つらつら日記

やる気のない気まぐれな日記です。


テーマ:


10月某日、第2子となる娘を無事に出産しました。
予定より1週間ほど早く、予定分娩でした。
このままお腹の中ですくすく育つと、上の子を超える4500gほどの子になると脅されて…。

でも産んでみると思ったほど大きくなかったと先生が言う3500gでした。

良かった良かった。

久々の陣痛はやっぱり死ぬかと思うほど痛かったです…。

今回は本格的な陣痛が来てから50分程で産めたので良かったデス。

上の子の時はこの痛みを8時間味わったので…。

今回はいきむのも10回ちょっと。

スピード出産だったために旦那仕事から間に合いませんでした。^q^

上の子の時は300回ほどいきみました・・・。



上の子との初対面。

ちょっと緊張気味。

今ではミルクをあげてくれたり、うんちの時はオムツセットを持ってきてくれたりとすごいお姉さんぶりです。


しかし、驚くのが上の子が産まれたばかりの頃の写真と見比べると、

そっくりすぎて見分けがつかない・・・!!


←妹           →お姉ちゃん


←妹     →2枚ともお姉ちゃん


姉妹ここまで似るものなのか。

服は全部おさがりを使っているので、それこそ間違える。



お姉ちゃんになったお祝いで、うちの母からもらったプレゼントが骨の標本^q^

本人のリクエストです。

母、探し回ったそうです。

たいそう気に入っておりまして、「ほねほねちゃん」と名前を付けて毎日遊んでいます…。

それでいいのか、3歳女子…

AD

テーマ:

出産レポート③からのつづき~



長くなってしまったので、これで終わりにしたいと思います。


生まれてすぐ離れ離れになってしまいましたが、ちびは元気でした。

3日ほどで保育器から出ることができ、ミルクも驚くほど良く飲み回復も順調、トラブルもなく

予定より早く10日で退院することができました。


自分は出産から4日後に会いに行くことができました。

会陰ずたずたで、痔もできてしまい体はボロボロで立つのも一苦労でしたが

気合で歩けるようにし、母と旦那に支えられ会いに行きました。


あまりにもボロボロな状態だったため、病院の受付で心配され「車椅子持って着ましょうか・・・?」と言われてびびった。




初めての出産を終えて学んだこと。



体重管理は思ったよりシビアで重要。


次回妊娠する時は絶対気をつけたいと思いました・・・。



切迫早産、流産いわれてない限りできるだけ体を動かそうと思った。(^ω^;)


今回は安静を言われ臨月まで最低限しか動かなくて

日々恥骨痛などに悩まされ、夜中の寝返りが苦痛で毎日睡眠不足になったけど、

臨月はいってから毎日1時間の散歩をしたら体の不調はなくなった。

体は驚くほど軽くなり体重も増えなくなり絶好調。

一番からだの重い臨月が一番動けた・・・。


これが最後と外食が多めでちびはぶくぶく太り、4100gの巨大児に。

巨大児の出産は思ったよりリスクが大きかった。

股も盛大に裂けた。

産んだ後が想像を絶するほど痛たかった。

なかなか産まれず大変だった。


ちびの体重が4000gもなければ、ストレスで胎便を飲まずNICUに入らずにすんだのかな・・・

生まれてすぐ一緒になれたのかな

後悔ばかり。



次回は体重管理気をつけよう



つらつら日記


今は超元気っこ!


AD

テーマ:

~出産レポート②からのつづき~



21:00

とりあえず後30分で産まれるんだ。

きっと出て来なくてももう体力も限界だし吸引なり帝王切開なりしてくれるんだ。

と勝手に思い込んで力が抜ける。


21:30

しかし30分過ぎても何も進展なしorz

そりゃそうだ。気の抜けたいきみじゃあ。


しかし本格的に体力がなくなってきた・・・。

陣痛と陣痛の間は死んでた。陣痛が来るのが恐怖だった。

でも呼吸だけは忘れちゃいかんと思い、吸って吐いてーー吸って吐いてー

とそれだけ考えてた。


一向に出てくる気配がない。

もちろん帝王切開もなければ吸引もなし。

30分に産まれるなんて・・・うそつき・・・。

力が尽きかける。


とその時、

今まで定期健診でお世話になった看護師さんたちが続々応援に駆けつけてくれた。

ものすごい賑やかになる。

「もこさん!!頭でてきてるよ!見えるよ!がんばって!!」


って、

えーー!!頭出てきてるの?!見えるの!?

