できるビジネスマンは瞑想をする/藤井 義彦

一流経営者・ビジネスマンは瞑想をする。


21世紀のビジネスマンにとって何を一番学ぶべきかと


聞かれれば「瞑想」と師匠は言い切る。


最近、そのことが理解出来てきた。。


AD
脳にいい5つの習慣/篠浦 伸禎

久しぶりの脳に関する本。


世界レベルの脳外科の篠浦先生が現代医学を駆使しつつも、


否定する部分もあり、共感する。


運動とニンニク油が脳に良いのは何となく分かるが、


人間学・瞑想が良いというあたりが共感する。


AD
かもの法則 ―脳を変える究極の理論/西田 文郎




日本女子ソフトボールがオリンピックで金メダルに

なった陰に、西田文郎氏のメンタルコーチがあったのは

有名な話。

この手の話は大体理解しているつもりだが、頭で分かった

のと出来るているというのは違うということと、西田理論

を知りたいという思いで一読。

ネガティブな思考を、前向きな「かも」に変えるだけで、

脳が変わり、人生も変わるという内容。

この手の本を読むと、ストレスを感じない自分の性格と、

全てを前向きにしか考えられない脳の構造に感謝したくなる。
コンフォートゾーンの作り方【聴くだけで目標達成できる!CD付】~図解TPIEプログラム~/苫米地英人



コンフォートゾーンとは、自分の能力を制限してしまう自己制御機能

のこと。

自分には無理・出来ないとか、親や先生からあなたには無理などと

言われて育つと強烈なコンフォートゾーンが形成されてしまう。

コンフォートゾーンを理解し、活用出来ると強い力が生まれるが、

最悪なのが、心地よいので無意識にコンフォートゾーンを守ってしまう

状態だ。

常に高い目標を持ち、達成しそうになると更に高い目標を設定し、

イメージの中でリアリティがある絵をどれだけ描けるかで人生が

大きく変わるということだ。

自分に自信がない人や、なかなか高い目標を描けない人、マネージャー

には読んで欲しいと思う。



心と脳の正体に迫る 成長・進化する意識、遍在する知性/天外 伺朗
何冊が著書を読んでいる天外氏と薬学博士でSF作家の瀬名氏との対談をまとめたもの。
変な組み合わせだが、中身も負けてない。
意識と無意識にはじまり脳科学、量子力学。そして瞑想、臨死体験、アブダクション(宇宙人による誘拐)にまで発展してしまい途中から意味不明になってしまった。。。

もっと物事を深く理解しないと理解できないのか、そもそも言っていることが理解できない内容なのか・・・。


なんともコメントのしづらい内容だった。


だれでも天才になれる脳の仕組みと科学的勉強法/池谷 裕二
¥750
Amazon.co.jp

久しぶりの脳本。


あるセミナーの製品化のためのモニターとし参加した際に、脳と記憶力について多くの時間を割いていたので久しぶりに脳関連の本を読んでみた。


本書では効率のよい勉強法として、復習がとにかく大事だと繰り返し書いてある。


一番効率的なのは、学習した翌日に1回、そして1週間後に2回目、その後2週間後に3回目、その後1ヶ月後に4回目という風に2ヶ月に亘って復習することだそうだ。


それだけ繰り返すと人間の脳は、そんな重要な情報は忘れないで置こうと海馬から大脳皮質に移動させ、長期記憶となるそうだ。


今後絶対覚えたい勉強や本は上記のやり方で試してみよう。