広瀬 一郎
スポーツマンシップを考える

来月から東大スポーツマネジメントスクールの3期生としてスポーツマネジメントについて学びに行く。


全16回を3ヶ月で集中して受講するスクール。


プロスポーツ団体のマネージャーなどスポーツビジネスに携わる人が、体系的にスポーツビジネスを学べる
スクールということで、多くの人材を輩出している機関。


日本のスポーツビジネスは、ビジネス経験のない人達の勘で運営されていたため、経営として成り立たず撤退して行った団体がとても多い。


実際、仕事でスポーツビジネスに携わっているが、フロントの経営感覚の欠如っぷりには愕然とする。


将来的に教育事業を行うが、「健全な精神は健全な肉体に宿る」という考えがあるので、その実践のためにも今回のスクールで学ぶことが役立つのではないかと期待している。


この本は、そのスクールの課題本。


松井選手、サッカーの中田選手、F1の佐藤琢磨選手など一流のスポーツ選手の多くは、スポーツで卓越した技術を持っているだけでなく、人間性も非常に高く、時に人格者と思える言動をすると思う。


これはスポーツが人間形成の場であり、結果を出す過程において精神的な成長も伴っていったからだと推測する。


本文の川淵チェアマンも、「Jリーグアカデミー」という英才教育の機関を作り、技術を教えるのと、人間教育を半々位で実施するという。そこで、スポーツマンシップをきちんと指導し、フェアプレーの何たるかを指導し、一般的な社会教育をそこで教えることによって、社会の中できちんと生きていける子供達を育てるのだそうだ。


子供の頃にこのような教育を受けた人間は、上記の一流選手のように、人間性も兼ね備えた素晴らしい人物になるのだろう。


自身の経験においてもスポーツを経験した人間と、しないで育っ人間では抽象的な言い方だが、人間力が違う。


生きる意欲のようなものも違うように思う。これは、「健全な精神は、健全な肉体に宿る」ということなのだろうか。


スポーツを通じて、健全な肉体と精神を得て、人間性の高い人間となることが出来るのだと思う。


その意味でもスポーツマンシップの理解が広がり、子供達の人間形成に役立つ社会を創る必要があると思う。

AD
藤田 浩
M&Aドキュメント 事業売却


牛島信の企業法律小説 に比べると小説としての面白みは
大きく欠けるが、副題にある「六法なしでも読めるM&A
テキスト」とあるように、M&Aの実務がよく分かる本。


スキーム検討
  ↓
セラーズ・デュー・デリジェンス
  ↓
オークション
  ↓
第一次ビット
  ↓
買収監査
  ↓
第二次ビット
  ↓
レターオブインテント(LOI)
  ↓
クロージング
  ↓
契約書作成


ケースバイケースだが、M&Aの一つのパターンが
よく分かった。

AD
日経ベンチャー
自ら語る小倉昌男の経営哲学

先日日経BPで小倉氏の経営学をプロデュースした方とお会いした。

小倉 昌男
小倉昌男 経営学
その方は数々の経済の名著をプロデュースしているが、最高傑作は小倉氏の経営学だとおっしゃっていた。

一度読んだことがあるがとても感動したことを覚えている。信念を貫いている姿勢に感銘した。


今回は書籍+DVDという充実した内容で、特別追悼版として発売されたもの。


10年前の講演会をDVDにしたもので、上記の経営学を口頭で説明した内容で面白い。


AD
著者: 日本経済新聞社, 日経=, 日本経済新聞=
タイトル: 財務諸表の見方

この連休中に21万円も出してファイナンス合宿セミナーに参加した。

その準備のために再々読。まだまだ100%理解出来ていない。


セミナーでは企業価値評価=バリュエーションの手法を学んだ。


↓の本に超難解に書いてあることを2日間でマスターするためのセミナー。

トム コープランド, ジャック ミュリン, ティム コラー, マッキンゼーアンドカンパニー, Tom Copeland, Jack Murrin, Tim Koller, マッキンゼーコーポレートファイナンスグループ
企業価値評価―バリュエーション;価値創造の理論と実践