マジかよー!!もうちょっとじゃないか!!

少し気力が回復する。


ちくしょう助産師さんも何かそういう状況言ってくれよ(´;×;`)

次お産の時は絶対お願いしよう。


どうやら1回目いきみよりも2回目のいきみでぐーんと出てきてる様子。

しかし陣痛が去り、休むとすぽんと戻ってしまってるらしい。

ならば3回いきむまでだ!!


看護師さん達の応援嬉しい・・・。

状況もよくわかる

「出てきてる!出てきてるよー!!」

「あああ!!がんばってえええ!!」


実況がはじまってから断然やる気UP

じょじょに股に常に何か大きいものが挟まってる感が。

どうやら頭が出かかってるらしい。


22:00

先生到着

ふと様子をみて「切るか」と。

え・・・

いってえええええええ!!!

噂の会陰切開でした。カミソリであそこを切られたような鋭い痛みが(´;×;`)

しかし陣痛のが断然痛い。

そこで数回いきんだところで


どぅるん


22:07

ちび誕生


(´;×;`)

お・・・終わったあぁ・・・・・

もういきまなくていいんだあああ(´∀`;)


これが真っ先に頭に浮かんだ言葉だった(ノ∀`)


そして

な、泣かない・・・?

と思ったら苦しそうな泣き声が数回。

なんか水を吸い込んだようなげぼげぼした泣き声。


股にはなにか生暖かい感触とゴムホースみたいな気持ち悪いもの。

これが臍の尾なのか


あ・・・陣痛こない・・・楽だ・・・


色々な思考が巡るなか、ずしっと重くて生暖かいものが胸の上に乗せられる。

ちびだった。


重い。ぬめぬめしてる。暖かい。

力はもう完全に尽きてるので看護師さんに支えてもらってちびと初対面しました。

涙がでるかと思ったけど、出なかった。ただもう感動して胸がいっぱい。


写真とったりカンガルーケアしたりするはずが、1枚写真を撮ってすぐちびはどこかへ。

体を綺麗にしたりしてすぐ戻ってくるかな?と思った。


その間に臍の尾を処置したり胎盤がいつの間にかでてて持って行かれたり

先生に股縫われたりしてたら22:30


その時、先生にちびが産道を通る時に胎便の混ざった羊水を飲み込んでしまった事を聞かされました。

だから産まれた時苦しそうな泣き声だったのか。

しかし、胎便を飲み込むって確かまずいんじゃ・・・。

でも先生によると12時間くらいで保育器から出られるそうなので、あまり深く考えてなかった。

疲れてたので休みたかった。

明日になればちびとゆっくり触れ合える。

詳しい話もしてたけど、疲れててあんまり覚えてないです(^ω^:)


そのまま看護師さんたちに着替えをさせてもらう。

着ていたパジャマは絞れるくらい汗が染み込んでいた・・・。

もちろん立てるはずもなく、そのまま担架?みたいなベッドで部屋にもどる。


23:00

部屋に戻ってただただぼーぜんとしていたら盛大にリバース。

子宮を元に戻すお薬の副作用らしいです。

力尽きてたはずなのに、その瞬間だけ起き上がれた事にびっくりした(ノ∀`)


しばらくして先生が部屋にはいってきて、ちびがNICUに入ることになると説明を受ける。


え・・・?NICUって・・・?頭真っ白に。

12時間後には保育器から出られるんじゃなかったのか・・・?


肺の方にまで胎便が入ってしまって吸引しないといけないとか

色々説明していたけど、記憶があいまいになってるので

とりあえず念の為、という事を理解する。


23:30

サイレンならして救急車到着。

なんかすごい機械のついた保育器に入ったちびと知らない医師と先生が部屋をおとずれる。

説明を受ける。2、3週間ほど入院するとか(詳しくは覚えてないorz)

そのままちびはサイレンならした救急車でNICUのある病院へ搬送されました。

この時初めて涙がでた。



~出産レポート④へつづく~


AD

テーマ:

11月25日(金)

