なぜ、ネットでしかヒットは生まれないのか/津谷 祐司

モバイルでユニークなコンテンツを多数生みだしている


ボルテージ社の社長が書いた本。


社内でコンテンツ作りに関わっているメンバーの中で話題に


なった本で、現在、新規事業でコンテンツ関係の仕事を考えて


いるので参考とする。


価値観がひとつではない成熟社会では、10万人にヒットする


徹底的にセグメント化されたコンテンツを多数作り出す


というのが、これからのヒットコンテンツを生み出す定石


だということらしい。


ターゲットを絞り込み、徹底的にターゲット像を浮き彫り


にしていく作業は、コンテンツやメディア作りをしていく上で、


とても参考になる。





AD

Webリテラシー 08018

テーマ:
Webリテラシー―プロデュース・ディレクション・デザイン・プログラミング (ウェブの仕事力が上がる標準ガイドブック 1)/益子 貴寛

来年の新入社員の必読本。


WEB検定なるものがあり、それを全員取得するようだ。


ずいぶん普通の会社っぽくなったと思いつつ、一応どんな内容かと

チェック。


・・・微妙。


標準知識とあるが、それって知ってる必要ないでしょ、

というものとか、必要なことでも逆に難しく表現してあったり

とイマイチな感じ。


まぁ、新入社員が大枠を把握するには良いのかも。


AD
「Podcast Now!」管理人JJ
はじめる!楽しむ!ポッドキャスティング!

ネットビジネスに1999年からどっぷり浸かっているが、ここ1年の動きは今までの7年より進化が早く感じている。


web2.0という言葉が生まれ、ブログ、SNSをキーとした周辺ビジネスが破竹の勢いでサービス化されている。


今までネット業界の最先端にいるという自覚があったが、最近はついていくのにいっぱいいっぱいになってしまっている。


別に情報収集を怠っている訳でもないが、ネットの本質を理解したプレイヤーがこの1年で急激に出て来たのではないかと思っている。


この動きは益々激しくなってくると思う。


今年の新卒は、中学生の頃からインターネットを使っている。


あと数年もすれば小学生の頃から自由にインターネットを使いこなして来た人がネットビジネスに参入する。


この子達は、ネット頭(?)が違う。


努力して理解した今の世代とは全く違う頭脳になっているので、今から全く想像出来ないようなサービスが生まれてくるに違いない。


その時に、今のように全てアメリカ初ではなく、日本初のネットサービスが生まれると信じている。(というかそうなって欲しいと強く思う)


話が大分それたが、ブログ、SNSに注目しすぎていてポッドキャスティングについて完全に乗り遅れていたため急いでポッドキャスティングに関する本を読んでみた。


ここ1ヶ月くらいで情報収集している中で可能性を感じていたが、本著を読んで確信に変わった。


人の行動パターンを変えるサービスは必ず成功すると思っているが、ポッドキャスティングは正に人の行動パターンを変えるビジネス。


今後どのように発展するのだろうか。


ここでビジネスが出来ないか考えてみよう。

AD
梅田 望夫
ウェブ進化論 本当の大変化はこれから始まる

ビジネス本としては異例の30万部超の大ヒット本。


この業界で長く働いている自分からすると、当たり前のことを一般の人に分かり易く書いただけだろうと思っていたが、分譲マンション屋さんの書評が魅力的に思えたことと新卒向けの課題図書にしようと思ったため

読んでみた。


なんとなくWeb2.0の本質が見えてきた時だったが、著者の梅田氏が言語化してくれたことで頭の整理が出来たような感じがする。


最近思っていたことだが、今ネット業界を牽引している人から全く新しい発想のビジネスが生まれる可能性より、小学生の頃から”当たり前”にネットを使いこなしている世代の一部の天才達が全く想像もつかないようなビジネスが生まれるような気がする。


今後が楽しみだ。