2006年05月21日

ロッテに完敗 ドラゴンズ

テーマ:ドラゴンズ

マリンスタジアム第三戦、勝つ気があるのだろうかとさえ思わされた。

9回の表ノーアウト2塁の場面で高橋光信に代えて川相。

ランナーを荒木に代えていてもセオリー通りの野球が手一杯のドラゴンズで、このバントは納得できました。

これでワンアウト3塁。

ここで最初のバッターがランナーを返せなければ大体、終わりのケースがほとんど。

迎えるバッターは森野。

怪我から一軍に復帰まもない森野が小林雅からヒットはおろか外野フライあるいは高いバウンドか深い内野ゴロを打つのは難しいのは予想できたはず。

150㌔のストレートとに加えあの独特のスライダーにはまだ体も目もついていかないでしょう。

案の定、1球もバットにかすらず三振。


2アウトになってから代打、立波。

なぜ、コマをあまらせて負けてしまうのかと言いたくなります。

一気に逆転なんて淡い考えを抱いたんだろうでもなかろうに。

目先の1勝を追わないといわれてもこのケースでは確立的に森野に代えて立波の方がはるかに高かったはず。


ロッテが好調で本拠地であるのを差し引いてもチームとして総合的な完成度に大きな差を2チームの間に感じさせられら三連戦でした。

ドームで楽天、オリックスと組み易いチームを相手にしての連勝。

別段、中日がよくなっているわけでもなかろうと危惧していましたが侘しい三連敗。

ペナントレースは最終的な勝敗で決まるわけですが弱きを挫き強者にやられるでは寂しいですね。

相手のピッチャーが良くても揺さぶって勝つ野球がみたいものです。


小笠原は今後に期待のもてるピッチングでした。

それと森岡が特に守備面で頑張っているので荒木はある程度、万全にならなければ出番が回ってこなそうな感じです。

荒木、井端と控えの選手の力の差が大きすぎるのが不安だと言われてましたが怪我の功名で計算できる選手が一人でてきました。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006年05月19日

侘しさの残る野球 中日ドラゴンズ

テーマ:ドラゴンズ

勝負のあやはいつだって微妙だ。

9回、今江と西岡のエンドランを読みながらも西岡のサイン間違いでボールが一つ増えるだけ。

ノーツーになったところで確実にストライクを取りにくるところを再度、エンドランであっけなく勝敗は決しました。


これを見ていて何ともいえない侘しさに襲われました。

他人の芝は良く見えるだけかもしれませんがボニーの野球はおもしろい。

中日の野球は・・・

勝てば官軍なのですが負けるとつまらない野球が吹き出します。

かつての西武、森野球とも違う感じなのですが・・・


いまひとつ文がまとまりませんが良い投手がくると打てない。

打てないからこそ揺さぶって何とかする。

はずなのですが荒木、井端のコンビが無いに等しい今シーズンは揺さぶりが全くありません。

立波のバントの技術には驚嘆させられるものがありましたが、それでも今日の1、2番では怖さがないですね。

とりあえず淡白に、フライを打ち上げるのだけは避けて欲しい。

そしてもっと味のある野球をみせて欲しいです。


これでは投手陣のフラストレーションが溜まってしょうがないでしょう。


AD
いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)
2006年05月17日

レギュラー争いが面白し ドラゴンズ

テーマ:ドラゴンズ

今日はウッズDAYでしたね。

それも初回のアウトといわれても仕方のなかった井端の3塁へのヘッドスライングと福留のタイムリー、マルチネスの粘投があってこそですけど。

ウッズは投手への感謝を忘れてはいけないと、しっかりと殊勝なコメントも残したので言われるまでもないでしょう。


かぷ〆さんの”ウッズは年齢のせいか、確実にパワー減してますね。”のコメントに反発するかのような2本塁打でした。

それでも以前のウッズならもっと飛ばしていたかもしれませんが最近の得点君打率の高さから見ても右に軽打することを心がけそれが実践できているのかもしれません。

もし今年、驚くような数字を残せば来年の契約がまた考えないといけなくさせられそうですね。

山田久志、曰く「パのピッチャーはウッズの攻め方を間違えている。」らしいのでそのお陰の好調かもしれませんが。

落合監督と一蓮托生という感じもあるのでまずは優勝してからこその懸案となりそうです。

ウッズの代わりに日ハムの小笠原みたいな話が上がりそうですが、それは節操がないというかチームの中軸が外様だとまた微妙ですよね。

金本に対する阪神ファンのようにはすんなりいかないと思います。

同じ日ハムつながりではないですが逆に片岡のようになりそうな気さえします。

小笠原は柔軟性というか対応するのに時間がかかりそうなタイプではないでしょうか。

まだまだ遠い先の話ですけどね。


本日、最後になげた小笠原の出来がなかなかよかったですね。

楽な場面でしたが、ジリジリ緊迫する場面で同じ投球ができれば今はポッカリ空いている左の中継ぎの地位を確保できそうです。

でもそれが出来てれば今頃、それなりの地位を築いているはずなので過度の期待は禁物ですね。


かぷ〆さん、ご指摘の通り荒木の故障で外野人が余剰になってしまったので今はベンチに代打がたくさんいます。

守備固めも万全を期すとしてアレックスを藤井に代えるぐらいなので荒木の復帰を願う気持ちが強いのは井上、上田かもしれません。

逆に1番チャンスなのは森岡となりますが実のところ英智も同じぐらいチャンスでここで数字を残せば荒木が復帰しても右ピッチャーの時、先発をはずされない雰囲気をつくれるかもしれません。