予定日11日超

出産当日


何事もなく、体の不調も陣痛も張りもなく当日を迎えた。

気分はダーク。


8:30

旦那の車で産院へ向かう。

しかし車の中で再び10分間隔の張りがくる。痛くない。


8:50

産院到着。


9:00

パジャマに着替えて内診。

子宮口2cmのまま。でも柔らかい。

土曜日は確実に降りてきていたちびが、何故かまた上に戻ってしまってるらしい。

そんな事があるのか・・・

とりあえずバルーン→促進剤で陣痛を促してみる事に。

こわいよこわいよ(´;×;`)


そして、実は破水していたことが判明。

4日程破水に気づかず過ごしていたらしい。

確かに水っぽいおりものがでるなぁとは思っていたけど・・・orz

量もなく、臭いもなにもなかったので気づかなかったです(´・ω・`)

疑わしきものはすぐに電話するべきでした。


さらに最悪なことに、ちびがストレスで羊水のなかで胎便を出してしまったようです。

なんてこったー。

しかも頭の大きさが10cm超え。でかい。

下から産めるかギリギリのラインらしい。

ちびが産まれる時にどれだけ頭を小さくできるか、と

自分の骨盤がどれだけ開くかに賭ける事に。

念の為帝王切開も視野に入れる。


9:15

お腹にモニター装着。ちびの心音がわかるヤツも一緒に。


10:25

バルーン挿入。超痛い・・・

でも入れてしまえば別に痛くなかった。


剃毛やら浣腸やら・・・


12:30

お昼。

この日食べ物を口にするのはコレが最後に。


13:30

再び助産師さんによる内診。

子宮口4cm

とても早いらしい。

バルーン抜く


14:00

先生による内診。

子宮口5cm

進みがとても速いため人口破水をする。

「ぷち」とか「じゃばー」とかなく、いつの間にか処置終わっていたらしい。

別に何も漏れてない。こんなもの・・・?


14:20

部屋に戻って誘発剤を打つ為の点滴を刺す。中身は食塩水。

しかしここで突然破水。

ジャバーと流れ出す。止まらない。すごい量。

羊水に緑色のカスみたいなものが混ざってる。これが胎便か?

ちび苦しくないか不安になる。


15:00

誘発剤開始

看護師さんに「入れてすぐ陣痛くるわけじゃないからねー。」と言われたが

点滴に誘発剤を入れた瞬間すさまじい生理痛のような痛みが!

え?え?何コレ すぐには来ないんじゃ・・・!?いってええええ

どう考えても陣痛です。脂汗ぶわー。息するの忘れそう。

必死に呼吸法で痛みに耐える


5分間隔


16:00

3分間隔

ここから痛みとの戦い。時間わからなくなる。

呼吸を忘れない事しか考えてなかった。

旦那の手を握りつぶす。旦那ひたすら耐える。

テニスボールをお尻にあててあぐらが一番耐えやすかった。


途中進み具合を確認するために助産師さんによる内診。

この痛みの中で!?冗談じゃないよ!無理だから!!無理無理無理いいいい!!!

と拷問をうける。

あれよあれよと子宮口8~9cm。早いらしい。

途中「次陣痛きたらいきんでみて」と無理な要求を。

死ぬかと思った。力はいらないって。

やる気のないいきみを数回。


19:00

分娩室へ移動することに。

え・・・この痛みの中歩くんですか・・・?(´∀`;)ムリイワナイデー

陣痛の間隔とか覚えてない。

旦那と助産師さんに支えられながら陣痛の合間合間に歩く。


分娩室へ到着。

わずかな距離がすごい遠かった。

分娩台に上がる時が一番苦労した。上がれない。足開かねえ。

とりあえず分娩台の上で旦那と共に1時間放置される。

なんとか耐えてたあぐらの体勢になれず、陣痛の痛みが半端ない。

拷問?何か悪いことした?なんで誰もこないの?

と思いつつひたすらひたすらひたすら痛みに耐える。

旦那の手を握りつぶす事に集中する。


20:00

助産師さんが来る。

「それじゃあ次陣痛の波が来たらいきんでみて」

「ぇ・・・。  本番…ですか・・・?」

「本番ですよ」

ええええもう本番なの!?ていうかもう体力ないんですけど!!

