2012年10月24日(水) 11時21分22秒

青い糸

テーマ:三島由紀夫と私
この人物は実験台に乗せられていた。


まだわからない。



読み進んでいるうちに、
この人物は人工血液で活かされているモルモットだとわかる。



この引っ張り方が、ジョン・アービングに似ている。



集中力(attention span)を失っているブログ読者には、
もったいない(deserves better)と私が感じたのはそういうことだ。




三島由紀夫は、神島の青に囲まれて、明るい小説『潮騒』を書いた。



そして、知性の肉体化を図った。



そして島を去って東京へ戻ってから、
急速に赤い血に魅せられていく。



「海ゆかば」 

このセリフで血潮を美しく際立たせる色は青か。


青にはまだ、生命の息吹きがある。



このブルーが群青色(ミッドナイトブルー)になると、
幽界に誘わせる死神・マロスが、そこまで来ている。



マロスとは火星(red planet)のことだ。


紛れもなく赤。



藤本義一とは異なった色彩感覚で、
私の瞼には、青が赤とだぶって映るのだ。



今、この歳で再び赤く燃え始めた私が、
『三島由紀夫と私ー青い糸』を書こうとペンを執り始めた所以である。







明日も宜しく!!


にほんブログ村 英語ブログへ




にほんブログ村


NONES CHANNEL



AD
いいね!した人  |  コメント(0)  |  リブログ(0)
最近の画像つき記事
 もっと見る >>

AD

Ameba人気のブログ

Amebaトピックス

      ランキング

      • 総合
      • 新登場
      • 急上昇
      • トレンド

      ブログをはじめる

      たくさんの芸能人・有名人が
      書いているAmebaブログを
      無料で簡単にはじめることができます。

      公式トップブロガーへ応募

      多くの方にご紹介したいブログを
      執筆する方を「公式トップブロガー」
      として認定しております。

      芸能人・有名人ブログを開設

      Amebaブログでは、芸能人・有名人ブログを
      ご希望される著名人の方/事務所様を
      随時募集しております。