたので寝て、1時間ぐらいして起きたらまだ滑走路。インド人が激怒するほど遅れて、結局合計4時間遅れました。はやく帰りたい。ここで全日程の機内食とその他食事を同じ画像もありますが振り返ってみたいと思います。



初日、機内食カレー。



初日2回目、機内食カレー。




二日目、外食でカレー。
移動するもLCCだったので機内食なし。



三日目、ホテルでパン。



三日目、日本食レストランでマンゴーシャーベット。



三日目、外食でカレー




四日目、ホテルでパン。



四日目、機内食カレー。


四日目2回目、機内食カレー。


五日目、機内食カレー。



五日目2回目、機内食ついにカレーじゃなくなる!
やったぜ!




帰国後、晩ご飯は出前で中華。肉!肉!



そして次の日まさかのレトルトカレー!。
やったぜ!




1度だけLCCでその他は全部エアインディアで、乗り換えするたびに機内食(カレー)が出ます。行きも帰りも香港とデリーを経由したのですが、最後の香港→デリー間だけカレーじゃなかったです。
国際線の飛行機は窓ガラスがボタン操作で透明から暗くなったりします。映画も5本ぐらいみました。



デリーで降りた時。本当にさようなら。



空港でお客の入れ替え。席代えられる。降りたらいいのか座ってていいのか分からんし、ガチャガチャ掃除はじめるし。結局ここでいいって言われて同じ席に座ってたらブッキングがかぶっていた?のか移動。



見た映画マッドマックス甥の一生さいはてにてアーティストインサイドヘッド



インドの小話。


結局、ターバン夏目漱石まで使って、9年前からちょこちょこ持ってたドルも全部使ってしまいました。



ただいま大阪。



お土産の一部です。ほとんどこれしかありません。レトルトカレーが欲しかったのですが、発見しませんでした。置物をちょこちょこ買いました。



ボルダリングジムに持って行っていやがられたので半分持って帰ってきました。左上に見えるあやしい粉を、チョークバックに混ぜて来ました。



お土産が物足りなかったのでカナート洛北で購入したダンシングシヴァ。これも現地では発見出来ず。いい買い物しました。皆様もインドが恋しくなったらカナートに行きましょう!それではまた何処かに行ったら更新します。

ダンニャワード!

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



飛行機が1時間遅れでムンバイに着きました。本当なら列車の駅までリキシャで行って、1時間かけて町まで出ようと思っていたのが、時間が無いのでまたプリペイドタクシーを使う事にしました。もうあんまりルピーが無いけど計算上大丈夫なはず。フェリーでエレファンタ島という所を往復して、あわよくばカレーを何処かで食べたい。

が、受付でお金を払って、帰りはどうするんだとかグダグダやって、外でタクシーの番号を探して(プリペイドで乗るって言ってるのにいいからキャンセルしてこれに乗れとか言ってくるインド人、ほんと考えられん。どういうこと?)やっと乗った後で、おつりを貰ってない事に気がつきました。が、もう面倒臭いのでそのまま行きます。カレー食べられん。




遠くに、海の中のモスクが見えるけれど、名所だけど寄る暇なし。



1時間の予定がフェリー乗り場まで行く前に2時間ぐらい経過。飛行機の遅れもあって最終に間に合わない感じ。エレファンタ島にはエローラやアジャンタのような石窟寺院があって(石をくりぬいて寺院になってる)見たかったのですが断念。



途中で諦めて、とりあえずインド門まで行って、その後で世界遺産の駅舎に行ってもらう事に。



インド門。この裏にフェリー乗り場がある。全然間に合いませんでした。



この分だとカレーも間に合わない。



遠くに島が見える→あれがエレファンタ島?→違う。フェリーで2時間かかる。間に合わないから諦めろ。



ドライバー「さっきのインド門があったあたりから、2008年にテロリストが上陸してきた。これから行く世界遺産のCST駅と、色々な所でテロをして、何人も死んだ」



もうルピーが無い(こいつの会社の受付がおつり返さなかったから)。から日本円で払っていい?→いいよ→レート聞くから待って→1円=47ルピー→(1ルピー2円だから1円は0.5ルピーぐらいなんだけど)オッケー→千円札しか無いからお釣りくれる→千円て5万ルピーか?こいつ何考えてるんや、オッケー!→もしかして十万円(5万ルピー)だと思ってるんかな、んなわけないやろ→お釣り200ルピー。で、なんかしらんけど上機嫌なドライバー。



そろそろ駅だから。イングランドメイドの駅、イギリスがこの町を作った。左に曲がるからそっちの窓をあけて写真撮れ(時間がなくて降りれない)



おー、きたきたー!



