2005年05月10日

0-1 やはり乗れない交流戦

テーマ:ドラゴンズ

落合監督の交流戦は全くわからんという言葉のせいか交流戦に不安をいたのですがここまでは敵地での試合が続いていることもありパッとしません。


山本昌、曰く

「何万球に一度あるかないかの暴投。」

史上初の交流戦でやってしまうのが因果なところです。


一度、名古屋に帰るまでは辛抱ということで何とか3連戦の1つだけでももぎ取ってもらいたいです。


岩瀬の月間MVPはめでたいのでですが、あれだけの活躍をしてきて初というのに驚きました。

やはり中継ぎというのはそれだけ評価されにくい仕事場なのですね。

岩瀬の場合、しっかりと球団が給料には反映してくれたのが救いだったとは思います。

しかし短いイニングで考えると左でこれだけの良いピッチャーは稀有な存在ですね。

打たれている石井が未だに1軍での帯同を許される当たりに左ピッチャーの貴重さを思わされます。

メジャーでも左不足がずっと叫ばれているのでFAをとったら岩瀬も海を渡るかもしれませんね。


そのときはぜひ交代で中日ファンのイチローをドラゴンズへ・・・というのは冗談です。

AD
いいね!した人  |  コメント(4)  |  リブログ(0)
2005年05月08日

8-6 こういったゲームをとる大きさ

テーマ:ドラゴンズ

正直、逆転された時点で3タテを喰らうイメージが大きくわきました。

なのでいい意味で裏切られ嬉しく思います。


粘りづよく逆転した打線にも敬服ですがやはり特筆すべきは岩瀬。

よく絶対的な押さえは1イニング限定といわれますが、少し間隔のあいていた岩瀬をここで使わない監督を私は到底、支持できそうにはなかったので岩瀬の登場でホッとさせられました。


T・ウッズがいないから勝てなくなったなどと言わせないで欲しい。

ドラゴンズの野球はそんなものではないはず。

岩瀬がいないから勝てなくなったという言葉ならば幾らでも受けいれるけれども。

AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月07日

3-6 山井の壁とは?

テーマ:ドラゴンズ

2試合、続けて中盤を越えたあたりで崩れた山井。

横浜戦の時は横浜の打線がよかったのだと思いましたが2試合、続けて同じ流れだと考えさせられますね。

5回で崩れるのであれば勝ち投手の権利が絡んでくるのでわかりやすいのですが6回、7回ですとスタミナ的なものなんでしょうか?

何か精神的なものを感じますがもっと大成できる投手だと思うので克服できるよう期待したいです。

今年は今のところ中盤からの中継ぎに信頼度がいまひとつ低いので早めの継投がしにくい状況だけに山井にかかる期待が大きいと思います。


しかしオリックスに連敗。

しかも谷を復調させてあげるオマケつき。

今後の交流戦で谷が爆発してくれれば安いものですが何分、パで5位のチームにこれだけてこづるとマスコミにもなんだかんだといわれそうですね。

知らない他人の庭で野球をするのを中日は苦手なのかな?

そうだとしても日本シリーズの予行でもあるので克服していただかなければ。


これまでだと同一リーグ同士の戦いの場合半チームは必ず負ける訳ですが交流戦の間は全チームが勝ったり負けたり一チームだけが勝ったり負けたりと順位表をみると不思議な感じです。

