1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>
2012-03-20 22:26:00

最後の反省会

テーマ:ブログ

一昨日の日曜に無事終わりました!


人生2回目のライブ!!


前回の記事で書いたとおり、MR.BIGの「Stay Together」と「Green Tintied Sixties mind」の2曲。


出番としてはなんとまぁ、トリ前という重要な立ち居地でかなり緊張しました。


前回とは比較にならないほど人が入ったライブハウスだったんで尚更・・・。



前日の土曜日からKとはオールで飲んでおり


若干二日酔いのまま最後の練習って事でスタジオに入っておいたのが良かったです。


スタジオでの一発目が本番だったと思うと震えがくるほど酷い有様。


Kの指示どおり修正を試み


何とか本番は自分としては合格点をあげられるくらいのパフォーマンスだったと思います。


(Green Tintiedのイントロ、あれだけ練習したのにリズムがバラバラでしたが笑


 アウトロではばっちし決まったから良かった~)



ライブ後は連日のK宅で打ち上げ飲み。高校時代から付き合っている友人だけに色々と話も盛り上がった。


早くも次のライブに向け(秋は色々とあって無理でしょう。一年後かな。)


何を今から練習しようか思案中です。








さて、題名にもあるとおり突然ですが今回の記事が「本日の反省会」最後の更新となります。


「旧」も含めると05年から約6年半色々と書いてきました。


何故突然、ブログを閉じる事にしたかというと


正直自分でもはっきりとした理由は分かりません。


恐らく、俺が洋楽を聴き出すきっかけとなった「Stay Together」を一昨日ライブで演奏した事が


大袈裟と笑われるかもしれないが、一つの人生の節目というか


新たな気持ちになった事が関係しているように思えてなりません。


何度もこのブログで書いたように「Stay Together」を初めて聴いたのはもう10年も前のことです。


この10年間で経験してきた事が


あのライブハウスで照明と歓声を浴びながら


まるで絵巻物の紐を解いたかのように思い起こされる不思議な感覚に陥りました。



1年F組の教室でMDプレーヤーの再生ボタンを押した事

裏原ファッションにハマリ冬の休日に早朝から中目黒のショップに友人と開店前に並んだ事

初めてスノーボードに言った事

受験勉強をする場であるはずの予備校の体育祭に参加した事

雪の降る日にセンター試験を受けに一橋大に行った事

受験合格が分かった日に新宿のHMVでCDを記念に買った事

高校の卒業式後に友人達と吉祥寺で遊んだ事

大学入学式に一人武道館3階席の最後部席に座った事

新宿の本屋でバイトを始めるようになった事

自動車教習所に通いだした日にこのブログをはじめた事

軽いノリで最初のギターを買った事

友人と人生初のライブ観戦に国際フォーラムに行ったこ事

富士山登頂を達成し美しい御来光を眺めた事

バイト代をつぎ込み自宅部屋にホームシアターを完成させた事

イギリス・イタリア・デンマーク・スウェーデン・スコットランドに旅行に行った事

友人と励ましあいながら何とか就職活動を終えた事

4年間働いたバイトの送別会で仲間達から生まれて初めて色紙を貰った事

一人無計画で四国を一周した事

入社後早速ここ名古屋に転勤になった事

初めての重大クレームで上司と早朝に静岡に飛んだ事

東京に帰る度に友人達と昔と変わらず飲める事

生まれて初めてステージに立ってライブをやった事


1曲たった4分の間に本当にこれらのことを一つ一つ鮮明に思い出したわけではないけど


場面場面で当時の俺が見たり、聞いたり、嗅いだり、触れたりした感覚を五感で再び感じたように思います。


この10年間のどんな瞬間の俺でも知っている曲を今、自分が演奏しているという事が凄く不思議で


言葉に表せないほどのまさに感無量な気持ちになりました。


今までの人生で感じた事の無い感動、それもそのはずで


10年間分の思い出や感覚が詰まっているからです。



ブログをやめることにした背景に話を戻すと


このブログで書くことといったら音楽の話題がほとんどで


今後も相変わらず下らない文体で今までのように書くことが


ライブ中に感じたこの不思議な感覚を失わせてしまうのではないかという結論に達しました。


どこかに「Stay Togetherという曲に始まり、終わりたい」という女々しい気持ちがあるのかもしれません。





そういうわけでここら辺で更新を終えたいと思います。


ブログ開設当初はアメブロ総合ランキングで6000台も記録した事もありました。


(今では芸能人ブログだけで1000くらいあるんじゃないか?)