でかい!



ゴシック!ゴシック!



中も見てー!



Goodbye INDIA !!!!!!!!!!!!



と言うわけで、一歩も外に出ずに空港に引き返します。



タクシーでマトンが移動。結構乗ってた。



カレー、食べられなかったなぁ。



きみ何歳?ぼく34歳。そう、僕38歳。若く見えるね。みんなそう言うよ。疲れたわ。



この橋ショートカットするための橋が出来て、50ドル(ルピーじゃない)払ったらすぐ着くよ。もうえぇわ。



空港に2時間前に到着。なんかトラブってチケット出てくるのに30分ぐらい待たされた。よくわかんないけど2回乗り換えするらしい。JTBで買ったのに!帰りは直行便て書いてたのに!もうえぇわ!



ランプのデザインが綺麗。空港のお土産は値段が書いてあるので安心ですね。空港ではカードが使えるので安心ですね。インドは公的な機関でさえ、8ルピーのものに100ルピー出したら2ルピーしかお釣りくれないですからね。


最後に、空港でマリーゴールドを見ました←後々、マリーゴールドじゃない事が判明しました。昔読んだインドの本で、ヴァラナシの火葬に対しての詩だったと思うんですが、焼け落ちた身体が栄養になってマリーゴールドを咲かせるっていう詩があった?気がして、それ以来マリーゴールド(じゃなかった)、気になってたんですが、最後に見れてなんとなく良い気分で帰国の途につきました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


早朝。ボートに乗るためにロビーに降りると一人じゃありませんでした。五人ぐらい。


このボートがこの旅のハイライトその3であり、4が無くなったので最後のハイライトです。その前に、ちゃんと首輪つけて散歩する犬がいてびっくりしました。



オーギヨーディオーラー



アッシガートで朝の儀式が毎日あるらしく、その後ヨガもあるらしい。



何か川に流してました。別の話ですが、火葬の前にも一度川に身体を浸すみたいで、布にくるまれたのを沈めるのを見ました。迷路のような路地をタンカーみたいなので運ばれてくるのも見ましたが、みんな手を合わせていました。とりあえずここが聖地でありこの人たちがヒンドゥー教徒だという事は嘘では無いみたいです。



ヒマラヤを源流にするガンジス川。全長2500km。
誰かに金を貸してた気がする。そんな事はもうどうでもいい。



ちょっと岸に近づいたり。たまに手コギにしてくれます。



雨は降ってませんが朝日は拝めませんでした。



ガンダーラはインドではなく、現在のパキスタンにあるらしい。



生きることの苦しみさえ消えるというよガンダーラ。
They say it was in INDIA



この辺がメインガート。



この川の水で身体を清めると罪を洗い流すことが出来て、火葬した遺灰を川に流すことによって、現世の苦しい輪廻から脱する事が出来るそうです。


10億人のインド人が次々と輪廻から脱しているのに、一向にインド人が減らないのは、他の人種が次々インド人に生まれ変わっているからなのでしょうか。こわ!



思ったよりも死の町という雰囲気ではありませんでした。もっと死体がゴロゴロしてるかと思ったけれど、生で転がっているような事はありませんでした。日によるようです。



火葬場の火が見える。シヴァの火。火葬場のために存在する町。イギリスに征服された時に、移転させようとしたけど、無理だったらしい。



所々にジェンガみたいに積まれた薪と、60ワットで3時間の火が見える。その後で灰を川に流してる。



途中、一人のお客さんが火葬場で降りたいと行って降りていきました。
薪代、払えよ。




投網してる。魚とってる。
外人「ヘイ、それ食うつもりか!考えられん」




ホテルに戻って朝食を取って、そのまま飛行機。コックは今日も優しい。インドにはチップの習慣は無いそうですがみんな欲しがります。ダラダラしてる間にそっと部屋に戻ります。荷物がほぼ無いので準備に時間がかかりません。本当に楽。ちょっとだけお土産が増えたので荷物が増えました。



そっと僕のぬけがらを2枚(パンツ2枚)シーツにくるんで置いてきました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