繰り返しでしつこいですがこれが36試合つづくとなるとリーグで優勝を争う仕組みではいささかいびつです。

AD
いいね!した人  |  コメント(1)  |  リブログ(0)
2005年05月06日

0-6 交流戦の意義

テーマ:ドラゴンズ

話題になっているよう今日から交流戦が始まりました。

36/146というあまりに多すぎる割合で行われるみたいですがパリーグのプレイオフといいペナントレースのリーグという形そのものが軽視されているように思えます。

他リーグとほぼ1/4も試合するなんてリーグで優勝を競い合うシステムの中では考えられません。


個人的にはあまり交流戦には興味がありません。

あまり知らない選手が多いというのもありますが私の中では育んできた対戦の歴史の中に楽しさを感じます。

ですのでアメリカで生活していた時期が長くあったのですがそれほどMLBに興味をもてませんでした。

レベルはMLBの方があきらかに上なのに見ようと思わないのは私はベースボールファンではなく中日ファンであるということです。

つまり中日ありきでないと観戦しようという意識が芽生えません。

交流戦元年ということもあり中日対よく知らないチームというわけで自分の中に興味がわかないみたいです。


まあ私のために交流戦をやってるわけではないので一般的には効果があるかもしれませんね。

メディアも元年だけにこぞってとりあげてますから。


ゲームの方がほとんど印象なく閑散とした球場で中日はエースが失点して打線は沈黙したというものです。

パリーグとしては今や人気、力ともに落ち目といえど巨人の既得権益が狙いですかね。

阪神戦も魅力かもしれません。


そういえばシドニーに出場した元中日の鈴木がキャッチーで出てましたね。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月06日

T・ウッズの右ストレートにおもふ

テーマ:戯言

五日の試合でウッズがヤクルトの藤井に右ストレートをおみまいしました。

クリーンヒットしなかったのが藤井以上にウッズに幸運だったと思います。

クリーンヒットして藤井が救急車に乗り病院直行ということになっていれば刑事事件にまで発展したのではないでしょうか。

あの腕でまともに殴られれば当たり所により生命の危険もあったと思います。


藤井の投球以上に興奮しているウッズに対して手を広げ、癖かもしれませんが舌をだすような仕草が

あったのは言い分になりえます。

骨折させられたという遺恨があったことも理解します。

しかし法治国家にて暴力に訴えたのは最低最悪です。

基本的にウッズを今後、応援する自信がありません。


連盟からは10日間の出場停止と50万の罰金という処分がくだされました。

最も重い処分ということですが非常に軽いものに思います。


さらにがっかりさせられたのは何の処分も課さない中日球団です。

年俸5億の選手が身勝手な行動により10試合出場停止になるというのにお咎めなしとは正気の沙汰とは思えません。

ウッズを擁護した落合監督には一軍の将として自分の選手を守るという考えがあるかもしれませんが球団としてはウッズに藤井とヤクルト球団に対して謝罪させるような毅然とした態度をみせてほしかったです。

審判への暴行事件以来、星野監督に魅力を感じなくなり未だに大西を心から応援できません。

野球というスポーツの中で暴力というのはどうにも最低の行為に思えます。


自分の中で中日球団の魅力が落ちた事件でした


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月05日

1-0 落合から岩瀬へ

テーマ:ドラゴンズ

落合英二が文句のない投球をみせてくれました。

今ままで結果が出なかったのが嘘のように失投のない完璧なものだったと思います。

早い段階で追い込むのでボールになる変化球をヤクルト打線が振り回しているを見るのは爽快でした。

スタミナに疑問視していましたが7回まで投げ切れるなら文句なしですね。

個人的にこの力を中継ぎで活かして欲しいと思っていましたが先発でもこれだけで投球ができるなら次の落合になれる中継ぎピッチャーを育てるのいいかもしれないと思わされました。


途中で岡本がポンポンうたれてピンチを招き予定よりも早い段階で岩瀬登場という運びになりましたが落合から岩瀬につなぐという今まで何回も見ていたものが今日は落合の先発、岩瀬の抑えという流れで繋がったで、ちょっと流れの違ういつもの状況になんともいえない感触をおぼえました。


それにしても岩瀬仁紀、心体ともに素晴らしい左腕です。


今日の井端の決勝打となったライトへの飛球。

一度、グラブの中に入りかけてから落としました。

福留の当たりをとりそこねる鈴木健のプレイを見ながらも思いましたが中日ではウッズ以外ではこういったプレイをしっかりとこなすのが強さの一つの秘訣ですね。

中日内野人はファーストへの投球にワンバウンドを投げなくなりました。

単純にウッズのとりこぼしが多いからです。


しかし今日、ウッズが退場し渡辺が一塁に入ってからは安心して内野手が一塁に送球していたように見えます。

8回の土橋のゆるいピッチャーゴロを岡本は態勢が不十分だったので鉄則どおり一塁へワンバウンドの送球をしました。

これを渡辺が難なく捕球しましたが難しい玉に見えました。

あの玉を落としていたらゲームがどう転がっていたのか全くわかりません。

ウッズのパワーは魅力ですが中日らしさを考えさせられる渡辺のナイスプレイでした。

しかし渡辺がコンスタントにでてしまうと弱い打力が目立ってしまうので難しいところです。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月04日