今日まで継続して読んでくださった人が恐らくいるであろうことも俺は知っています。


こんな稚拙な文章に6年もお付き合いいただきましてありがとうございました。


「本日の一枚」なんて本当に中途半端な形で終わってしまう事になりますが


(まだ紹介したかった作品は200はありました。)


これからこのブログをたまたま訪れた人が少しでも興味を持ってくれれば幸いです。


一応ブログの更新は終えますが


このままブログを残しておくか、それとも退会に伴い削除するかは決めていません。



それではこれで本当に最後です。


今までご愛読いただきましてありがとうございました。






















AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2012-02-19 23:12:27

2012年・俺青春してます

テーマ:ブログ

めちゃくちゃ久しぶりの更新です。


2012年最初の更新ですか、一応言っておきましょう。



あけましておめでとうございます。今年もどうぞよろしくお願いいたします。



さて


世の中がいくら不景気、不景気と叫ばれてても


仕事量が減るわけではなく、寧ろ不景気だからこその生まれてくる仕事(しょーもない相見積もりとか)に


忙殺されております。(ブログの更新サボっていた事とは無関係ですけど。)


そんななか、迫ってきたのが


来週の接待ゴルフ・・・




ではなく来月の人生2回目のライブです!


以前の記事で、ラージヘッドのストラトでDeep Purpleをやってやろうじゃないか!


と意気込んでいたが、案の定ハードルが高いというのと


本当にそこまでDeep Purpleが好きか?


と聞かれれば首が傾いてしまう


肝心の俺のモチベーションが高まらなかったという事で


断念。


代わりに大好きなMr.Bigを演ることになりました。(やっぱりコピーしたい!って思えることが大切だね。)


「Mr.BigなんてDeep Purpleよりハードル高いだろ・・・」


という感想を持った人が大勢いると思うが


ドリルを使うアノ曲とか、メンバーのうち誰かかが犬のモノマネしないといけないアノ曲とかでなく


もう少し簡単な選曲に落ち着きました。


『Stay Together』と『Green Tintied Sixties Mind』です。


今回は通っているギター教室の発表会という形式のライブのためこの2曲でエントリー。


もうこのブログで何度も書いてきたけど


Stay Togetherは俺が生まれて初めて聴いた洋楽のロックナンバーであり


以後この世界にどっぷりとのめり込むきっかけとなった思い出深い曲です。


忘れもしない、高校一年生の夏の日に教室でKという友人のMDウォークマンを勝手に拝借し


再生ボタンを押したら流れてきたメロディ。


以後Kからは色んな洋楽HR/HMを教えてもらい、一方ドラマーとして活躍してたKのライブを


観に行ったり、それぞれ別の大学に入ってからもよく彼の家に遊びに行っては


ライブDVD鑑賞会なんかをやった。




そしてここからが凄い事なんだが


なんとライブでそのKがドラムを叩いてくれます!


実はKも就職先が愛知県で、近くにいることは知っていたが


お互い忙しくここ数年ほとんど会ってない仲だっただけに


「Green Tintiedのソロの5/8拍子を叩けるドラマーが教室関係者にいないからお前に叩いて欲しい」


という俺のメールに対し、快諾してくれたのには本当に嬉しかった!