一人になって川に戻ると、子供が花を売りに来ます。ろうそくに火を付けてお祈りしながら川に流すそう。50ルピー。ぼられてる。まわりに誰も居なかったので、ひとつ買うつもりで100ルピーを出したら、多かったみたいで二つくれました。そこまでは受け取らないんやな。



火を付けようとしてるとこの人が手伝ってくれました。



なんとか火を付けて流す。



ついでに足だけ沐浴。



隣で牛が沐浴。


さっきの人は子供の兄弟かと思っていたらぜんぜん知らない人みたいです。ただ単に英語の勉強がしたいから観光客と会話するんだそうで、なかなかナイス害。火葬場には一人で行きたかったので、ありがとうといいつつお金を渡そうとすると、受け取らなかったです。仕事じゃ無いから。僕はステューデントだから。ノーガイドノーガイド。この写真の奥が火葬場です。写真は撮れません。



薪の所。一人で行かせてくれたけど、ただ単にバトンタッチされただけで、ここで働く自称ボランティアがついてきます。ここは写真いいから撮っていいよ、奥は駄目だ。この建物はマザーテレサハウスで死を待つ人が沢山いる。僕はその世話をボランティアでしている。だからマキダイハラエ←ここだけ日本語→中に一緒に入ろう→やだ→マキダイハラエ→やだ→マキダイ!→マキダイ!なんかエグザイルにいたなぁマキダイって。払われるんかなぁあの人、顔浮かばないけど。ていうかちゃんとマキダイ貰えよ。



めんどくさいので迂回しようとするとさっきのステューデント。ノーガイドだから大丈夫だ。でもたまに観光の仕事してるよ→なんか怪しくなってきた。見ろよ!斜めになってるぜ!→見ろ!デッドボディー!デッドボディー!牛が浮いてました。なんか浮いてるから見ろと言われてちょっとビックリしたランキングでは1位ペンギーノ(ペンギンが海を泳いでいた)2位クロコダイル!3位デッドボディー!一番いらない。



僕のおじさんはサリーとか布を売っているんだ。



ちょっとそこに座りなよ→やだ。



金払えよ→だからさっき渡そうとしたやんなんで素直に受け取らないの→20ルピー→ノー100ルピー→20ルピー。


ちょっとだけ信じてたのに。



ここで小さい置物とかを買いました。そしたら奥に入れてくれる。



子供が首に花飾りをかけてくれます(ドライフラワーにしようと思ったら腐りました)。子供の隣にあるのがリンガというシヴァの別形態で、さっきのお寺にはこれが沢山ありました。手を合わせてたら額に白い化粧をしてくれましたが、確認する前に汗で無くなりました。



ここでも買い物。



カレーを探します。何かお寺がありますがもう近寄りません。



おもちゃのボートを買いました。



写真を撮らせてくれと頼んだら嫌がったんですが、友達が来て、一緒になら写るらしい。



地球の歩き方に載っているらしいレストラン。多分この辺りじゃあ高級な方だと思います。同じような名前の店がいろいろあったのですがたぶんこのお店です。

ケシャリ。



ほうれん草のカレー。



チーズ入りだと思っていたら豆腐が入っていて、後で聞いたらチーズでした。



また出てきたこれ。聞いたら「エニシー」と言ってました。



夜になるとメインガートで毎晩儀式があるらしくて、近くだったのでそこまで歩きます。菩提樹の実で出来た数珠を売りにお兄さんがやってきて、レストランから川までずっとついてきました。300ルピー。ちょっと欲しかったのでずっと会話しながら歩きます。100ルピーなら買う。持ち合わせが無かったので100なら買う→川では儀式が行われていて人も集まってました。しばらく見ていたけど盆踊りみたい。



最終的に折り合いがつかなかったので、そのまま行こうとすると、アッシガートまでは50ルピーで行ける。僕が交渉してあげる。リキシャになんか話していて捕まえてくれる。50ルピー?OK。最後に聞くけど、この数珠200ルピーで買わない?OK。

ありがとう。おやすみ。リキシャにお金を払ってホテルまでの途中、ジュースを買うと40ルピーでした。5ルピーぼられてる。結局ルピーを使い果たしたので日本円で宿代を払うことに。1万円で5200ルピーでした。下ろしたり両替が面倒でトラブリそうなのであまりしたくないのですが、食事代とかはちゃんとした所で食べると税金がかかってチップも入れるといくらになるのかあんまり分かりません。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



