ホームページ必勝法!文例や集客・いいね!問い合わせを増やす方法があるブログ。

ブログやホームページを自作で頑張る方へのブログ。手軽なSeo対策や文例・例文など、集客・問い合わせを増やす実例を公開しています。


テーマ:
検索キーワードで「店舗案内 文例」というキーワードでアクセスしている方が多いので書きました。
この記事では店舗紹介の文例・テンプレートと書き方を書いています。



文例が入っているので少々長いですが「店舗案内」の文章を書こうとしている人はじっくり見てください。
この文章を見た1時間後には、いい文章ができているはずです。

まずは文例から…
ここではスポーツ用品店を例にとって書きます。

当店は、1日の疲れがとれる、スポーツ用品店です。
ひとことでざっくりと見出し

当店は10代から60代まで幅広い年齢層の方にお越しいただいています。
その中でも多く見えるのが30代女性です。
近隣で働いており、1日の立ち仕事で足が疲れている方がケアにみえたり、サポーターや疲労回復クリームを買っていきます。
ターゲットを絞って店の様子をお伝えする

当店での人気メニュー
・疲れた足へのフットケア
・用品販売
・用品の使い方の説明やデモ
・治療器を使ったスポットケア

気になる症状や悩みをお伝えいただければ、適切なケアの方法や用品を紹介いたします。
箇条書きでメニューや取扱品

1日の疲れをとって帰りたい、疲れをとるケアの方法をお望みの方は、ぜひお越しください。
道がわからない方は、電話で「道がわからない・場所を教えてください」と聞いていただいて結構です。
電話番号00-00000-0000
クローズ



書くときの手順
・どんな人に向けて書くか考える(準備)
・どうしてもらいたいかを書く(クローズ)
・見出しを書く(つかみ)
・内容を書く(内容・説明)
・見出し→内容→クローズの順番に並べ替える
紙に書いてPCで入力するほうが早く出来ます。
めんどくさそうですがコピー用紙でもなんでもいいので用意してください。
紙+ペン→入力です。

※理由は長くなるので書きません、一度お試しください。

どんな人に書くかを決める
※すぐに書かない
よくターゲットを絞れ…と本やマーケティングのセミナーなどでありますが、慣れない方は難しいです。

お得意様のことを思い出して共通点を探す
ターゲットを絞るよりも、今来てもらっているいいお客さんを想像して書きましょう。
Aさん、Bさん、Cさんというように名前を書いて特徴や喜んでもらったことを箇条書きでいいので書き出してみてください。
ターゲットを絞る!というよりも、今いるいいお客さん、お得意様、よく買ってくれる人と同じような人、似ている状況の人を集める・探すという感じです。
いいお客さんが増えるのを想像すると興奮しますね!
※この作業は書く前の準備です、この部分が詳しくて具体的なほどスムーズに書いて行けます。

※「いい人集め」も「ターゲットを絞る」も最終的な結果は一緒です。
より考えやすい方法ということでいい人集めとしました。

では書いていきましょう!

まずはクローズから
この部分が一番簡単です、すぐに書けるところから書きましょう。
「お越しください」「予約してください」「お問い合わせください」のどれかです。
必要なら地図もつけましょう。

次に見出し
一行広告、キャッチコピーみたいなものです。
最初に考えた対象の見込み客が求めているであろう言葉を書きます。

※例※
当店は〇〇の専門店です。
当店は〇〇ができる専門店です。

※5秒以内で言い切れる程度の文で書く。


ここから内容
次は来やすい雰囲気を伝えましょう。
共感の得られるような言葉やキーワードを含めて雰囲気をお伝えします。
どんな人に向けて書くか…という部分が具体的になっていれば通用する言葉もわかるはずです。
この部分は、はじめての方でも安心して来てもらうようにするのが目的です。

いい文章が思いつかない(汗)
いい言葉が出てこなかったら、自分が口頭で話している言葉をそのまま書きましょう。
相手からすれば読むか聞くかの違いだけです、いつも話している話し言葉でいいです。

無理せず箇条書きでOK
次に取扱のメニューを書きましょう、箇条書きでけっこうです。
いい文章を書こうとして、ああでもないこうでもないとやっているのなら箇条書きにしてサッと済ませてしまいましょう。
ここでも最初に思い出した、いいお客さんが出てきます。
今いるお客さんに人気の商品、代表的なメニューなどを書きましょう。

並べ替えて仕上げ
最後に「見出し」「内容」「クローズ」の順に並べ替えて出来上がりです。


できましたか?
最初からは難しいので、この記事の最初に書いた文例をそのままコピーして必要な部分だけ書き換えてください。
テンプレートがあれば書きやすいと思います。

実際に来てくれた人に
「わかりやすかったですか?」
「何を見て興味をもってもらえましたか?」
など会話の中で聞きましょう、自然とリサーチになります。

そして、わかりにくいと言われたところなどを書き加えたり、直したりしましょう。
どんどんいい説明文になります。

SEO対策やキーワード対策もいいですが、本質的な内容も見直していきましょう。

ホームページを作るときは、制作や設定、SEO対策など技術的なことも多いですが、文章などのアドバイスをもらえる業者を選ぶことをオススメします。

手前味噌ですね(笑)

「マネして書いてみました、どうですか?」
みたいなメッセージをいただいてもかまいません。。
見積もり・相談無料で受け付けています。

>メッセージを送る


※追記※


文例のページがよく見られているので書きました。

なぜ一部のサイトでは、
いつも見られて、反応もあるのだろうか?


人気が出るコンテンツの作り方がわかる本の記事です

■もっといいブログを書く方法はないのか?
http://ameblo.jp/dorikin-yamamoto/entry-12038721512.html
このブログ内の記事です、どうぞご覧ください。
いいブログを書きたい!ランキングアップにつながる書き方

コメント(2)  |  リブログ(0)

web必勝法 どり菌@やまもとさんの読者になろう

ブログの更新情報が受け取れて、アクセスが簡単になります