初めてStay Togetherを聴いた日から10年が経とうとしているけど


そんな思い入れのある曲を、当のKとライブで一緒に演奏できるなんて夢みたいな事です。


この10年間の様々なシーンの俺に会えるとして


「2012年3月にお前はKとライブやるよ。しかもMr.Bigだよ。」


なんて言われても絶対に信じなかったレベルの話だ。



なんか


「10年後の夏の日にまた会えるの信じて~」


みたいな歌詞の曲があったけど


まさしくそんなような事が起きます。(※高一の俺は15で現在齢25歳)


来週Kとスタジオに入って練習予定です。 筋肉痛にならないように接待ゴルフは思いっきり手を抜いてやる!



それとDeep Purpleを演奏するはずだったのに持ち主がすぐにさじを投げるわ


イギリスからとんでもねーギターがやってくるわで


出番を失いかけた可哀想なラージヘッドストラトだけど


Mr.Bigでも使う事にしました。


最近ポールもシングルコイルだしね。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011-12-12 23:40:48

一週間遅いプレゼントです

テーマ:ブログ

届きました!



新・本日の反省会-image

Suhr Modern Bengal Burst


です。(ハードケース空けた瞬間はフレットレスギターかとびっくりしました。)


前回の記事で書いたようにイギリスの楽器屋から直輸入し、本日我が家に無事到着しました。


勿論生まれて初めての個人輸入で不安要素たっぷりだったが


イギリス人スタッフとメールで何回もやり取りをして


「ここなら大丈夫かな?」という印象を受けたので購入しました。


ちなみに


Peachguitars


という店です。取引や送金後の輸送の流れなど本当に親切丁寧に対応してくれました。 


SuhrやPRS、FenderUSAの購入を考えている人は


本当に今がオススメだと思います。



気になる価格は


ギター本体→£2,415

輸送費→£300

日本国内の税金&通関手数料→9,300円


ということで昨今の超円高のお陰もあり、£1=125円で取引。

(銀行手数料込みでこの価格です。卒業旅行にイギリスに行った数年前は£1=180円だったのに!)


結果35万円弱で購入できました。


国内の楽器屋でSuhrのmodernなんて滅多に出てないし、店によっては50万円以上するので


大変安く手に入ってラッキーでした。円高万歳!



初めて輸入を考えている人に取って気になる点といえば、税関の問題でしょう。


税関ですが、まずギターをはじめとする楽器の類は関税がかかりません。


なので、煩雑な申請などは一切不要。


代金さえ送金すれば、あとは勝手に輸送業者が家まで運んでくれて


業者が代行した通関の手数料と日本の消費税のみ玄関口で払えばOKです。


俺は国際運送に強いDHLを予めショップに指定しておきました。


なので上記9300円という価格が適切なのかどうか俺には分からないけど


特に不満はないから良しとしてます。


DHLの送り状番号を教えてもらえば、後はネットで今何処に自分の商品があるか分かるから楽しいです。


今回は名古屋に送ってもらい


ガドウィック空港→ライプツィヒ→香港→名古屋国際空港(セントレア)という足取りでした。


ライプツィヒからいきなし「HONG KONG」に更新されたときはテンション上がりましたね。



それから、輸入に当たって注意しなければいけないのは、稀にワシントン条約で規制されているような


希少な木材を使用しているギターがあるようなので、そういったギターの輸入にはもっとめんどくさい


手続きが必要みたいです。




新・本日の反省会-image

マッチングヘッドには拘りました。



新・本日の反省会-image

ボディとネックはマホガニーでボディトップのフレイムメイプルが美しい!


ピックアップはHSHですが、トーンノブをタップすればシングルコイルでの出力も可能です。



俺には100年早いギターだって?


独身生活最後に一生モノの何かを探していたので、これから弾きまくってSuhrが似合う男になりたいものです。



って平日の夜に興奮気味に書いていたら


Peachguitarsから最後のメールが



Ryo-sama,


どういたしまして!


Glad you enjoy it!

Kind Regards
Jeff
01376 553016




On 12 Dec 2011, at 14:28, wrote:

Dear Peachguitars,

Today,the guitar arrives at me.
It's amazing!! It's really beautiful and I'm satisfied too much.
I'm surprised that the arriving is faster than I expected.