このおじさんだけ、唯一何も要求してきませんでした。ただ、写真を撮らせてくれた。この辺りから活気があるというか、本来のヴァラナシはこの辺りの事なんだと思います。汚いし五月蠅いし、臭いし汚い。



硫黄で作ったカレーが腐ってそれをドブで薄めたみたいな、違う次元に昇華したような臭いがします。




たまに牛が当たって来ます。たまに暴走すると旅行者に聞きました。この町ほど動物と人間の生活が近い町は初めてです。アフリカあたりに行けばもっとそんな町があるのかもしれないけれど。犬、猿、牛、鳥。猫はぜんぜん見ないけれど。



不思議な町というか、なんと言うか。

弱い者達が夕暮れ、さらに弱い者をたたく
いやらしさも汚らしさも、むきだしにして走ってく
聖者になんてなれないよ、だけど生きている方がいい
あなたが生きている今日は、どんなに意味があるだろう

俺には旅にでる理由なんて何ひとつ無い




ここがちょっと名所なお寺の参道らしいので軽い気持ちで入ってみてエライめに逢う。



中は迷路です。道に迷ってたら「megu cafe」という看板が見える。



よっぽど迷った。人生でトップを争うほど迷った。ここにカレーは無い。あるのは丼ものとラーメン、日本の食べ物だけ。俺は何を求めてここに来たんだろう。とりあえずチャイとマンゴーシャーベット。さっき火葬場で会った人が後から入ってきて再会。うまそうに丼ぶり食ってるわー。また旅の話をしながら、一緒にお寺を目指すことにしました。僕は追加注文をしませんでした。何してんだ俺。こんな所で。

megu cafeはインド人ぽい旦那さんと日本人と思われるたぶんメグさんが経営する日本食のレストランでした。二度出会った福島の佐藤さんとインドであったひどい話とか、これから何処に行くとか話ながら近所のお寺を目指します。メグさんに道を聞いたらすぐそこっぽいけど、ゲートナンバー2?が外人用の入り口で、そこしか無いって言うわりに全然たどり着かない。なんとか着いたらお金とパスポート以外は何も持って入れない。どうしたらいいんだ?って思ってたらそこにロッカー屋さんがある!→くそー!スゲーシステムだぜ!
もの凄い信用出来ないボロボロのロッカーに二人で荷物を預けます。そして上からな感じで生意気に色々レクチャーされます。いいか、中で色々聞かれるけどとにかく答えはイエスだ!そしてこのカゴに入ったお供え物は花以外は全部持って帰ってこい、ただの雰囲気づくりのダミーだ!花だけは供えてこい。よし、行け!

佐藤さんはこれも経験です、こんな経験なかなか出来ないと言ってましたが、多分彼は一人だったら行かなかったでしょう。ごめんなさい佐藤さん。靴まで脱がされてドロドロの石畳の上を裸足で行きます。泥っていうかたぶん色々なウンコです。それぐらい分かって来ました。
ていうか、インド人靴履いてるやん。なんで?もうええわ。

ゲートをくぐっても中はお土産屋とかがあります。警察か警備っぽい人の所に行かされて、なんか名前とか控えてるけどもの凄い仕事が遅い。その間に多分、神を信じますかみたいな事を聞かれてるっぽくて答えはイエス。ていうか発音が本当に分かりづらいです。インド全般。

そして流されるようにあっという間にお祈りが終わる。何カ所かお花を供える場所があったけど、よく分からずに最初のスポットで全部使い切る。あぁ、なんか猿が沢山いますねー、そうですね、僕の宿のまわりは上のほうとか沢山いますよ、そうですか、僕のあたりは居ませんでしたけどねー。

基本的に本気の参拝者が多いので、僕らみたいなのは流されます。とどまってすがりたい人が多いので、僕らははじかれます。そんな感じです。気軽に入る場所ではありませんでした。
なんとなくドロドロな感じでさっきのロッカーに戻ります。左手になんか紐を巻かれます。あー、カンボジアでも巻かれたなぁ。お土産にポン菓子みたいなのを貰って、家族や友達にあげるよう言われます。絶対いやがられるわ!ジムで配るか。
ここで佐藤さんとお別れ。つきあって貰ってすみませんでした。



