続・なっちになりたい。

なっちを心から尊敬してる・・・そんな女の日記です!(そのまんまやんw)


テーマ:

昨日、嵐が丘観て来ました。まだ始まったばかりだから、ネタバレはなしでいきたいと思います。第一印象というか、演技についての感想だけ少々書いておきます。


昼公演(キャサリン:なっち)と夜公演(キャサリン:平野さん)。平野綾さんとのWキャストということで。客観的になっちの演技ってどうなのか、見てみたいと思い、初めてなっちがいないミュージカルというものを観たんですが。


結論から言えば、両方のバージョンを見れて良かったなと。というのも、なんか全然、違う作品になってたというか。同じ場面を演じていても、ヒロインが出してる雰囲気、空気感によって変わってくるんですよね。


で、やっぱり私は安倍さんが好きだなぁと。さすがだなぁと思ったわけです(やっぱりねww)


最初に言っておきますが、私はなっちファンです。ということで、多少、贔屓目に見てしまうのはそうだと思います(多少どころじゃないでしょww)決して、平野さん批判がしたいわけじゃありません。ただ、なっちファン一個人がそう感じたってことだけなので、平野さんファンの方々、荒らさないでね(誰もしねーよww)


平野さん、ミュージカル初挑戦ということでしたが。さすがに実力のある声優さんです。声のプロというか。声だけでも、お芝居が成り立ってしまうぐらい、素晴らしかったです。声優さんは声だけでお芝居するのが仕事なんだから、当たり前といえば、当たり前だけど。それでも、やっぱり凄いなって。人気出るの、わかるわって思った。


声に表情があって、しかもよく通る声。高音まで綺麗に伸びる歌唱力。うん。文句なしに凄かったと思う。ぶっちゃけ、歌はなっちよりも上手かったなって。なっちファンですら思いますから。


だけど、何か。うーん・・・浮いてるというか。演技全体からうける印象が・・・表現が軽いなぁって感じたんですね。嵐が丘っていう世界観にまだ入りきれていない感じというか。演技も感情移入してて、上手いんだけど、どこか浮いてて、軽い。要するにまだまだ若いっていうか(お前何様だよww)


逆に安倍さんは・・・自然に、あの世界に入り込んでて、なっちじゃなく、確かにキャサリンとして、舞台で生きてたんですよ。細かいテクニックうんぬんはわかりませんが、全体から醸し出す空気が全然違った。


無邪気で、真っ直ぐで・・・でも、どこか儚げで危うい。そういう女のいじらしさを持ってるキャサリンっていう役はなっちにピッタリはまってた。そういう雰囲気や空気を醸し出せるのは、安倍さんの大きな魅力であり、強みだなと。改めて思った。誰でも出来るもんじゃないんだなぁって(当たり前ww)


やっぱり、私は安倍さんが好きです。(2回目ww)


次は31日大阪、観に行きます。キャサリンなっちがどう進化していくのか。凄く楽しみです。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事  もっと見る >>

AD

ブログをはじめる

たくさんの芸能人・有名人が
書いているAmebaブログを
無料で簡単にはじめることができます。

公式トップブロガーへ応募

多くの方にご紹介したいブログを
執筆する方を「公式トップブロガー」
として認定しております。

芸能人・有名人ブログを開設

Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
ご希望される著名人の方/事務所様を
随時募集しております。