説得技術のプロフェッショナル

営業時代に一度読んで大変参考になった本を、グループの営業メンバーの課題図書としたため、自分でも久しぶりに読んでみた。

出来ていることと出来ていないことがはっきりした。

説得して説き伏せるのではなく、自発的に本人が納得するような交渉の仕方のことで、この交渉術を身につけると物事が潤滑に回ると思う。
事業責任者としてメンバーとのコミュニケーションについても必須なことが多い。

たまに読み返すようにしよう。
AD
えらぶお産

今週末か来週頭には待望の第1子が産まれるということで、お産についての本を嫁に課題図書として渡された。

分娩台が最悪の出産方法だということは聞いていたが、この本に詳しく書いてあり納得した。100万年もの人類の出産方法に逆らってここ40年位で当たり前になってしまった出産方法が実は非常識なのだ。

我が家は、母子同部屋で特別なことがない限り自然分娩で産む方針。

実はそんな病院が少ないのが実情。

医者も人の子だから医者の都合もあるのだろうが、こちらとしたら一生に2度か3度の超重要なイベントだから100%母子の都合を優先する。
そんな病院が 愛育病院 http://www.aiiku.net/  

立会い出産の予定なので、家族全員で力を合わせて新しい命を迎えよう。
AD
プロフェッショナルの条件―...はじめて読むドラッカー...

プロフェッショナルとはどんな人かということが書かれた本。

時間の使い方については、TQ―心の安らぎを発見する時... と同じようなことが書いてあり興味深かった。

この偉大な人が20世紀のマネジメントの概念を作った言えると思う。
GEをはじめ世界のエクセレントカンパニーのコンサルタントとして活躍した功績は大きいと思う。

この本で、「何によって憶えられたいか?」という一節があった。
氏が小学校の先生に聞かれ、50歳になったらその意味が分からないといけないと言われたそうだ。

教師に恵まれなかった自分としては、こんなことを小学生に向かった話す先生がいることも羨ましいし、ドラッカー氏の人生もこれで大きく変わったという。

果たして「自分は何によって憶えられたいのか?」
考えたこともないが、少なくとも人の役に立つ人生を送りたいと思う。

世に棲む日日〈1〉文春文庫

司馬遼太郎氏が書いた吉田松陰の人生をまとめた全4巻の第1巻目。

吉田松陰は幕末に活躍した人物を育てたことで知られる思想家(というより教育者か)。

その吉田松陰の人生を詳しく知りたいと思っていたところに、司馬遼太郎氏が
「世に棲む日日」でまとめていたと知り通勤帰りの電車の中で読み始めた。

将来教育事業に全力を注ぎたいと思っているので吉田松陰から学ぶことは多いと思う。

やっと黒船がやって来て盛り上がって来たところで1巻終了。

司馬遼太郎氏の「竜馬がいく」は自分の人生に大きな影響を与えている本で、
この「世に棲む日日」もどれだけ自分にとって影響があるのかととても楽しみ。
佐藤一斎「人の上に立つ人」...

文芸春秋で特集されていた「経営者19人の勉強」というコーナーで、何人かの経営者が参考にしているという斉藤一斉に興味を持ちアマゾンにて購入。

この本は江戸時代の藩士たちに多大な影響を与えた佐藤一斎の2大名著『言志四録』と『重職心得箇条』のエッセンスを現代語訳し、まとめたもの。

ダイジェスト版のようで読みやすかったが、今度は言志四録を全巻読んでみよう。

株主代表訴訟 0541

テーマ:
株主代表訴訟幻冬舎文庫

牛島信氏の「株主総会」に次2冊目。

窓際に追いやられた監査が投資銀行に操られ、カリスマ社長に対決する話。

監査役がこれだけの権限と責任を持っていることと、その機能が日本で全く機能していないことを知った。

昨今コーポレートガバナンスが騒がれているが、その理解が深まる痛快な一冊。

次は、同じ著者のMBOを読んでみよう。
アマゾンの秘密──世界最大...

アマゾンは同業であったも内部がまったく見えない会社なので、タイトルに興味を持って読んでみた。

結構立上げまでは苦労したようだ。どこも立上げは苦労するものだと納得。

ここでABテスト分析というのがあった。
どのデザインが売上拡大になるか?を勘ではなく、仮説を立てて、
実際に同時期、同アクセスでテストをしてみて、実際の売上を見て
判断するというテスト手法を採用しているということ。

これはいただきだ。
早速自社のECで試してみることに
儲けを生みだす表現力の魔法...

感動プロデューサーという怪しい肩書きを持つ人の本だが、友人がオススメという事で読んだ一冊。

商品や企画を伝えるには感動が伴っていないと伝わらないということだ。
確かに。通販生活の社長は、商品の使用価値を伝えるという表現を使ったが、それに感動が伝わるエピソードやうんちくがあればより伝わるという事だろう。

面白い表現があった。

魔法の呪文「カンカラコモデケア」

「カン」・・感動
「カラ」・・カラー(色)
「コ」・・・今日性(旬な話)
「モ」・・・物語性
「デ」・・・データ
「ケ」・・・決意(熱意)
「ア」・・・明るさ(未来を感じさせる)

この要素を文章に入れると相手に伝わると。

早速実践しよう。