色々露骨。ここに居ると人間もただの動物の種類にすぎないとか、昨日まで人間だったものが今日は犬の体内で、そこから出てきて川に流れていくもので育った魚をまた違う動物が食べたり。そういうのが露骨すぎて、やっぱり人間てなんなんだろうなってちょっとだけ思います。欲望のままの牛となんもかわらん。ゆりかごから墓場まで。



マイクでなんかしゃべる人。



牛も人も川辺でボーッとしてたり。




長閑だというか。


でもなんか平等なようで全然平等じゃない感じがこの町なんだと思います。カーストとか。全然動物的じゃない。それも含めて適当な感じが人間の本質なんだなぁと思います。いろいろ適当。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



ゆっくり起きて8時から屋上で朝食を取っていたら雨が降ってきました。カレー以外の食事を久しぶりに取りました。パンとオムレツ?とチャイ。昨日ビールを持ってきた人はコックだったらしく、妙に優しいし丁寧。でも凄い感じが悪い。



屋上から眺めてみるとこの辺りは本当に外れで何も無い。道すらない。たどり着いて良かった。ちょっと人工物が見えるあたりがアッシガートです。沐浴場の事をガートと言うみたいですが、ほぼ全域がガートなので、町内というか、名前をつけて分けているだけみたいです。



なんか牛が集まってきている。



川岸を歩いて行こうとしたら、雨でドロドロだったのでちょっと迂回して川へ。



整備はされているけど所々ドロドロ。



ここがアッシガート。中心からは離れているのであまり人がいませんが重要なガートらしいです



あまりにヌルヌルで川に落ちそうになるので一旦道路の方へ出ます。



神聖な牛。



建物から木が生えているのが結構見ます。



商店街のようになってますが、カレー屋とかお土産屋というよりは、実用的な店?観光用ではないように見えます。



狭い所をリキシャと牛がウロウロしている。制服を着てリキシャで登校する子供も居れば、赤ちゃんを抱っこした子供がお金をもらいに来たりもします。



また川に復帰。復帰したところが丁度小さな火葬場でした。写真は撮れません。福島から来ていた日本人の人が居たので、少し情報交換をします。カレー屋さんとかありました?→無いですね。お土産なんか買いました?→欲しいもの無いですね。向こうまで歩こうと思うんですけど→ずっとこんな調子で、火葬場は二カ所だけで、ここと向こうらしい。向こうは大きくて薪代を要求されるらしい。



とりあえず向こうはもっと商店街でお店も人も多いらしいのでその辺りを目指します。



思ったほど人は寄って来ません。



洗濯屋がある。



干してる?



広げて乾かしてる?綺麗でした。



雨は一時勢いが強かったけれど、歩き始めてからはパラパラで、雨具がいるほどでは無かったです。



いきなり久美子ハウス発見。川沿いにあったのか!分かりやすい。色々な小説やドラマに登場する日本人宿です。



入り口に行ってみる。探そうかと思ってたので分かりやすくて良かった。入りませんでしたけど。



色々なガートが延々と続きます。



サイババ発見。



ずっとガート。



たまに修行者。蛇使いは見ませんでした。キャラの濃い修行者も見ませんでした。というか、全体的に人が少ない?



たまに沐浴する人。そこでかー



普通の生活。たまにココナッツとかが浮いていてドキドキします。遠くに何か浮いているとなんだかわからなくてドキドキします。



この辺りに来るとなんの建物か分からないけどポタラみたいな雰囲気。



入り組んでいてチョンキンマンションみたい。宿なのかレストランなのか。入りませんでしたけど。



これが女神のガンガーの絵?。ワニに乗っているっぽい。増水すると階段が埋まるほど水がくるそうです。



この辺が一番繁華街のメインガートらしい。



町中の憩いの場という感じ。



奥の大きい火葬場を目指す前に、カレーを探しに行きます。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:


ハイライトその2は(仮想)タージマハルです。本当はフマユーン廟という所です。インドは平気で嘘をついて、害が無ければそのまま受け入れる所だと思います。ここから僕はタージマハルに墓参りに行きます。ちなみにフマユーンもお墓であり、世界遺産です。





1枚目の写真、なんかグレーのミミズみたいな奴が生えてて気持ち悪いと思っていたらヤシ的な植物でした。写真ではあまり伝わらないですけど気持ち悪い感じでした。




ちょっと見えた!ついに来ました!昨日のグダグダが嘘のようだ!白い!ちゃんと白い!



