何かのために sengoku38の告白/一色正春



尖閣諸島で中国漁船に体当たりをされた映像をyoutubeで

体当たりの映像を流した元海上保安官 一色正春氏が

拘束後に書いた本。

ビデオの公開後から急に中国が黙り、国際社会に日本の正しさと中国

の横暴さを示したことからも公開すべきだったと言えるだろう。

本の内容とは関係ないが、この本が朝日新聞出版から出版されている

というのが面白い。朝日もさすがにやり過ぎだと思ったのだろうか。





AD
日本はなぜ世界でいちばん人気があるのか (PHP新書)/竹田 恒泰



旧皇族の竹田氏が、自虐史観により自国に誇りが持てなくなって

しまった日本人に向け、「日本とは何か」をテーマにして書いた本。

マンガ・アニメが世界を席巻し、日本の食文化(ミシュランは東京に

最多の星をつける)、エコ、和の心、日本文化、日本文明の精神、

神話から続く天皇の存在など、日本のすごさを凝縮した内容。

書店でかなり売れているようだが、もっともっと多くの日本人

に読まれれば、日本に誇りが持てる人が増えるだろうな。


AD

国家の命運 11010

テーマ:
国家の命運 (新潮新書)/薮中 三十二




アジア太平洋局長として北朝鮮の核や拉致問題の交渉に

あたった藪中氏が、退官した後に、外交の裏側を出せる範囲

で最大限率直に語ったと思える内容。

藪中氏は、中華思想で覇権主義の中国、核を持った独裁政権の北朝鮮、

日ソ不可侵条約を一方的に破り50万人もの日本人を捕虜として

シベリア抑留をするようなロシア(旧ソ連)という3国に囲まれた

地政学上、極めて困難な国のアジア太平洋局長だけにその危機感を

しっかり認識した上で、外交をされていたことが良く分かる。

本書は、中国漁船が体当たりする前に書かれた本だが、尖閣諸島に関しても、

「尖閣諸島は日本固有の領土であり、領土問題は存在しない」という

真っ当な立場を取っていて、「日本として、領土、領海をしっかりと

保全すべきは当然であり、万全の態勢を築いていくべし」という

主張をされている。

これだけ真っ当な外交官がいても政治が3流であれば国の行く末が

危うくなる。

子供や孫の世代に今の大人たちがもっと責任を持ち、行動すべき

なのだ。
AD
暴かれた[闇の支配者]の正体/ベンジャミン・フルフォード




闇の支配者がいて、それらの思惑のために日本が食いものに



されているという事例を、元フォーブスのアジア太平洋局長



だったベンジャミン・フルフォードがジャーナリスト魂で自らの危険を



顧みず暴いていくという内容。





金融のしくみは全部ロスチャイルドが作った (5次元文庫)/安部 芳裕

飛行機で読むための軽い本を買おうと本屋で怪しい


タイトルの本書を手にったが意外にもオモシロイ。


ロスチィルドが1774年に25カ条からなる「世界革命行動計画


を立て、全世界のマンパワーと資源を独占するための行動計画


がスタートしたという、この時点で怪しさ120%の内容。


しかしFRBの株を政府は1株も持っておらず、チェースマンハッタン


銀行以外の銀行は全てロスチィルド系投資銀行という辺りは信憑性


が高くなる。


現在起きていることと、「世界革命行動計画 」に書かれていること


が奇妙にも一致していることが解説してあり、若干恐ろしくなることも。


あり得ない話だとは思うが、もし本当にそういう世界があるとしたら


恐ろしいことだなぁと。

隷属国家 日本の岐路―今度は中国の天領になるのか?/北野 幸伯

覇権国家アメリカが唯一の大国の地位から凋落し、あと数年で


日本を抜いて経済大国となる同じく覇権国家中国の国際社会


での台頭という大激変の時代にあって、これから日本が


自立国家としての道を歩むのか、それとも、中国の隷属国家


となるのかということを、国際関係の専門家が鋭い視点で


論じた内容。


日本は、中国やロシアなど自国の国益のみで政治を行う老獪な


国に挟まれ、その上、アメリカが自国のことで精一杯になって


しまった今、外交の強化、防衛体制、食糧自給率の向上、


エネルギー確保などをしっかりとした意思と戦略を持って


いかなければいけないという著者の意見に賛成する。