12-1 0-3からの立波の必打

テーマ:ドラゴンズ

終わってみれば大勝ですが実際は紙一重のゲームだったと思います。

一回表にヤクルトにもう一本出ていれば朝倉は完投は当然のこと早々とKOされていたかもしれません。


そこで若くパッとしないピッチャーを助けた立浪のノースリーからの2本の本塁打。


キャッチャーが古田ではなかったというツキもありますが見事としか言葉がみつからないホームランでした。

ゲームのムードを左右しかねない場面でノースリーから甘い玉をしっかりと振り切った立波に敬礼です。


このホームランに勇気付けられ打線はその後も得点を重ね朝倉は完投しました。

この試合での最低限の仕事を朝倉はしっかりと成しえましたが落合監督の言葉通り競った試合での投球にはあきらかにまだまだ疑問が残ります。

今日のゲームでも立ち上がりのボロボロな状況を見せられ朝倉だから負けゲームで仕方ないなと私は考えてしまいます。

一つ一つの球には素晴らしいものがあると思うので助けてくれる打線、優秀なリードをしてくれるキャッチャーが健在な間に逞しく成長してもらいたいです。


いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月03日

5-3 福留復調で線になる

テーマ:ドラゴンズ

2アウトから出た福留の2本のヒットが決めたゲームでした。

今後にも期待ができるバッティングであったと思います。

1回の2アウトからの5連打、まさに打線とよぶにふさわしいです。

この先、誰かが調子を落としてくるでしょうが4月のように効率よく調子の良いバッターと悪いバッターが分かれる構成になればと願います。


それともうひとう川岸。

負けゲームやこういった大差のついた試合をしっかりと抑えていけば岡本がだしてみなければわからないという調子なので貴重な右腕となっていくかもしれません。

必要なのはもう少しの結果と実績ですね。

今後に期待です。

いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
2005年05月01日

15-9 打高投低

テーマ:ドラゴンズ

この3連戦、勝ち越しましたが川上が投げていたところを除いては中日らしくなく相手にあわせた雑な展開が多かったように思えます。

打線の調子が非常によく助けられましたが守って勝つのが中日の野球。

明日からのナゴヤドームのゲームではそつのない中日の野球を取り戻して欲しいです。


福留が調子を取り戻してきたようにもみえますがどうでしょう?

                    福留1

以前のように変化球に対してブンブン振り回さずしっかりと見送れるようになってきたと思いますしストレートにあわせるバットの軌道も美しくなってきたと思います。

しかし打率がせめて二割八分ぐらいになるまでは過度に期待しすぎずに見たいと思います。

昨日の村田の当たりを好捕したのもそうですがあれを見せられると少しの不振ではベンチも簡単には福留をはずせませんね。


久本、遠藤が早くも2軍降格です。

中継ぎは調子の良いものから使っていくという方針みたいなので全くウカウカしていられませんね。

今日の気合の入った川岸のピッチングからもそういったものを感じました。

注目されている石井も出るたびに打たれてるので普通なら二軍で再調整といった流れになりそうですが使える左ピッチャーが少ないという台所事情に助けられているように思います。

この当たりが山田久志が岩瀬をいつまでたってもストッパーとして使わなかった事情ですかね。


最後に今日の井上のサードベースを回ったところでのズッコケ!!!

最高に笑わさせていただきました。

観客は当然のことながらベンチさえも普通であれば憮然となるところなのに点差が開いていることもあって監督を筆頭に笑っていましたね。

あの点差だから出来る井上のあのプレーに彼の何とも言えない天性をかんじさせられました。

楽しい笑いをありがとうございます。

いいね!した人  |  コメント(2)  |  リブログ(0)

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。