This is the last mail to you.
I appreciate your honest attitude,quick e-mail reply and all.
And I hope to dealing with you some day.

Thank you !

Ryo

最後に日本語で返してくれるなんて粋なことしてくれるじゃないか!

AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2011-12-03 21:36:18

さー 買っちゃいましょうか

テーマ:ブログ

またまた久しぶりの更新!



いつの間にか季節は冬ですね。


これからは鍋と熱燗が美味しく食べれます。


11月の土日は毎週東京に帰れていたので


名古屋でゆっくり過ごす休日は実に久しぶりです。


掃除が大変な事になってましたが。



それから、もうすぐ2011年も終わりだし、今冬も無事ボーナスも出るようなので


一年間頑張ったご褒美として何か買い物をしようと計画中です。


しかし、最近の世界経済事情を考えるとただ何も考えずに日本で買うのは如何なものか?と


個人輸入を計画中で現在とあるイギリスのショップとメールで交渉中です。


早ければ来週にもPurchaseできそうです!


仕事では円高に大変苦しめられているので、プライベートでは恩恵に授かっても良いよね?



何を買おうとしているかは無事に日本に荷物が届いたら写真でアップするかもしれません。



いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2011-10-30 22:18:54

一期一会

テーマ:ブログ

先日、客先の接待で静岡県の清水に宿泊したときの事を。



清水駅まで客を送り、俺もあとはホテルで寝るだけだったので


飲みなおすかって事で、一人ホテル近くのバーに行きました。


週末だっていうのにガラガラなその店は、偶然入ったには出来すぎなくらい俺好みの店でした!


珍しいシングルモルトがたくさんあるってのもそうなんだが


入って真っ先に目に留まったのは


メサブギーのマークⅤとPEAVYの5150、そして壁中に立てかけられたギターの数々・・・。


俺しか客がいなかったので、マスターとギター談議ですぐ打ち解けました。


(流石に夜中だったので、音を出す事は出来ませんでしたが)


ギターの話もだが、更に俺がスコッチを飲みにスコットランドまで行った話しをすれば


ますます話は盛り上がり、一夜でそのマスターとは友達に。


友情の証に、日本では非売品だというジョー・サトリアーニのサイン入りピックを頂いちゃいました。



その店には数々のポスターなんかも飾ってあったんだが


一番驚いたのは、サトリアーニとスティーブ・ヴァイ、ジョン・ペトルーシが来日した


G3ライブのポスター。何と、3人の直筆サイン入り!


これには俺もテンションMAX!


マスター曰く


「このポスターを飾った05年から、これで喜んでくれたのは3人目」


とのこと。


いやぁ、酒が進む進む。 何よりも先の接待と比べて酒の旨いこと!



清水はこれまで、あまり立ち寄らなかった場所だけど


これからは静岡出張のたびにこのバーに通ってしまいそうです。



本日の1枚

「Show And Tell」 Silvertide 2004年発表

Show  &  Tell 【Copy Control CD】


1.Ain't Comin' Home   ★★★★★

2.Devil's Daughter    ★★★★★

3.S,F,C           ★★★★

4.Calfornia Rain     ★★★★★

5.Blue Jeans       ★★★★★

6.Mary Jayne       ★★★★

7.Heartstrong       ★★★★★★

8.To See Where I Hide  ★★★★

9.You Want It All     ★★★★

10.Nothing Stays     ★★★★

11.Foxhole J,C.      ★★★★


評価・・・S(4.54点)