しかしレギュラー争いは複雑な要素が絡んできますね。

AD
いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)
2006年05月16日

ええじゃないか 川上憲伸

テーマ:ドラゴンズ

もともと良いピッチャーが、さらに上のステージに上った感じ。

こんなピッチングが3回に2回できれば川上だけには最後まで中6日の待遇が許されてもいいのではと思います。

この出来が続くと昨年のオフのようにならずファンも後押しをしたくなりますね。

まだまだ勝負どころは先なので安易なことは言えませんが。

前回の日ハム戦も9回2失点と良い出来でしたが、メディアから聞こえる声では不甲斐ない野手に対して憤りを感じているようでした。

が実際のところはどうなのでしょう?

言葉の端だけをとり歪曲した事実を流すのもメディアなので真相は、はっきりとわかりませんが稲葉にあびた一発を不用意だと指摘されれば

それは違うんじゃないかという憲伸の思いではないかとも思います。

被弾を打たれることが多いですが、その時は不注意で打たれたわけではないだろうので確かにその気持ちもわかります。

不恰好な拙攻も多かったゲームなので。

先日、テレビ中継で実況の人が杉下茂は

「どんな試合でもエースは1点だけ自軍のリードを守りきれば良い。」

という教えを受けたと言っていましたが、それが実行できるエースは格好良く痺れます。

試合中もプルペンで投げてるようなピッチングをしている今の川上にはその域まで達して大エースになってもらいたいです。

kawakami

ところでオリックスの先発も出来が良かったとはいえ結局2点どまりでした。

最近ウッズが4番らしい仕事をするのは良いのですが、少し気持ち悪い感じです。

森岡は打ち方を見る限りセンスは多分に感じますがまだ1試合セカンドをまかせるには早そうですね。

相手が左投手なら代わりに渡辺がでてくるかなと思いますが守備のレベルとしたら森岡とどれぐらい力の差があるんでしょう。

個人的には森野の復帰でセカンドにはまればおもしろいかなと期待しています。

荒木はとりあえず森野と交代で登録抹消して再登録ができる日にちまで治療に専念してもらい残りのシーズンで活躍してもらいたいところです。


かぷ〆さんが英智の1番と言っていたところで荒木の故障もあり英智が2番におさまりましたね。

バントがうまくて、そこそこ打てるようになったのでこれもいいんではないでしょうか?

なにより彼が先発ででていると外野にヒットを打ったランナーが必ず次の塁を自重するのが楽しいです。


今は表面上、すこし噛み合いはじめたかんじなので先発に頑張ってもらい2勝1敗ペースを保っていきたいですね。

ドミンゴがまた肘がいたいといいだしたので、この男はもう除外して中田に入ってもらうとして先発の信用度としては


川上 → マルティネス → 朝倉 → 山本昌

      中田               佐藤充


といったかんじでしょうか。

朝倉は未だあまり信用していません。

シュートでダブルプレーがとれると言いますが、ピンチが多すぎですし相手が球になれてきたら今後どうなるのか全くわからないです。

が楽天に打たれた山本よりは信頼度がおそらく上がったでしょう。

佐藤充はまだ長いイニングは投げさせてもらえなさそうですし、このぐらいの評価でしょう。

後ろの3人は2登板に一回ぐらいはそれなりの投球を見せないと小笠原あたりがでてきそうな感じです。

そうならないように悪くても5回3失点ぐらいで最低ゲームを作れるように頑張りを期待します。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006年05月11日

脆弱かな 中日投手陣

テーマ:ドラゴンズ

対日本ハム第三戦もお寒い試合となりました。


ランナーをためてもタイムリーがでないというのはペナルティーエリアでボールをもらうと慌ててはずしまくる日本代表FW勢と同じで技術があっても、それを緊迫した場面でだせる能力がないということなのでしょう。

井端の数字が上がってきたのでそこが最も希望の光です。

それと交流戦の相手球場の時は高橋光信ですね。


投手陣も脆弱ですね。

昨年オフに川上が年俸を上げてもらえない時、中日はもう投手王国ではないと言ってましたが確かにその通りな面もあります。

なので先発が早く降板した均衡しているゲームでは苦しさが出てきます。

岩瀬は万全でなくてもクローザーとして確実に使われるので除くとして勝ちゲームで使える投手は平井とファームから上がってきたばかりの岡本、鈴木ぐらいです。

恐らく調整して石井が上がってくると思いますがその他の投手は駄目ですね。

高橋聡は素晴らしい球を持っていますが今年は心の弱さが見えて期待薄です。

ファームから力のある投手がなかなか育ってきませんね。

山井や落合あたりはどうなってしまったのでしょう?