広いなー、はやく近くまで行きたいわー、屋根?だけ白いわー。



きたきたー。



ほとんどタージマハル。なんか白くない所がちょっとあるけど、インドなのでほとんどタージマハルやわ!これわ!



綺麗。



ついにやってきました。大きさがどれだけ違うのかわかりませんが、結構感動。もう疲れて、やっとタージマハルに着いたー長かったと思いましたが、これはフマユーン廟です。




これを元にタージマハルを作ったそうです。本当に綺麗でした。



これがたぶん棺桶で、沢山あったのでこれがフマユーンのものかは分かりませんでしたが、この親子が係の人とこの後喧嘩してました。たぶん、お墓の前でポーズ撮って写真が、気に入らなかったようです。



床。



天井。



せっかくなので散策。その後でまたリキシャを捕まえて、さっき行けなかったラールキラーの方に向かいます。天気が良くて汗だく。途中で何度かジュースを買ったりしましたが、ジュースだけは35ルピーで統一?されているのか値段が一緒でした。インドの物価を考えると均等にボラれているのかもしれません。



いちいち手荷物でX線検査とかがある。ギュウギュウの狭い商店街をリキシャでブーブー走ります。ぶつかりそうでこっちが緊張するけど、事故は一度も見ませんでした。



ジャーマーマスジッド。インド最大のモスク。しっかりと、信仰が根付いていました。



靴を脱いで袋に入れて歩くのですが、この灼熱の石床の上が、あっづい!入り口でスリッパ(有料)を進められるのですが、断った。ちゃんと説明してくれや。途中ぐしゃぐしゃなボロぞうきんのような通路を歩きます。少しまし(本当にただのボロぞうきんでした)。



むこうにラールキラーが見える。さっき断念した奴です。これも世界遺産です。デリーの世界遺産をすべて網羅(最後はここから)したので満足しました。やったったぜ!



途中、下町の商店街みたいな所を歩いて地下鉄へ。マトンが沢山つながれていました。肉屋ではマトンのヘッドだけがこっち向きで並んでたりします。なぜだ!考えられん!



空港着。1時間遅れていて、なんか混んでるけど、1時間ぐらいじゃあビクともしません。結局、タージマハルに行っていたら、デリーの観光が厳しい感じだったので、これで良かったんだと思います。さようなら俺のデリー。



夕暮れ。INDIGOというLCCで移動。8000円。



ヴァラナシ着。ちょっとコンパクトな空港。



完全に夜なので先払いのプリペイドタクシーという奴で移動します。エアコン有りだと値段があがるのですが、あまりに暑くて頼んでないのにエアコンを入れてました。それぐらい暑かった。駐車場代払えとか色々言われます。なんか政府が決めた値段表とか、ここに書いてあるとか色々見せてくれます。でも英語が分かりませんの一点張りで無視。たぶんお互い英語がそんなに分かりません。俺は客だけど、お前は仕事なんだからもうちょい頑張れや。



ホテルは事前に日本で取ってあったのですが、住所がニアオブアッシガートとなっていて、アッシガートの近所みたいなので、タクシーの行き先もアッシガートにしてたんですが、これがまた歩くと遠いし、暗闇にインド人が沢山潜んでるし、牛が威圧的だし。怖いわ。iPhoneが無ければ遭難してました。多分。すごい分かりづらいし、塀に囲まれていてホテルの名前見えないし、塀閉まってるし。開けてくれないかと思ったら、開いてたので勝手に入りました。危ない。


このホテルです。
http://jp.hotels.com/ho541186/ganga-monasutori-baranashi-indo/

ガンガモナストリー。



部屋からガンジス川が見えるっぽい事がホテルのページに書かれていて絶対嘘だと思ってたんですが、ちゃんと見えました。



明日からどうするか聞かれたので、とりあえず明日の朝は眠いからボートには乗らないし(絶対薦められると思ってた。実際、乗って良かった)、明後日の朝乗って、朝食食べて空港に移動するからタクシーを手配してもらいました。ビール飲む?って聞くので、軽い気持ちで飲むと言うたものの、ホテルにあるわけじゃないみたいで何処かに誰かが買いに行ったみたいで全然届かない。

