横森式おしゃれマタニティ...文春文庫PLUS

嫁が読みなさいという事で読んでみたら、出産とはこんなにも大変なのかと驚いた。

嫁もこの本を読んで多少の不安を覚えたようだが、さすがは母。母子一体の残り1ヶ月ちょいを楽しんでいるようだ。

相当大変なのだろうから、家事や育児のことで出来る事は進んでしよう。


AD
なぜ通販で買うのですか集英社新書

通販生活の社長が、多くの失敗と成功を経て得た通販哲学を書いた本。

広告は広告だけでは信用されない。商品は商品だけでは信用されない。
企業の信用があって始めて、広告と商品が信用される。

<好きな発信者からの情報は信用性が高い>と言える。

また

<販売とは商品の使用価値を伝える行為だ>という事を繰り返し主張していた。

今ECをやっているが、含蓄深い言葉だ。

今やっていることで商品の使用価値を十分消費者に伝える事が出来ているのだろうか?出来ていない。

もっと商品を知り、ユーザーを知る必要がある。
AD
佐藤琢磨2004F1ダイアリー―Go...CG books

世界の超一流が、レース中にどんなことを考えているのか?どういうモチベーションでレースに挑んでいるのか?普段からどんなことを考えているのかを垣間見れた。

6年という超異例のスピードでF1まで登りつめたことに対して、琢磨曰く、早いとも遅いとも思っていない、その時その時に自分の置かれた立場を冷静に判断し、ベストな方法を選んだだけと言っていた。
夢を手繰り寄せるために、戦略的に行動して来たわけだ。
そして実績を出しているところが一般人じゃないところだ。

また現状には全く満足せず、目指すのはワールドチャンピオンのみ、という高い目標を信じ努力するところはかっこいい。

以前琢磨とピットであって握手した時に感じたオーラと、目から発する意思の強さを思い出した。

やっぱり一流は違う。
AD
本田宗一郎と知られざるその...講談社プラスアルファ新書

企業はどんなカリスマ経営者でも一人の力じゃ成長しない。

ホンダという世界企業を本田宗一郎と一緒に作った人間から学ぶことは多いんじゃないだろうかと思いアマゾンで衝動買いしたが、残念ながら書き手の問題だろうけど陳腐だった。残念!

友人の親父がホンダF1チームの社長を勤めた経験がある方なので、ベンチャーだった時代に入社して、世界企業に成長するまでの軌跡や苦労話などを聞いてみよう。
記憶力を強くする―最新脳科...ブルーバックス

本題とはあまり関係なかったが、記憶力を強くする薬が出来たそうだ。
人間へのテストはまだこれからだそうだが、近い将来、サプリメントと同じように気軽に摂れる時代が来るのだろうか。

そんな薬が出たらすぐに試してみたいものだ。
進化しすぎた脳 ...

池谷氏が中高生に向けて脳の講義を行った時のもの。

脳が曖昧に記憶する事を汎化というらしいが、こういう機能があるから忘れやすい反面、人物を見たときなど服装や髪型が違くても認識出来るのだと。

確かに全て完璧に記憶していたら全く応用が利かなくなるな。
だから人間はここまで、自然界のあらゆる事象を応用して進化して来たんだと納得。

脳の解明はまだ始まったばかりだが21世紀は飛躍的に進化するという著者の見方があるが、脳までクローンが出来てしまうような世の中になったら怖いな。

海馬/脳は疲れない

テーマ:
海馬/脳は疲れない...ほぼ日ブックス

糸井重里氏と池谷裕二氏の対談が本になった本が、2人のやり取りが純粋に面白い。2人とも常人じゃない視点を持っているなーと改めて思った。

この海馬というのが記憶のキーになるのだそうだ。刺激を受けないと脳は退化していくという事なので、いろんな事にアンテナを持って刺激していく必要があると実感。

広告営業をしていたときは、女性雑誌からティーン向け雑誌などかなり幅広く目を通していたが、今はビジネス本しか読んでないと反省。

という事で歴史小説を読み始めた。嫁さんの雑誌も読むか。

クラズナー博士のあなたにも...

催眠療法なるものが存在するという事は知っていたが、その仕組みと方法を知ることが出来た。

この本では、それを応用して、自己催眠によってポジティブになれる事やその方法が書いてあった。

必要以上にポジティブなので何かを実践する訳ではないが、前向きに生きる事は人生を変えるという事なんだなと改めて学んだ。

日経ビジネス

テーマ:
5年間定期購読している日経ビジネスを去年一年は殆ど読めなかった。
今年は、ちゃんと全部読もう。

今回は中国バブルについて。
去年だけで2回行き、8年前に行った時と、活気、ビルの数、車の数などを明らかに違い、発展した事が感じられる。

今回の特集ではそれをバブルと呼んでいる。
マンションなど100㎡で3-4000万円。数億のマンションも売れているようだ。そんなマンションは殆ど投資物件として夜は明りがついていないという。

明らかにバブルだ。

中国に投資しているだけに上海万博までは持って欲しいがこのまま行けば、
上海オリンピック前にでも弾けてしまうのではないか・・。

暫く注意深く見ておこう。