この第三戦も延長に入ってしまったので投手を酷使しないためでしょうがデニーが出てきた時点で8割方、この回で終わりかなと思いました。

ランナーを残して久本が出てきた時点ではサヨナラ負けを確信です。

デニーは何を評価されているのでしょうか。

球を見ていても不安だらけですし今後の伸びしろもあるわけないですし。

アメリカで2Aどまりだったの納得です。

このピッチャーに何千万も払っていると思うとお金を払って球場に行くファンを始め中日新聞職員も切なくならないのかなと余計なことまで勘ぐってしまいます。

久本も全く成長しませんね。

小笠原に打たれたところでサヨナラの方が評価される久本にとっては良かったでしょう。

出す左ピッチャーがことごとく打たれているので石井の復帰が早そうな気がします。


中日を応援していますし良くなって欲しいとは思いますがなかなか良いイメージを今は持つことが出来ません。

それでも普通のTV見るよりは好きなので試合は見てしまうんですけど。

いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2006年05月10日

ビバ生え抜き 英智

テーマ:ドラゴンズ

更新が、またがっつりと途絶えてしまいました。

開幕してから一月が経ちましたがチーム状態はあまりよくないのに貯金をつくれている中日は怖いとよく言われます。

が、それにしても試合がつまらないです。

これがブログを更新する意欲が湧かない最大の要因です。

何故つまらないのでしょうか。


これは個人的な気持ちだけかもしれませんがタイロン・ウッズに象徴されます。

チームのためにランナーを帰すことだけを考えていたというコメントは素晴らしいのですが、どうにもプレイが怠慢にみえますしチーム一丸になっている感じが見えません。

タイロン・ウッズならずタイマン・ウッズに思えるのは打った後の走塁や守備などを見ていると顕著です。

チーム一の高年俸をもらっているので余計にそう感じるのかもしれません。

ウッズが四番に座っているということで中日の魅力が減ったように思えます。

それでもブログを書こうと意欲を湧かせてくれたのは英智

あのひた向きさにプロを感じます。

ファールを打つ技術からもバッティングが向上したのは明らかですがそれ以上に昨日の走塁が素晴らしかった。

一球一球、状況をしっかり考え球場の大きさまでの頭にいれていたからこそ迷いなく一気にセカンドからホームまで帰ってこれたのでしょう。

この一点は、これまでの二度ナゴヤドームのお立ち台に立ったタイムリーよりも価値があります。

このゲームも負けていたら今年も中日は交流戦に弱いという印象が根付きかねませんでした。

確かにボールを遠くにとばせる技術、体をつくることもプロの一環かもしれませんが、やはりこういった一瞬の駆け引きをファンに提供してこそのプロスポーツ選手ではないでしょうか。

hide

このウッズと英智を対象してみてもう一つ感じたのが生え抜きの大切さ。

チームの根幹が生え抜きであるというのはファン心理、応援する側にとってはとても重要なことですね。

アレックスのような日本では中日が始めてのチームであり4年目を向かえるとなると中日の選手という気分になりますが当初、落合監督が言っていた右の四番を育てるというのはどうなってしまったのでしょう。

ここ数年で育った長距離砲というと高橋光信ぐらいしか思い当たりません。

素材、逸材がいないのかもしれませんが4,5番を外国人に任せているサッカーでいうならばFWは外国人任せのような状況は寂しいですね。

こういうのは巨人だけにしてほしいです。


打たなければ非難されてしまうのは中心選手の避けれないところであったとしても現在の荒木、井端を非難するドラファンはあまりいないはず。

そして引退が見えてきた立浪が打てなくてもまだ寛大な気持ちがもてるはず。

森野の復帰も待ち遠しいです。

チームが弱いと観客が減ってしまうというのは確かにあるでしょうが広島のように自前選手を育ててその上に勝てるチームというのが理想です。

毎年、優勝してほしいというのは山々ですが三年に一度くらい優勝してくれれば、それなに満足できるものなので、魅力のないチームをつくって優勝するよりも愛されるチームをこれから築いていっていただきたい次第です。


応援してるだけで楽しいとか好きな選手がいるから中日を応援するというミーハー的なファンを除くと、今の中日には優勝すること以外にはファンを球場に運ばせる要因が少ないように思えます。

でもそれは中日という歴史あるチームを応援する上で侘しいです。

いいね!した人  |  コメント(3)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。