メモ

・中国の軍事予算は日本の3倍。19年連続二桁の伸び。

・99年からGDP比累積債務残高がG7で最悪。更に悪化

 するので、日本の財政は2020年までもたないbyMr円・榊原氏

・空洞化は国家税収が減るため悪。製造業を捨ててはいけない。

 そのため法人税の減税を。

・米国の通商代表部は政府に「年次改革要望書」を提出。郵政民営化

 もこの要望書で強く要求。米国の金儲けのための外交。

・中国はエネルギー確保のためには他国を侵略する。

 ex)1974年ベトナムの西沙諸島に侵略。1995年にフィリピン領

    のミスチーフ環礁に軍事施設を建設、その後拡充。

・中国の脅威のために仲良くする国は、1アメリカ、2ロシア・インド

・食料自給率向上は、学校給食を完全米飯給食にする。現在2.9日/週

 完全米飯給食にするだけで年に10億食増える。

ジム・ロジャーズ中国の時代/ジム ロジャーズ

ジム・ロージャーズの本はこれで3冊目。

豊富な歴史の知識と、現地に足を運び、足で稼いだ情報


と、これからの世界を見通す慧眼力で今後の中国を読み解く内容。


結論、中国は長期的にみればまだまだ発展するということ。


そして投資対象は、中国の半国営のインフラ企業が良いということ。


国が発展して行く際、インフラの整備は必須だから、半国営などの


会社が安定して成長するという考え。


中国を投資対象と考えればそうかも知れないが、中国が発展する


ことのマイナス面が大きすぎて、安易に投資する気になれない。。。


これからはベトナム・インドが注目だが、投資という面でみれば


氏が言っていることは当てはまるだろう。


10年ぶりにベトナム・インドに行ってみたいなぁ。


為替がわかれば世界がわかる (文春文庫)/榊原 英資

ミスター円の異名を持つ榊原氏が専門の為替を通じて、


世界経済・世界政治について語った本。



よく政治経済と言うが日本は完全に切り離されてしまって


いる印象を受けるが、アメリカは政治と経済が密接に連携


していることが良く分かる。


全体として世界経済のダイナミックな動きが見れてとても面白い


反面、為替の取引をゲームと言い張り、その手法について延々


語っているところはどうなんだろう、と思う。


ゲームで為替の取引をすることで世の中に新しい


価値を生んでいるのだろうか。


そのことに対する答えが最後まで分からなかった(という


か答えはないのだろうな)のが残念。


冒険投資家ジム・ロジャーズ 世界バイク紀行 日経ビジネス人文庫 (日経ビジネス人文庫)/ジム・ロジャーズ
海外放浪の経験があるので、冒険記なる本は過去に幾つか

読んだが、放浪以降はほとんど人の放浪記には興味がなく


その類の本は読んでいなかったが、世界有数の投資家である


ジム・ロジャースがどういった視点で世界一周をしたのかに


強い興味を持ちいつか読んでみようと思っていた一冊。


バイクでの世界一周というメチャクチャな冒険故に、途中


途中訪れる困難も面白いが、何より世界有数の投資家が


どういう視点で投資の国を見ているのかが詳しく書かれて


おり「世界を知る」という視点で非常に勉強になる。


ジム・ロジャーズは歴史に詳しく、その国の歴史や世界史


などからその国の過去と現在、そして未来を予測するという


思考方法を取る。


現在から未来というときに歴史というバックグラウンドを


知っているのと知らないのでは導きだす結論は当然違う


だろうということが良く分かる。


自分が放浪しているときにもっと世界情勢やその国の


歴史を知っていればもっと旅を面白くできたのではないか


とも感じてしまう。


またいつか読んでみよう。

地図で読む世界情勢 第1部 なぜ現在の世界はこうなったか/ジャン-クリストフ ヴィクトル/ヴィルジニー レッソン/フランク テタール

ビジネススキルの向上のための読書に関心が(以前より)薄くなり、世の中がどうなっていて、今後どのように変化していくのかということに関心が移っていている。


現在の世の中を知るために地図を使ってビジュアルで理解するということが面白い本。


地政学という意味が良く分かる本だ。