そこから壮絶ないきみとの戦い。

陣痛が来たらいきむ。

2~3回いきむ。

痛みのピーク時に息を止め、両腕で踏ん張ってお腹に全身の力をこめる。

もうね、拷問ですよ。

壮絶な便秘ですよ。10cmのうんこなんて出ませんて。

いきむいきむ。ひたすらいきむ。

途中腕に力をいれるための取っ手?みたいのがバキ!と壊れる・・・。orz

壊れたがしゃべれず目で訴える。

笑われる。

力が入れられないので両膝の下に腕をいれて支える体制に変える。

あれ、こっちのが楽だ。

またいきむいきむ。


進んでる気がしない。

助産師さん無口だし(´;×;`)

気がついたら21;00

1時間全力でいきんでる

もう・・・・体力ない・・・

「いつ・・・・終わるん・・・ですか・・・・」

と合間に聞いたら

「21:30には終わるよ!がんばって!!」

と。

あ、後30分・・・無理クソ・・・



~レポート③へつづく




テーマ:

大変遅くなりましたが、赤ちゃん産まれました。

現在2ヶ月と7日ほどです。


予定日より11日遅れて、4100gの巨大女児が誕生しました。


その出産は壮絶・・・だったのかな・・・。

何度も出産レポートを書こうとしたけど、その都度ちびからお呼び出しがかかりなかなかはかどらなくて今日に至った/(^o^)\

ほとんど記憶も薄れてきているので思い出しつつ出産レポートかいていきます。



11月19日(土) 

予定日4日過 

出産1週間前


今日も産まれないのか・・・と11月から手伝いに来てる沖縄の実母に申し訳なく思いながら1日を過ごす。

ここまでおしるし、前駆陣痛、お腹が下がるなどの前兆はまったくなし。

毎日1時間半の散歩やマタニティヨガ、スクワットなどがんばる。

ただおりものだけはすごかった。


18:00頃

ビッグマックを食べたら本気だそう!とお腹のちびに語りかけ、旦那の運転する車でマックへ。

ドライブするーで待っている間、定期的にお腹が張っている事に気がつく。

ここで携帯にダウンロードした「陣痛チェッカー」という無料アプリの活躍!

測ってみると15分間隔・・・。でも痛くないな・・・。

まあビックマック食べたら本気だそうね★とチビに語りかける。


21:00頃

食べ終わり後片付けも終え、のんびりテレビを見る。

しかしその間にもお腹の張りは定期的にくる。

先生に「痛みはなくても定期的に張るようなら電話しなさい」と言われていた為だんだん不安に。

これは陣痛?でもまったく痛くない。

電話したほうがいいのかな・・・。どうしよう・・・。

と悩みつつ、テレビでやってる映画(ワンピ)をみる。


22:00頃

お腹の張りが10分間隔に。

ほんとに石のようにかちこちに張る。

旦那と実母にどうしようどうしようと慌てだす。

でもまったく痛くない。

とりあえず入院バックだけ用意する。


22:45

気がついたら5分間隔になっていた。

とりあえず電話しろ!となったけど不安なため、次5分後に張ったら電話することにした。


22:50

きっちり5分後に張りが来たので産婦人科へ電話。

「まったく痛くないのですが、18:00頃からお腹の張りが定期的にきていて、22:30頃から5分間隔になりました」と電話。

「とりあえず入院準備をして来て下さい。」との事で産婦人科へ行くことに。


23:30

旦那と実母と共に産院へ到着。

助産師さんによる内診。

いってえええええええ

子宮口まったく開いてないとの事。

そして固い。

しかし診察中にも張りはきている。


23:55頃

陣痛室へ移動してモニターをつけ、陣痛の具合をチェック。

ここへきて張りの間隔が遠のく・・・。Oh・・。

5分だったり10分だったりまちまちに。張りも弱くなった。

でも確実に陣痛が起きようとしているらしいので、一晩入院することに。

旦那と実母は家へ帰る。1人不安を抱えたまま入院。

一睡もできずorz


11月20日(日)


7:30

モニターを着け張りの度合いをチェック。

全然張らない・・・。orz


9:00

絶望したまま先生による内診。

まったく痛くない。

昨日は固く閉ざしていた子宮口は一晩で2cmに。そして超柔らかい。

おおおお・・・。感動。

このまま入院するより一度退院して散歩などをして陣痛を促した方がいい、との事でとりあえず退院。

先生によると、早ければ今日の午後には陣痛がくるとのこと。

しかし何もなければ11月25日(金)に入院して帝王切開か促進剤を使って産ますと。

こ、こわい…((((;゚д゚)))

陣痛よこい。・゜・(゜´д`)・゜・。



しかし。

陣痛なんて来ず、そのまま11月25日を迎えることに・・・。


~レポート②へつづく



AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。