企業評価のやり方は理解出来た。


MBAで1年かけて教える内容も、意味のない数式の導き方などではなく、道具として使うレベルは2日で十分学べる内容だ。


でも重要なのは、対象企業の業界や競合企業の状況、成長性などを理解して企業価値算定に織り込む感性。


このスキルは仕事でも夢の達成のためのためにもとても使えるので、【徹底的】に勉強して、完全に自分のものにしよう。



石野 雄一
道具としてのファイナンス

今週末に予定しているファイナンススクールの予習として読んでみた。


計算式ばかりで難しい。計算式をみるだけで頭が完全に拒否してしまう。


理論的なことは3割位は理解出来たのでまずは良しとしよう。


スクールが終わったころには5割位理解出来るようになるだろう。


繰り返し読もう。



田坂 広志
複雑系の知―二十一世紀に求められる七つの知

友人に勧められて読んだ田坂本。


複雑系としての社会に生きるための知恵を教えてくれる本。


21世紀になり誰もがインターネットを使うようになり、情報が溢れ、社会の仕組みが複雑に絡まった現代社会では、むしろ「洞察」や「直感」を大切にしようということだ。


要は、社会を分断して枝葉を見るのではなく、社会全体を、ありのままに観察し、その本質を直接的に把握する洞察や直感を働かせるということ。


世の中の事象をありのままに観察し、「頭で考える」のではなく、「体で感じる」のだと。


「直観は過たない。過つのは判断である。」


かなり高度で長期の修練の必要があるが身に付けられるものらしい。


んー難しい内容だった。。。



今回の特集は、「日本の伸びる会社」


この記事に異論あり。


起業価値の算出手法が、ペンタゴン・バリュアップ・モデルという算出方法らしいが、(1)顧客支持=現金創出力、(2)株主重視=増配力、(3)社員満足=給与増額力、(4)国家貢献=納税力、(5)市場期待=ブランド力とのこと。


=の意味が良く分からない。


しかも株主重視=増配力?????


配当が悪いとは言わないが、今回の記事の前提として伸びる会社という前提であれば、増配なんかするより成長のための投資に回したがほう、本来の株主重視の考え方だ。


単利と複利の違いを考えれば明らかだ。


そんないい加減な記事でも1社注目の会社があった。


新潟の有沢製作所。1909年の創業でありながら、経営スタンスがとても現代的。


この会社は、新製品の売上が全体の50%!、賞与は、営業利益の45%、配当性向32%。


配当なんかしないでもっと投資に回せばより成長にカーブがつくと思うが、100年も歴史のある会社なのでそれなりに理由があるのだろう。


ROIを20%に設定して、5年で設備投資の回収が原則で、売上高販管比率が9%。


驚異的。すばらしい。


敗軍の将、兵を語るでホリエモンが選挙について語っていた。


あまり好きなタイプの人間ではないが、日本の古い秩序を破って新しい秩序を生み出そうとしているパワーはすごいと思う。


ホリエモンが首相とかになったら面白いかも。



今回の特集は、「プラザ合意20年 工場は日本へ帰る」


日本が大不況になると同時に中国の人件費の安さが注目され、日本の工場は競って中国に進出した。


先端技術などのコア技術の工場は日本に残す会社は幾つかあったが、最近では、工場の日本回帰が盛んだという。


最近は大分が、世界の工場として注目されているようだ。


日本の雇用を創るため、日本の技術が漏れないためにもこのような動きは歓迎だ。

木下 弘貴
幼稚園が危ない―変わる時代の子育て教科書

本のタイトルに騙されて思わず衝動買いをしてしまったが、
なんてことはない。


普通の育児本。


ただ、著者は30代にしてとても高い志を持っているよう
なので今度機会を見つけて会ってみたいと思う。


堺屋 太一
「平成三十年」への警告―日本の危機と希望を語る

今回の総選挙で日本が改革に向けて一気に進むという予感がする。
亀井静香のようなあほな政治家がいて、それを支持するあほな国民がいるのは情けないところだが、圧倒的
小泉支持による改革路線を日本も求めたということだろう。
個人的には10年以上遅いと思うが、日本人の問題意識の低さから言ったらこれでも良くやったと言うべきだろうか。
この堺屋氏の本は、改革をしないで進んでいくと平成三十年にはは危機が訪れるよという内容だったので、この選挙のタイミングで読んでみた。
しかし、残念ながらこの本を読んで平成三十年の姿がイメージつかなかった。現状否定だけに終始していたような。
現在の延長にあるちょっと先の未来なので、賢者なら把握していると思ってとても期待していたのだが。。。