前回の記事でちょっこっとだけ紹介したSilvertideの最初で最後の作品です。


彼らとの衝撃的な出会いは今も忘れられません。


洋楽HRにどっぷり嵌っていた高校3年生の秋。


受験勉強も正念場という時期に、友人から借りたこのCD。


当時、Van Halenやガンズといったバンドが大好きだった俺にはこのバンドはストライク過ぎて


予備校に通うまでの中央線の中で狂ったように聴きまくっていたのが、まるで昨日のように思い起こされます。


今でも聴けば、当時の事が鮮明に思い出されて感傷に浸ってしまうため


生半可な気持ちでは聴けない、俺にとって数少ない特別な一枚です。


受験勉強中にも


「このSilvertideと一緒に歩める大学生活は明るいものに違いない」


と本当にこのバンドが大好きでセカンドアルバムの発表を今か今かと待っていただけに


このデビューアルバムで解散してしまったのには本当に残念でありません。



①バンドメンバーの平均年齢が若干二十歳(だったけ?)という若者達のデビューにしては

あまりに完成度が高すぎる一曲目。

歪み過ぎないクランチサウンドがとにかくカッコイイ、メインのリフに

聴いているヘッドフォンから唾が飛んできそうなヴォーカルがとにかく素晴らしい!

この泥臭さ、初めて聴いたときは本当に衝撃的でした。


②いかにも陽気なアメリカンロックという雰囲気がたまらない2曲目。

抑え気味のBメロから、「俺のベッドには悪魔の娘が寝ているぜ」といういかにもな歌詞が最高。


③タイトルが「So F○C○kin' Crazy」の略だというのは説明しなくてもお分かりか。

ゆったりめで、ちょいとグルービィーなところもあるけど

この酩酊感はズナッファーにも似通ったグルーブかも。


④タム3発からテンポよく弾き出されるテレキャスによるソロが◎なイントロ!

Bメロの切ない感じがほんと堪らん一曲だ。

Cメロでのちょっと静かな雰囲気も良い演出。

サビの歌メロも良い感じだし、ラストのソロのバックでメロディアスに聴かせるギターソロが良いね。


⑤これもヴォーカルの泥臭さが際立つ一曲。

Aメロから早口気味のヴォーカルが男らしい。とても20歳そこらの若者とは信じられん。

サビでの「イェーエー イェーエー」に被せてくるギターのフレーズがセンス満点!


⑥「タタタタタタ」と小気味よく刻むスネアを合図に始る怒涛のリフが迫力十分。

間奏でのトリルなど、とにかくダイナミックでライブ栄えしそうなパワフルな一曲。


⑦この曲が本作で一番輝いているでしょう!文句なし★6つの有名でないけど永遠に錆付かない名曲。

もうね、とにかくAメロ~Bメロのメロディが素敵過ぎる!

勿論、サビでの歌唱も素晴らしい!こんなパワフルに切なくバラード歌われたら堪らんわ。

ブラッシングを入れつつも上昇するソロも哀愁感がありすぎて最高です。

そしてラストのサビ前に、鼻から深呼吸するのが生々しくてこれも◎

ラストのサビの「Tell Me Why~?」と被せてくるヴォーカルも切なくて良い。

この曲を聴くと間違いなく高校時代を思い出してしまいます。


⑧ギターがソロでもリフでも弾きまくりのギター主役の曲。

ギターソロでピッキングハーモニクス3連発で下降していくところが

何となくSkid Rowっぽいフレーズを聴かせる。


⑨硬質なリフとソロで幕を開けるパワフルな印象の曲。

Aメロでのヴォーカルはだいぶ抑え気味だが

サビで聴かせるダイナミズムはエアロスミスさえ想起させる。


⑩イントロで聴かせる溜息がそのまま冷気で白くなり、しばらくの間そこに残るかのような

これからの季節にぴったりのゆったりめの曲。

クリーントーンのアルペジオをバックに響く温かみのあるブルージーなフレーズが

やけに大人っぽい雰囲気を演出。


⑪高低差のあるファンキーなリフで始るラスト曲。

サビでタイトルを叫ぶわけだが

「Foxhole ジーザスクライスト」が「F○C○K So ジーザスクライスト」にしか聴こえなく

当時は「なんつー罰当たりなバンドなんだ」と感心してしまったが

俺の聴き間違えであることが分かり一安心。



以上!


素晴らしすぎるデビューアルバムを発表しつつも


儚げに解散してしまったこのSilvertide、彼らの未来を本当に楽しみにしていたんだけどなぁ。







いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
1 | 2 | 3 | 4 | 5 |最初 次ページ >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。