もう別にいらないんだけどシャワー浴びて出てきたらちょうど部屋をノックされる。出ると、ビールだけど、もの凄い小さいのしかないから多分二本いると思う、二本でいい?→ちょっと飲んでみたいだけっていうかもう寝たいから一本でいい→ちっちゃいよ→アイウォントスリープ→絶対、もっと飲みたいって言うよアイウォントスリープ→一本?→アイウォントスリープ。

そこから十分ぐらい誰も来ないしもう寝ようと思ってたらもう少ししてまたノック。さっきと違う人。ビール持ってないやん思ったら、ズボンのポッケからぬっるいビール出して、金よこせって。ぬるい。考えられへん。なんかいろいろ苦労したみたいなチップくれみたいな雰囲気出してる→考えられへん→アイウォントスリープ。やっとぬるい(500mlかそれ以上あった)ビールを飲みながら、ガンジス川を眺めて、久しぶりに熟睡しました。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

テーマ:



朝6時、5時から地下鉄が動いているらしいのでそろそろ活動開始。ほとんど寝ずに移動、時差は3時間半です。日本は朝の9時30。



ホームにはカラスが沢山居たんですが、首元がみんなグレーでした。オーストラリアの鳩は頭がとんがってましたが、インドのカラスは首だけ灰色のようです。



今回の旅のハイライトその1、クトゥブミナールです。地下鉄で来れますが遠い。ここだけ市内からちょっと離れています。クトゥブミナール駅で降りるのですが、駅からは離れています。しょうがなくリキシャで行きます。



中は整備されていて綺麗。よくある遺跡な感じで、こういうの好きなんですが、これを見たかったわけでも、なんか世界一高い塔というかミナレットを見に来たわけではありません。



あった!これを見るためにわざわざ来ました。これを見るためにタージマハルを諦めたり、飛行機の時間をズラしたりしたと言っても過言じゃありません。ちっちぇー



これがインドの錆びない鉄柱(現在は錆びている)です。これまでいろいろなオーパーツや不思議スポットを見て来ました。有名なものではロゼッタストーンとか。いろいろ行ったんですが、みんなが見に行くようなものは色々情報がのっているので興味があれば調べてみてください。これまで行った私的なランキングでは第三位錆びてる鉄柱!第二位メキシコパレンケにある宇宙飛行士の石棺の蓋のそばにあるバスの壁画(僕が発見しました。過去の記事参照)!第一位オレゴンの渦!この鉄柱は1500年前からここで錆びていません(現在は錆びている)。



錆びてる?



わざわざ来たので一通り散策します。郊外であり、朝なので涼しい公園といった感じ。彫刻がこのあたりの遺跡だなぁという感じです。



未完で終わったもっと大きいミナレットの土台。



インコかオウムかなんか、インコ?カラフルな鳥が居ました。リスも犬も沢山居ます。



これも有名らしい。



アルハンブラ宮殿とかも行きましたけど、この緻密な掘りが気が遠くなるほど凄い。宗教って凄い。



一通り散策して、帰りは歩いて駅に戻ろうとしたら結構遠かったです。いつのまにか通勤ラッシュになっていて人が多い。しかもローカルな人しかいない。みんな何で観光してるんだろ。中心部まで戻ってきて、ラールキラーという世界遺産に行こうと思ったのですが、駅から降りてみて全然分からなかったのと、ここも場違いな感じで一旦撤退。昨日から機内食しか食べて無かったので、とりあえずカレーを探しに行きます。



もう飛び込みで店に入る気力が無いので、事前に調べてあった美味しそうな所まで歩く事にしました。これもかなり遠かった。具体的にはコンノートプレースからインド門まで。これが俺のシャンゼリゼかー疲れた。



iPhoneで探しながら歩いていたら、ちょっとしたイオンモールみたいな所に着きました。31がある。オープンまで時間があるのでお金を下ろしに行こうと思ったら、近所にはありませんでした(昨日いろいろ出費がかさんだので)。



椅子で待機していたらちょっと早く入れてもらいました。
http://4travel.jp/overseas/area/asia/india/delhi/restaurant/10389318/

このお店です。




疲れたわー。



はしやすめ的な何か。



すっぱい何か。



野菜的な何か。



バターチキン!



ナン。



食後に出てくる砂糖と何か。すでに三食目のカレー(機内食で2カレー)



食後にまた次の目的地に歩いて行こうと思ったけど途中でひろったリキシャ。拾ったらすぐそこですぐ到着。そういうもんやなぁ。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。