どらったら!

自分のためのメモも兼ねて、あたりさわりのない東京都中央区周辺の話題を中心にゆるーく更新していきたいと思います。


テーマ:
 築地場外市場地区先行営業施設「築地魚河岸」が、豊洲移転を控えた平成28年10月15日にオープンすることになったようですので、メモしておきます。





▼「築地魚河岸」施設概要

 2つの施設からなります。延べ面積7400㎡、店舗区画数93というかなりの数の店が入る施設となります。

①小田原橋棟(地上3階、延べ面積4100㎡、店舗区画数48)
②海幸橋棟(地上2階、延べ面積3300㎡、店舗区画数45)

(中の人作成)



 施設竣工は平成28年3月、つまり来月です。
 4月以降開設準備に入ります。
 オープンは10月15日の予定となっています。

 店舗区画数は93ありますが、入居業者数は本エントリ執筆時の資料では場内の仲卸61業者が出店することとなっていました。1業者が複数の区画を使うのでしょう。


(出典:築地場外市場商店街振興組合HP)



 また、小田原橋棟の3階部分に設けられる空間には「築地魚河岸」の食材をいかしたイートインが作られるようです。



 豊洲市場に移転するからといっても時間枠が大きく変わることはないようです。業務向けの仕事もこれまで通り、午前4時ごろから午前9時ごろにかけて行われ、その後、買い物客が増えるという感じになるようです。




▼市場移転に伴う大規模なネズミ駆除も実施


 築地市場移転前の平成28年5月と8月、豊洲市場移転を挟んで9月以降平成29年3月までの間、築地市場の周辺地域で大規模なネズミ駆除作戦が実施されるそうです。

 巣穴の封鎖や「殺そ剤」の投入、下水道マンホールなどへの捕獲装置の設置などを行うそうです。

 市場移転に伴うネズミの移転を阻止するということになるのでしょうか。




(参考URL)
  これからの築地 新年のご挨拶(築地場外市場商店街振興組合HP)
 ネズミの駆除(アース製薬)


(関連エントリ)=「新市場
 #564 築地魚河岸「小田原橋施設」の外観について 平成28年1月の現況
 #414更新① 築地場外市場先行営業施設の名称は「築地魚河岸」に決定 (平成27年9月)


AD
いいね!した人  |  コメント(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。